新宿に巨大猫「キャジラ」出現!?

新宿に巨大猫「キャジラ」出現!?

巨大猫の正体は…

突如、新宿駅東口に現れた歩行者を見下ろす巨大猫が世界で話題になっている。
これは「クロス新宿ビジョン」という150㎡超級では国内唯一、4K相当画質の大型街頭ビジョンだ。
通常放映の合間に、2021年7月12日から3D映像のデモンストレーションとして3D巨大猫が登場する。
試験放送が始まり、早くもこの3D巨大猫がSNSなどで大反響、世界中から注目されている。

世界の反応

米ABCニュースの公式Twitterは猫Cat(キャット)とゴジラGozillaを組み合わせて「Cat-Zilla(キャジラ)」と命名した。
英ロイター通信でも「東京の繁華街の一角にリアルな猫の3Dの巨大看板が設置され、人だかりができている」と報道し、「見に行きたい!」「ほかの広告もこのようになってほしい。」などのコメントが相次いでいた。
 映画「バックトゥザフューチャー2」の中で、マーティがジョーズ19の広告のだったホログラムの巨大鮫に食べられそうになったシーンを思い出した人々も多くいたようだ。
あのシーンはマーティがいかに遠い未来へ訪れたのかを表すためのもだった。
日本では映画が1989年(平成1年)に公開されたものであり、当時、想像だったものが、令和3年には想像をはるかに超える鮮明さをもって実現した。

新たな東京のシンボルに

企画したクロススペース社は、「今後も新宿駅東口駅前広場のアイコンとして愛され、いずれ渋谷のハチ公像とならぶ待ち合わせのメッカとなるよう各種の試みを打ち出したい」と意気込んでいる。
日本中・世界中からの評判を受け、当初の予定よりも露出回数を増やし、公式Twitterで放映時間を公開するなど、猫待ちの混雑を避ける工夫もなされている。

公式のクロスビジョンの公式Youtubeはこちら

【公式】クロス新宿ビジョン
【公式】クロス新宿ビジョン
巨大3D猫が登場する「クロス新宿ビジョン」(新宿駅東口広場の向かい)のチャンネルです。
www.youtube.com

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
maiko
3歳の息子の母精一杯やってます。最近は韓国にドはまりマイペースに韓国語勉強中。気になることはとことん調べたくなるタチです**

「国内の広告」 の記事

国内の広告
街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ
国内の広告

街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ

軒を連ねる店舗は閉店後にはシャッターを閉めて裏の顔を見せる。 その様子はどこか無機質で寂しそうな印象を与えかねないのだが、面が広いだけあり使い方次第ではインパクトの大きな広告面として活用できるメリットもある。 そうし...
【2023年度版】居酒屋の空きスペースを広告として活用する方法12選
国内の広告

【2023年度版】居酒屋の空きスペースを広告として活用する方法12選

仕事終わりの金曜日などに、足を運びたくなる居酒屋。 美味しい酒と美味しいご飯が味わえる居酒屋だが、店内にはたくさんの広告が隠れている。 居酒屋にある、さまざまな広告枠をご紹介していきたい。 店舗の入り口や壁のポスター...
韓国で人気の「推しの応援広告」。日本にも…
国内の広告

韓国で人気の「推しの応援広告」。日本にも…

「推し活」「推ししか勝たん」という言葉を、日々耳にするようになった。 誰しもが心の中に、推しを住まわせて暮らすようにいつからなってしまったのだろう。 しかし、日々ストレスやさまざまな葛藤と闘いながら暮らす現代人にとっ...