【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?

オフィスや店舗の空きスペースを有効活用し、広告を配置するのが「インストアメディア」だ。

手軽に作れて、反応を見やすいため、多くの店舗ビジネスで活用されている。

また、自店舗に設置するだけでなく、他社の店舗にインストアメディアを設置して集客することも可能だ。逆に、自店舗に他社のインストアメディアを置いて広告費を稼ぐ、なんてことも。空きスペースが余っているのであれば、ぜひ活用したい。

この記事では、インストアメディアの効果やメリット、インストアメディアの検索サービスなどをご紹介する。

インストアメディアとは?空きスペースを有効活用する広告

インストアメディアとは、店に設置された広告のことを指す。店(inストア)の広告(メディア)で、インストアメディアだ。

小さなPOP程度なら手軽に作成できること、商品のすぐそばに設置できるため臨場感があることなどが注目されている。

似たような言葉に「インストアプロモーション」がある。インストアプロモーションは店(inストア)の販促(プロモーション)であり、インストアメディアよりもう少し大きな意味を持つ。インストアプロモーションの一部が、インストアメディアと考えて良いだろう。

なお、一口にインストアメディアといっても、その種類は多い。詳しく見ていこう。

空きスペースに配置できるインストアメディアの種類

インストアメディアにはポスターやレジ横のPOPなど、さまざまな種類がある。

  • ポスター系
    • ポスター広告
    • フリーペーパーラック
    • 垂れ壁広告
    • 外壁広告
  • 店内どこでも
    • 商品カゴ広告
    • 小型電子POP
    • ベンチ広告
    • エレベーター内広告
  • 飲食店向け
    • テーブルステッカー
    • テーブルスタンド
  • レジ近く
    • レジ横広告
    • POSレジ画面
    • レシート裏広告
    • レジ袋封入広告

むろん、これで全種類ではない。近くの飲食店やスーパーで意識してインストアメディアを探してみると、新しい発見もあるだろう。

インストアメディアの効果・メリット

インストアメディアには大きく分けて3つのメリットがある。詳しく解説していこう。

高い費用対効果を期待できる

インストアメディアは来店しているユーザーだけに見える広告だ。来店しているということは、すでに店に興味がある状態といっていい。興味があるユーザーだけに広告を出せるので、反応してもらいやすい。

これとは逆に「チラシ」や「DM」などは、近隣住民に無作為に広告をばら撒く。興味がないユーザーにも多く届くため、その分反応が悪くなり、広告費に無駄が生じる。チラシは数百枚印刷しなければならないし、配布するコストもかかる。しかし、レジ横のPOPは1枚あればそれで良い。ユーザーに見られる回数は少ないかもしれないが、非常に低コストなので利益も増える。

インストアメディアは興味のあるユーザーだけに見られるため、広告費に対して高い効果を期待できるのだ。

実体感・臨場感を演出できる

インストアメディアにはWEB広告にはない強みがある。WEB広告では感じられない実体感・臨場感を演出できる点だ。

例えば、ECサイトに「世界一大きい品種のリンゴが入荷しました!」というバナーがあったとしても、リンゴの実物がないのでサイズ感が分からない。いくら文章や画像で補足しようとも、臨場感には欠ける。

一方、インストアメディアなら「世界一大きい品種のリンゴが入荷しました!」というPOPとともに、リンゴの実物を見てもらえる。ユーザーは大きなリンゴを手に取って、大きさ・重さ・つや・香り・手触りなどを五感でキャッチし、臨場感のある体験が可能なのだ。

このような実体感・臨場感を演出できる点で、インストアメディアはWEB広告とは違った強みがある。むろん、どちらかが優れている訳ではなく、それぞれを使い分けることが大切だ。

インストアメディアの「2種類の戦略」

マーケティングの視点でインストアメディアを見ると、2種類の戦略がある。1つは「価格主導型」で、2つめは「非価格主導型」だ。

それぞれの戦略や違いについて詳しく解説する。

価格主導型のインストアメディア

価格主導型は「安いから買ってください」というプロモーション戦略だ。より正しく言えば、商品の価格を上げたり下げたりすることで、商品の価値を上げる手法である。

例えば「定価2,100円の商品が、ポイントカードを出して購入すると1,980円になるよ!」というPOPは、まさに価格主導型のプロモーションである。商品の価値はそのままに価格が下がるため、魅力的に感じる。

値引きだけでなく、まとめ買い割引キャンペーンなどもプロモーションも価格主導型だ。分かりやすく興味を引けること、店側も準備がしやすいこともあり活用の場面は多い。

非価格主導型のインストアメディア

「スーパーの試食」が非価格主導型のプロモーションだ。価格をアピールするのではなく、商品の魅力を伝える広告が非価格主導型のインストアメディアである。

先に例にあげた「スーパーの試食」は、美味しさや香りという、商品そのものの魅力を伝えている。他にも「商品の包装についている●マークを切り取って、50個集めて応募すると景品があたる!」というプロモーションも非価格主導型だ。●マークを集める楽しさ、景品にあたるかワクワクする気持ちは、価格とは異なる魅力がある。

