トイレの個室を広告空間へ!
パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例

トイレの個室を広告空間へ!パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例 画像元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000075914.html

究極のパーソナルスペースともいえるトイレの個室に広告を展開する事例が増えつつある。いったいどのような効果が期待できるのか。今回はトイレ内に設置されている広告事例について紹介する。

ポスターやステッカーの貼付・サンプルの設置

画像元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000055725.html

飲食店をはじめとするさまざまな施設において、トイレは不可欠な設備といえる。そんなトイレ内に掲載された広告を「トイレ広告」という。

たとえばすぐに実施できるトイレ広告として、トイレの壁やトイレットペーパーホルダーにポスターやステッカーを貼る、ハンドソープや生理用品といった商品のサンプルを置くなどの事例が挙げられる。手間やコストを掛けずに商品をアピールできる点がメリットだ。

トイレはあらゆる業種・職種の人々が利用する空間であるため、これまでアプローチしづらかった層に訴求できる点も大きな利点といえるだろう。

トイレ広告 ハレルヤ

ロケーションオーナー様【TOP】 - トイレ広告 ハレルヤ!
ロケーションオーナー様【TOP】 – トイレ広告 ハレルヤ!
トイレ広告ハレルヤ!とは 飲食店やお店のトイレスペースに広告を出したい企業を繋ぐ広告マッチングサービスです。
hareruya.media

デジタルサイネージで商品をアピール

画像元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000075914.html

トイレにおけるデジタルサイネージ広告の歴史は意外と古く、すでに2008年に羽田空港内の女子トイレに国内で初めて導入されている。しかし意外と広告の売り上げが伸びなかったことから、そこまで普及することはなかった。だが近年、再びトイレというパーソナルスペースが注目を集め、デジタルサイネージを設置して広告を配信するケースが増えている。

たとえばショッピングモールや公共施設などの女子トイレの個室内に設置されている「OiTr ads(オイテルアズ)」は利用者が便座に座ったことをセンサーで感知して広告動画の配信を開始することで、より視認性を高める工夫がなされている。また、施設ごとに異なる利用者層に合わせて広告の最適化を図れる点も特徴の1つである。

自分だけの時間を過ごせるパーソナルな空間だからこそ、より商品の認知率を上げられるメリットがある。これからもトイレの個室をターゲットとした広告は一層の普及が見込まれるだろう。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
komahiro0606
書籍の編集プロダクション勤務を経て独立。旅行好きのライター。国内外を問わず、あらゆる情報を収集し、独自の切り口で記事を執筆。生活に役立つ情報から経済、歴史、雑学までその領域は幅広い。

「その他」の記事

その他
顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機
国内の広告

顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機

近年、自動販売機のIoT(インターネット・オブ・シングズ)化が推進されている。自動販売式にIoTデバイスを取り入れるメリットとは何なのか。今回は、IoT自動販売機の実態に迫る。 IoT自動販売機とは? IoTは「In...
ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする
その他

ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする

ファッション広告で世界的に有名なブランドがメタバースを話題にしたのはつい最近でもない。難しさは仮想を受け入れる体制は整っていなかったからだろう。身近な環境のデジタル化が進み、遊び心がそれを現実化へと大きく近づけた。メ...
日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!
面白い広告

日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!

「アンビエント」には、「周囲の」「環境の」といった意味がある。その言葉通り、日常生活を営むうえで利用している道具や場所などをそのまま広告として活用したメディアを「アンビエント広告」という。 それでは、実際にはどのよう...