ポンタが街にやってきた!リアルタイムでコミュニケーションできる屋外広告にも注目

ポンタが街にやってきた!リアルタイムでコミュニケーションできる屋外広告にも注目 画像元:https://mobile.twitter.com/Ponta/status/1451111174200643584/photo/1

2021年10月21日(木)、東京都は新宿と池袋の大型ビジョンに、Pontaポイントでおなじみのポンタが登場した。

注目したいのは、ポンタが通行人とリアルタイムでコミュニケーションする「ライブ配信」であることだ。

今回はPontaポイントを運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングと株式会社電通が協力して実施された「ポンタが街にやってきた」キャンペーンについてご紹介しよう。

日本初のデジタルサイネージ×ライブ配信

まずは実際に、ポンタが手を振ってコミュニケーションしている様子をご覧いただきたい。

表情が豊かで、手の動きも表現されているのが驚きだ。もっと見たい人は、Twitterで「#ポンタが街にやってきた」で検索してみよう。

気になるのが、本当に「リアルタイム」なのか、という点だ。これについては、言葉通り「リアルタイム」でコミュニケーションをしている。

この技術は株式会社電通と株式会社エジェが開発・運用している「キャラトーカー」を利用している。カメラの映像からフェイストラッキングで演者の動きを読み取り、3Dアニメーションに変換、即座にデジタルサイネージに表示している。

キャラトーカー | 株式会社eje
キャラトーカー | 株式会社eje
キャラトーカーとは3DCGキャラクターで双方向に対話ができるデジタルサイネージアバターアプリです。東京モーターショーでは …
www.eje-c.com

おそらく、デジタルサイネージの近くに通行人の様子を確認できるカメラが設置されており、演者はそれを見ながら通行人とコミュニケーションをとっているのだと思われる。まさに最先端だ。

iPhoneで「キャラトーカー」無料体験版も

今回のキャンペーンで使われた「キャラトーカー」については、AppleStoreで無料体験版が公開されている。(2022年4月28日現在)

操作も簡単で、すぐに3Dアバターを動かせる。フェイストラッキングの精度や、表情の豊かさをぜひご体験いただきたい。

‎キャラトーカー
‎キャラトーカー
‎キャラトーカーは、フェイストラッキングで、誰もが可愛らしいキャラクターになって表情豊かなコミュニケーションができる、3Dアヴァターアプリです。
apps.apple.com

今後、3Dアバターを使ったコミュニケーションはさらに発展していくだろう。「#ポンタが街にやってきた」のようなデジタルサイネージだけでなく、オンライン会議や商品販売のプレゼンテーターとしても活用が期待される。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
inouegaku01
ガクマーケティング代表、olbb株式会社 取締役。元公務員のフリーライターです。公務員時代は道路を作っていましたが、ふと始めたブログが面白くてマーケティング事業会社に転職。その後ライターとして独立し、コンテンツディレクターや、メディアの新規立ち上げのコンサルもしています。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例
国内の広告

思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例

街を歩いていると見ていてついお腹が空いてしまう広告がある。 消費者の心理にマッチする「場所」と「タイミング」と「クリエイティブ」を工夫しているからこそ、 本当に届けたい相手に伝えたい情報が届く広告になっていると感じる...
電柱広告とは?メリットや料金を解説!
国内の広告

電柱広告とは?メリットや料金を解説!

街中を歩いている際に、電柱に巻きつけられた広告を見たことがある人は多いだろう。電柱広告は屋外広告の一種で、一般的には歩行者や車の運転手を目的地へと誘導する役割を果たす。今回は、そんな電柱広告のメリットや料金について解...
【2022年版】コインランドリーの空きスペースで収益化!活用事例6選
国内の広告

【2022年版】コインランドリーの空きスペースで収益化!活用事例6選

大物な布団を洗濯したり、外出先の洗濯ができたりと便利なコインランドリー。 空いたスペースを使いコインランドリービジネスを始める業者も増えてきている。 コインランドリーでは「洗濯機や乾燥機を置くだけではどうしてもスペー...