空を飛ぶ飛行船広告――アサヒスーパードライの広告が話題に!

空を飛ぶ飛行船広告――アサヒスーパードライの広告が話題に! 画像元:https://twitter.com/flying_superdry/status/1522423432306393088/photo/1

1987年に発売されたアサヒスーパードライが36周年を迎える2022年に初めてフルリニューアル。それに伴い展開された空を飛ぶ飛行船広告が話題を集めた。今回はアサヒスーパードライの飛行船広告についてご紹介する。

空を飛ぶ飛行船広告

画像元:https://twitter.com/flying_superdry/status/1522423432306393088/photo/1

1987年の発売以来、36年目にして中身やパッケージを刷新したアサヒスーパードライ。新しくなったスーパードライをアピールすべく、3月17日のスーパードライ誕生日を中心としてアサヒ史上最大規模の広告が展開された。

そのうちの1つが、飛行船「スーパードライ号」による広告である。アサヒが飛行船を広告として利用するのは発売翌年の1988年以来のことだという。全長約70メートル、高さ約14メートル、幅約11メートルの飛行船の機体に記されているのは「新スーパードライ、始まる。」というキャッチコピー。3月30日から5月30日の約2か月間で北は北海道、南は九州まで、日本全国の空を周遊するそうだ。

飛行船が現在どの場所を飛んでいるのかは、公式ホームページやTwitterで確認できる。Twitter上では「#空飛ぶスーパードライ投稿キャンペーン」も実施されており、多くの人が空を見上げて見つけた飛行船の画像を投稿し、盛り上がりを見せている。

地上を走るイベントカー

画像元:https://news.nissyoku.co.jp/news/maruyama20220426102716202

一方、地上では茨城工場内にある「スーパードライミュージアム」の疑似体験ができる「スーパードライミュージアムカー」を導入。3月25日から10月まで日本全国を駆け回っている。ミュージアムカーではできたてのスーパードライの試飲やバーチャルリアリティー技術を利用した工場見学などを楽しめるといい、まさにスーパードライを五感で楽しめる広告だ。

そのほか、総勢50組のYouTuberとタイアップするなど、さまざまな広告プロモーションを展開。ビール市場におけるさらなるシェア率の拡大に向けて、広告がもたらす効果は大きいといえるのではないだろうか。広告をきっかけとして新スーパードライを飲みたくなる方も少なくないだろう。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
komahiro0606
書籍の編集プロダクション勤務を経て独立。旅行好きのライター。国内外を問わず、あらゆる情報を収集し、独自の切り口で記事を執筆。生活に役立つ情報から経済、歴史、雑学までその領域は幅広い。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?
国内の広告

屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?

近年、NFT化がより注目されるようになってきた。 全てがデジタル上で完結できるような世の中に近づくにつれ、さまざまなイベントや身近なものがNFTに絡められてきているということは否めない。 デジタルのコンテンツを数量限...
月間100万人以上にリーチ!喫煙者に直接働きかける喫煙所サイネージ
国内の広告

月間100万人以上にリーチ!喫煙者に直接働きかける喫煙所サイネージ

2020年4月の健康増進法改正に伴い、原則屋内での喫煙は禁止となった。喫煙者がたばこを吸うには、基準を満たす喫煙所に行かなければならない。必然と多くの喫煙者が集まる特性を生かし、近年は喫煙所にデジタルサイネージを設置...
「記憶に残った広告」プロ野球中継 vs パワプロ…?
国内の広告

「記憶に残った広告」プロ野球中継 vs パワプロ…?

性別や年齢、場所、さらにはハンディキャップの有無を問わないスポーツとしてe-Sportsが注目されている。 今では高校生を対象としたe-Sports甲子園が開催されたり、地方大会や全国大会なども数多く開催されているレ...