非価格主導型のインストアメディアを作るときは、商品の付加価値やユーザーが求めていることを理解しておく必要がある。商品の魅力に価値を感じるユーザーが増えるため、リピートにもつながりやすい。

空きスペースがお金になる?インストアメディアの検索サービス

ここまでは、インストアメディアを設置して、自店舗にどういうメリットがあるかという点に注目してきた。

ここからは、インストアメディアの設置場所を探したり、新しいインストアメディアを作ったりしたい方におすすめのサービスをご紹介する。

メディアレーダー

メディアレーダーは広告に関する様々な資料が掲載されているサイトだ。

メディアレーダーの「ルートメディア・インストアメディア」のカテゴリーには、広告枠・媒体の募集が掲載されている。ここから、広告を置いてみたいスペースがあれば資料をダウンロードしてみよう。

掲載件数が多く、薬局やフィットネスジムのデジタルサイネージ広告の資料も掲載されている。2,000社以上が掲載している国内No.1の、広告業界のポータルサイトだ。

掲載料は無料プランと通常プランが用意されている。無料プランで十分活用できる点も嬉しい。

「ルートメディア・インストアメディア」の資料一覧 | メディアレーダー
「ルートメディア・インストアメディア」の資料一覧 | メディアレーダー
媒体資料を無料でダウンロード。媒体社様は成果報酬でリード獲得。
media-radar.jp

BIZPA(ビズパ)

BIZPAは全国の広告掲載スペースをまとめて検索できるサイトだ。

看板・雑誌・サイネージ・フリーペーパーなど、インストアメディア以外にも幅広く掲載されている。インストアメディアというよりは「広告掲載枠」として探してみよう。広告を載せる媒体から検索したり、広告を見るターゲットの年齢層から検索したり、使い勝手の良さも特徴だ。

自店舗の空きスペース掲載料は無料。成果報酬型で料金が発生する。2種類のプランがあるので、気になる人は問い合わせてみよう。

BIZPA(ビズパ) | 広告媒体の比較・検索サイト
BIZPA(ビズパ) | 広告媒体の比較・検索サイト
BIZPA(ビズパ)は全国の広告を比較・検索出来る、広告媒体のプラットフォームです。
bizpa.net

マチスペ(MACHISUPE)

マチスペはインストアメディアを設置したい人と、設置するスペースをマッチングするサービスだ。店舗・公共施設・商業施設などのちょっとした空きスペースが登録されている。

「コインランドリーの壁1面」が月額5,000円など、手が届きやすい価格なのも嬉しい。

もちろん、自店舗の空きスペースを出品することも可能だ。壁・レジ横・各テーブル・メニュー表・お手洗い・テイクアウトの同梱チラシなど、アイデア次第では1店舗で複数出品できる。

2022年4月現在では出品料は無料。空きスペースがあるならぜひ使ってみよう。

空きスペースに新たな価値を|マチスペ(MACHISUPE)
空きスペースに新たな価値を|マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)は、店舗・公共施設・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し借りできるマッチングサービスです。
machisupe.com

まとめ:空きスペースを活用してインストアメディアを始めよう

インストアメディアは店に設置された広告のことを指す。その種類はレジ横POPや、エレベーター内広告などさまざま。

小さなPOPなら低コストで簡単に作れること、高い費用対効果を期待できることが注目されている。商品の近くにインストアメディアを置くことで、WEB広告にはない実体感・臨場感を演出できることも特徴だ。

また、インストアメディアを設置するスペースと、広告主をマッチングするサービスも利用が進んでいる。自店舗のちょっとした空きスペースでも思わぬ広告収入につながるかもしれない。

空きスペースはお金を生み出す「資産」だ。ぜひ活用したい。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
inouegaku01
ガクマーケティング代表、olbb株式会社 取締役。元公務員のフリーライターです。公務員時代は道路を作っていましたが、ふと始めたブログが面白くてマーケティング事業会社に転職。その後ライターとして独立し、コンテンツディレクターや、メディアの新規立ち上げのコンサルもしています。

「比較・紹介」の記事

比較・紹介
広がる、空きスペースの有効活用
国内の広告

広がる、空きスペースの有効活用

空きスペースがスポットライトを浴びる時代に突入している。 世の中はシェアすることを好み、無駄なものを排除することでよりミニマムな暮らしを求める声が多くなった。 そんな中で生まれた空きスペースが決して世の中の蛇足になる...
アマゾンからある日突然届く、 無料のサンプリング!
面白い広告

アマゾンからある日突然届く、 無料のサンプリング!

まさかアマゾンを語った詐欺‥? 筆者はまだ一度も経験したことがないが、注文した覚えがないのに、突然アマゾンから荷物が届く。ということがあるのだそうだ。 頼んだ覚えがないので受け取った人は、本当にアマゾンからなのか?詐...
リアル店舗でアプローチインストアメディア事例
国内の広告

リアル店舗でアプローチインストアメディア事例

スーパーの店内で流れているサイネージを見て、その日の夕食で何を作るかを決めてしまう時がよくある。 それだけではなく、ファミレスに入ってメニューをオーダーした後、運ばれてくるのを待っているタイミングでQRをかざしてアプ...