「アンメルツ」とゲームのコラボ?!
意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告

「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告 画像元:https://www.advertimes.com/20220829/article394235/

交通広告では、いかにインパクトがあり見る人の印象に残るかが重要で、その工夫の仕方も十人十色だ。

「アンメルツ」と言えば「ヨコヨコ」。CMの影響で、この2つのワードが対で脳内にインプットされている人も多いはずだ。

そんな、小林製薬のアンメルツがコラボで展開した交通広告が話題となった。

ヨコヨコ交通広告

【画像参照】https://twitter.com/yurusu/status/1564182803218329601/photo/2

小林製薬の販売している「アンメルツ」の中でも主力製品である「アンメルツヨコヨコA」と、カプコンの「ストリートファイターⅡ」をかけたコラボ広告が、JR東日本の秋葉原駅で展開された。

広告には、ゲーム内に登場する“ヨコヨコ”の操作(←→)で必殺技を繰り広げる4人のキャラクターが描かれた。

広告を見ると、ついゲームの操作を無意識にも手元でしたくなるようなそんなビジュアルとなった。

商品パッケージにもコラボ限定デザイン

【画像参照】https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1435466.html

アンメルツの商品にも、限定でオリジナルコラボパッケージを展開した。

全部で4種類あるパッケージは、ゲームの世界観を活かしたバトルシーンが描かれた躍動感のあるデザインとなっている。

それぞれのペアが存在しているので、それら2つを並べることでゲーム上の対戦シーンの再現も可能。

ストリートファイターⅡファンは、肩が痛くないにしても手にしたいに違いない。

時代を超えて知ってもらうということ

ストリートファイターⅡは90年代初めに熱狂したゲーム。

現代の若者の間では、eスポーツゲームなどが主流になっているので、なかなかストリートファイターの認知も乏しいだろう。

そんな層にも「『アンメルツ』を知ってもらい、肩こりに伴う痛みなどへの対策のきっかけに」ということを目的とした今回の交通広告。

インパクトの大きさと、認知の広がりやすいゲームをフックにすることで、過去現在に限らず時代を超えた幅広い層へのアプローチを果たした。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
hagiyuka39
住むところは中国地方や関西など、全国各地を転々と暮らすWebライター。温泉メディア、女性メディアなどで執筆中。特技はマラソンでフルマラソン3時間ギリの記録をもつ

「国内の広告」 の記事

国内の広告
屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?
国内の広告

屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?

近年、NFT化がより注目されるようになってきた。 全てがデジタル上で完結できるような世の中に近づくにつれ、さまざまなイベントや身近なものがNFTに絡められてきているということは否めない。 デジタルのコンテンツを数量限...
【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始
国内の広告

【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始

2月22日「猫の日」を記念して、新宿駅 東口前の「3D猫広告」に新作が登場した。 可愛らしくも、迫力ある映像だ。現地までいけない人のために、当記事でもご紹介しよう。 落とさないで! クロス新宿ビジョン(運営:株式会社...
近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告
国内の広告

近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告

日ごろ、どれくらいの人が集中して広告を見ているだろう。 ひとつの景色として見ている人。デザインを見ている人。キャッチコピーを読んでいる人。広告の内容をじっくりと呼んでいる人。… 広告への接し方は人それぞれだということ...