ロッテ「バレンタインのせいにして。」
スマホ視聴最適、縦型動画ショートムービーを展開

ロッテ「バレンタインのせいにして。」スマホ視聴最適、縦型動画ショートムービーを展開 画像元:https://www.lotte.co.jp/products/brand/ghana/valentine2022/

画像元:https://www.lotte.co.jp/products/brand/ghana/recipe/

従来バレンタインデーと言えば、「好きな人に想いを届ける日」「手作りチョコレートを作る日」

例年「Ghana」チョコレートで、バレンタインらしいキャンペーンを実施してきた。しかし、今年は固定観念に囚われずもっと自由にバレンタインを楽しんでもらいたいと考え、企画されたのが本キャンペーンだ。

自由にバレンタインを楽しんでほしいという想いがある一方、現代人にとってすでにバレンタインの捉え方、過ごし方が多様化している。メーカーからそういうメッセージを出すことは、ともすると押し付けがましく、今の時代にあっていないのかも、という懸念があったのだ。

これまでの「バレンタインというイベント主導」で過ごし方の多様性を提案するのではなく、今年は「自分たちのやりたいこと主導」で、バレンタインを言い訳をつかってもっと好きにやっちゃえ、と背中を押してあげられるようなメッセージをクリエイティブディレクター/クドウナオヤ氏が企画した広告だ。

若い世代を中心に、共感・シェアしてもらいやすいようなキャンペーン設計を意識しており、Web動画はスマホ視聴最適の縦型ショートムービーを複数展開。中には『ドライヤーガーナ』や『ハートぶち抜きチャレンジ』など動画のストーリー内容がSNSで真似したくなるような新しいGhanaの楽しみ方を盛り込みまれている。それらを元にユーザー達が自分達でも二次創作してもらいやすいよう、動画内の音楽素材やロゴ素材、ARフィルターなどを特設サイトで配布し、日本中のユーザーとGhanaが一緒になってバレンタインを楽しめるような構造になっている

画像元:https://www.lotte.co.jp/products/brand/ghana/recipe/

合言葉は、「バレンタインのせいにして。」その言葉のもと普段できなかったことをやってみたり、伝えられなかったことを伝えたりする、「ポジティブな言い訳行動」が日本中で溢れることを狙った広告だ。そしてバレンタインデー当日に向け、その例示となるような、様々なバレンタインの過ごし方をする浜辺美波さん、吉沢亮さんの縦型動画を複数公開。アニメオタクや遠距離恋愛中など、2人は様々な役柄を演じラップ調の音楽に合わせて、心境を歌い上げるショートムービーが複数展開されている。

画像元:https://www.lotte.co.jp/products/brand/ghana/recipe/

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
kobayashi-misaki
新卒でCM制作会社に就職するものの、撮影現場でテキパキ動けず、生粋の酒好きを生かし打ち上げ担当に。。広告業界で、転職を何度か繰り返し現在に至る。昭和酒場ラブ。マイブームはサウナと筋トレ

「国内の広告」 の記事

国内の広告
わたしに合うコスメとの出会いビューティーボックスの紹介!
国内の広告

わたしに合うコスメとの出会いビューティーボックスの紹介!

美意識の高い男性にも支持されている。わたしに合うコスメ選びに重宝するサンプリングボックス。 美を追求するためにとても便利なコスメサンプリングを詰め合わせたボックスがある。目的からビューティーボックスともいわれる。 ビ...
「疲れ」が見える広告?疲労回復の重炭酸入浴プロモーション
国内の広告

「疲れ」が見える広告?疲労回復の重炭酸入浴プロモーション

「●●な症状があったら、すぐに病院へ」と言われると、人間、行動してしまうものである。 「まだ大丈夫だろう」と高をくくっていた人も、あっという間に自分事にしてしまう魔法の言葉だ。 今回は、そんな魔法の言葉を活用した広告...
テレワーク用個室も広告媒体に!生活空間との接点づくりが認知の鍵
国内の広告

テレワーク用個室も広告媒体に!生活空間との接点づくりが認知の鍵

コロナ禍になりテレワークが浸透し始め、駅構内やビルの一角などあらゆる所にテレワーク用個室ができ始めた。 今となっては大して気にならないが、出はじめた当初は「どうやって使うものなのか」とそわそわしていたことも記憶に新し...