国内初!空港間のデジタルサイネージをネットワーク化

国内初!空港間のデジタルサイネージをネットワーク化 画像元:https://www.anatc.com/pressroom/20220310_01/

デジタルサイネージとは、ディスプレイなどを通じて情報を発信するシステムのこと。近年は、駅や電車内などいたるところでデジタルサイネージ広告が展開されるようになった。今回は、空港間のデジタルサイネージネットワークを利用した次世代広告配信サービスに迫る。

全6空港でデジタルサイネージ広告の一斉配信が可能に

画像元:https://www.sogohodo.co.jp/ooh/12101/

2022年3月、全日空商事は羽田空港・長崎空港・阿蘇くまもと空港・宮崎ブーゲンビリア空港・鹿児島空港・中部国際空港のデジタルサイネージを国内で初めてネットワーク化し、このネットワークを活用した次世代広告配信サービス「TRAVEL MEDIA Airport Dynamic Ad Vision(トラベルメディア・エアポート・ダイナミック・アド・ビジョン)」の運用を開始すると発表した。

すでに2020年10月から羽田空港で運用されていたデジタルサイネージ広告をほかの空港にも設置し、全6空港で広告の一斉配信を可能としたものである。

空港間のデジタルサイネージ広告をネットワーク化するメリット

これまで空港内に広告を掲出する場合、各企業は空港ごとに広告枠を購入し、それぞれのデジタルサイネージ広告に合わせた広告素材を作成して入稿する必要があった。しかしデジタルサイネージ広告がネットワーク化されたことで、広告素材の一括入稿と一斉配信ができるようになったのだ。

メリットはそれだけではない。看板などのオフライン広告では切り替えにあたって莫大な費用と時間がかかるだけではなく、時期や利用者に合わせた最適な広告を掲示することが難しいデメリットがあった。しかしデジタルサイネージ広告では設置したAIカメラによってサイネージ前の通行者数や広告視認者層の把握ができるため、それらのデータを活用した、より効果的な広告発信が可能となるのである。

また、複数の空港に広告を一括で配信できる枠に加えて、空港ごとに地域枠が設定されている点も特徴だ。空港を訪れた旅行客に対して地域の観光やグルメなどの情報をピンポイントに提供できることから、TRAVEL MEDIA Airport Dynamic Ad Visionを通じた地域の活性化や観光需要の拡大も期待されている。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
komahiro0606
書籍の編集プロダクション勤務を経て独立。旅行好きのライター。国内外を問わず、あらゆる情報を収集し、独自の切り口で記事を執筆。生活に役立つ情報から経済、歴史、雑学までその領域は幅広い。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告
国内の広告

だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告

毎年癖の強い広告を展開して話題を集めているKINCHO。今年は日を追うごとにサイズが小さくなっていく新聞広告が大きな反響を呼んだ。今回はだんだん小さくなるKINCHOの新聞広告をご紹介する。 小さくなりすぎて逆にツッ...
空を飛ぶ飛行船広告――アサヒスーパードライの広告が話題に!
国内の広告

空を飛ぶ飛行船広告――アサヒスーパードライの広告が話題に!

1987年に発売されたアサヒスーパードライが36周年を迎える2022年に初めてフルリニューアル。それに伴い展開された空を飛ぶ飛行船広告が話題を集めた。今回はアサヒスーパードライの飛行船広告についてご紹介する。 空を飛...
大人も子供も熱中!ゲーム企業のOOH事例
国内の広告

大人も子供も熱中!ゲーム企業のOOH事例

オンラインゲームがアツイ。 飲食店や電車の中、信号待ちの空間でさえ、スマホで必死にゲームをする人を見かけることが増えた。 私の様にオンラインゲームを全くしない層でも、今はやりのゲームについて分かってしまうのは、ゲーム...