駄菓子のオマケが広告に!?見る角度でかわる広告に驚愕

駄菓子のオマケが広告に!?見る角度でかわる広告に驚愕

突然だが、この画像を見ていただきたい。

Twitterで16万リツイートされた、話題の広告だ。

画像引用:https://twitter.com/adbrex_/status/1482294621799469056/

2022年の1月、東大前駅に掲載された「明治R-1」の広告である。

受験シーズンということで、東大へ向かう受験生を応援するメッセージが書かれている。

しかし、少しおかしな点があるのが分かるだろうか。
広告の裏に、うっすら、別の文字が浮き出ているのだ。

「いってらっしゃい」と「おかえり」。角度で変えるメッセージ

上記の画像は、東大前駅から降りる方向から見た画像である。

この広告を、逆方向からみると、つまり東大から帰るときは、別の文字が浮き出るようになっているのだ。

画像引用:https://twitter.com/adbrex_/status/1482294621799469056/

受験がおわり、緊張と、重荷が降りた開放感と、少しの後悔がのこる受験生を優しく励ます、心温かいメッセージが表示される。

別パターンも見てみよう。

画像引用:https://twitter.com/adbrex_/status/1482294621799469056/
画像引用:https://twitter.com/adbrex_/status/1482294621799469056/

家族の健康をささえる「R-1」のブランディングが伝わる粋な広告だ。

おもちゃの広告?見る角度でかわるレンティキュラー方式

この広告が面白いところは、同じ面積で、2つのメッセージが表示されることだ。

掲載面積は同じなのに、メッセージが2倍。単純計算で広告費が1/2。

この見る角度でかわる広告は「レンティキュラー方式」という印刷方法を活用している。

駄菓子のオマケについていた「ザラザラした写真」がそれだ。

画像引用:https://aucfree.com/items/l425440839

これは費用面だけでなく、広告の訴求力があがることにも着目したい。

ターゲットの気持ちにあわせて、人の動きにあわせて、最適な広告を出せるのだ。

誰しも、自分のためにかけられる言葉には興味を持つ。来店時には「いらっしゃいませ」、退店時には「ありがとうございました」と接客されるだけでも、人の心は少し動く。

記憶に残るメッセージを

広告を見られる時間は一瞬だ。
だからこそ、記憶に残るメッセージを伝えたい。

集客とは、来店へと「人の心を動かす」ことだ。
ふとしたときに思い出してもらえる、記憶に残るメッセージを作りたい。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
inouegaku01
ガクマーケティング代表、olbb株式会社 取締役。元公務員のフリーライターです。コンテンツディレクターや、メディアの新規立ち上げのコンサルもしています。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
アシックスが仮想空間でランニングイベント VRで体験できる商品価値
国内の広告

アシックスが仮想空間でランニングイベント VRで体験できる商品価値

国内のシューズメーカーといえばアシックスだが、近年では海外のランニングシューズメーカーの勢いが強く、そのイメージは薄れつつあった。 しかし、最近のアシックスはランニング経済圏にどんどん前進しており、その勢いは市民ラン...
近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告
国内の広告

近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告

日ごろ、どれくらいの人が集中して広告を見ているだろう。 ひとつの景色として見ている人。デザインを見ている人。キャッチコピーを読んでいる人。広告の内容をじっくりと呼んでいる人。… 広告への接し方は人それぞれだということ...
韓国で人気の「推しの応援広告」。日本にも…
国内の広告

韓国で人気の「推しの応援広告」。日本にも…

「推し活」「推ししか勝たん」という言葉を、日々耳にするようになった。 誰しもが心の中に、推しを住まわせて暮らすようにいつからなってしまったのだろう。 しかし、日々ストレスやさまざまな葛藤と闘いながら暮らす現代人にとっ...