インパクト絶大!話題となった広告まとめ2022年下半期

インパクト絶大!話題となった広告まとめ2022年下半期 画像元:https://maidonanews.jp/article/14761836

2022年もいろんな出来事があった年だった。多くの広告が、2022年下半期も話題に上がった。

2022年の下半期に話題となった広告を紹介していきたい。

ユニコーンに乗って「#世代差あるある」(2022年7月)

画像参照:https://media.bizpa.net/ad-news/funny21.html

TBSドラマ「ユニコーンに乗って」が東急渋谷駅構内に掲出した大型広告が話題に。

この広告ではドラマを見ている人でも、見ていない人でも楽しめる「世代差あるある」を紹介し共感を生んだ。

ビジネス用語をすぐに理解できないベテランや、「とりあえずビール」が通用しない若者の様子を出演者を用いてコミカルに表現。

若い人世代からベテラン世代まで、見ているだけで新しい発見ができるおもしろい作品になった。

カオナビ マスク広告(2022年8月)

クラウド人材管理システムの「カオナビ」の大型広告が渋谷駅構内に掲出されて話題になった。

「カオナビ」は顔写真で社員の経験や資格、スキルや性格などの情報がひと目で分かるクラウド人材管理ツール。社員の管理や離職防止などに役立てられている。

TVCMでも起用されている香取慎吾さんが大型広告にも登場しているが、広告自体はTVCM前から掲出されていたこともありマスクの人物はいったい誰なのか?とSNS上でも話題になった。

テレビ朝日「君の名は。」新聞広告(2022年10月)

画像参照:https://www.buzzfeed.com/jp/keiyoshikawa/your-name-cool-pr

過去にも何度か話題になった新聞広告が10月にも再度話題にあがった。

テレビ朝日系列にて放送される「君の名は。」の告知広告は、デザインが秀逸すぎるという声が多数見られるクリエイティブ。

27面に主人公の瀧くんが描かれ、真裏の28面にはヒロイン三葉の姿。この広告を光に透かすことで瀧くんからの鏡文字のメッセージが浮かぶというもの。

「君の名は。」を一度観た人が、もう一度観たいという気持ちを掻き立てた。

カタカナ3文字だけの電車広告(2022年8月)

画像参照:https://maidonanews.jp/article/14761836

東急世田谷線に掲出された「ナウル」と書かれたカタカナ3文字だけの電車広告が話題になった。

ナウル共和国を広告したものでありながら「きれいな海の写真とかじゃないんだw」「シンプルなだけにナウルって何?と調べる人がいそうで効果抜群かも」と好意的な意見が多く寄せられた。

ナウル共和国は世界で3番目に小さな独立国ですが、Twitter上ではおもしろおかしく紹介をしていて、フォロワー数も今や40万人を超えているのだとか。

センイル広告

画像参照:https://media.bizpa.net/ad-news/funny22.html

近年街中で多く見られるようになった応援広告(センイル広告)も2022年下半期は多数話題になった。

VOYZ BOYの木村大河さんのセンイル広告。8月には誕生日に合わせて応援広告が掲出。一目見ようと多くの人が集まる結果に。

INIの藤牧京介さんのお誕生日広告も。

BTSのジンが誕生日を迎えた12月には、国内では東京、大阪、名古屋、福岡などで応援広告が掲出された。東京では新宿のユニカビジョンを使った大規模のものとなった。

2023年以降も、センイル広告の掲出はますます期待できそう。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
hagiyuka39
住むところは中国地方や関西など、全国各地を転々と暮らすWebライター。温泉メディア、女性メディアなどで執筆中。特技はマラソンでフルマラソン3時間ギリの記録をもつ

「国内の広告」 の記事

国内の広告
サスティナブルの目的、未来への想いがつまった企業広告事例
国内の広告

サスティナブルの目的、未来への想いがつまった企業広告事例

サスティナブルとは、持続可能。持続可能ってどんなこと?企業は自社にできるサスティナブルを考え取り組む。 合わせて確認しておきたいSDGs(エスディージーエス)とは、Sustinable Development Goa...
明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。
国内の広告

明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。

昨年、“受験生あるある”を切り口とした受験生応援広告が話題になったことを覚えている人も多いだろう。 渋谷駅前に大きく掲出された「墾田永年私財法」の文字は、インパクトの大きさやメディアに多数映り込んだことからも話題を集...
バーチャル渋谷コンテンツ、広告様々
国内の広告

バーチャル渋谷コンテンツ、広告様々

メタバースが広がる起爆剤になったひとつに「バーチャル渋谷」がある。 バーチャル渋谷では、ライブやアート展示などのコンテンツを展開し、まるでリアルに渋谷を体験しているような感覚が得られることが話題を生んだ。 この「バー...