「これの名前は?」ガシャポンの知名度を
上げるために打たれた自虐風広告

「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告 画像元:https://twitter.com/Gashapon_Bandai/status/1505722122596872194/photo/1

バンダイのガシャポンは業界シェア率1位を誇るが、正式名称を知っている人は4%に過ぎない。そこでバンダイがガシャポンの知名度を上げるために打ち出した自虐風広告が話題を集めている。

わずか4%の人にしか認知されていないガシャポンという名称

ガシャポンが発売されたのは1977年にまでさかのぼる。それから45年。いまや不動の人気を誇る人気のカプセルトイだ。ガシャポンなる名称は、お金を入れて機械のハンドルを回すときの音と、カプセルトイが出てくる様子から命名されたそうだ。

ところが2022年1月にバンダイが全国の男女4,700人を対象にガシャポンの知名度について調査したところ、なんと正式名称を知っている人はたったの4%という事実が判明した。機械で遊んだことはあっても、正式名称がまったく認知されていない――この驚愕の事実に対し、3月21日、バンダイはガシャポンの知名度アップを目指してとある自虐風広告を打ち出した。

それがこの新聞広告である。

画像元:https://dengekionline.com/articles/124012/images/1/

「これの名前は?」という問いかけの下には、そこはかとなく哀愁が漂うガシャポンと排出されたカプセルトイ、そして「ガシャポン」という答え。思わず目を奪われてしまうデザインだ。

無料体験でガシャポンの認知度アップ!

画像元:https://twitter.com/Gashapon_Bandai/status/1505722122596872194/photo/1

一方、3月21日~27日にかけて、ガシャポンの知名度を上げるべく京王井の頭線渋谷駅構内の柱に同様の屋外広告と無料で遊べるガシャポンが設置された。

「これの名前は?」の問いかけの下には本物のガシャポン。ガシャポンを回して入手できるアクリルチャームに「ガシャポン」という名称が記され、問いの答えが明らかとなる仕掛けだ。

ガチャガチャ」でも「ガチャポン」でもない、正式名称は「ガシャポン」。今年こそ正式名称をきちんと読んでもらいたいという思いがそこには秘められている。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
komahiro0606
書籍の編集プロダクション勤務を経て独立。旅行好きのライター。国内外を問わず、あらゆる情報を収集し、独自の切り口で記事を執筆。生活に役立つ情報から経済、歴史、雑学までその領域は幅広い。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
GUCCI×THE NORTH FACE屋外広告を紹介!
国内の広告

GUCCI×THE NORTH FACE屋外広告を紹介!

GUCCIはいま映画『ハウス・オブ・グッチ』が話題になっている。今回紹介するのは、第2弾と続くグッチとノースフェイスの好評コラボ。屋外に際立つ粋な広告を紹介。繰り広げられるアイデアに流石グッチ!観る人に新鮮な驚きを与...
国内初!空港間のデジタルサイネージをネットワーク化
国内の広告

国内初!空港間のデジタルサイネージをネットワーク化

デジタルサイネージとは、ディスプレイなどを通じて情報を発信するシステムのこと。近年は、駅や電車内などいたるところでデジタルサイネージ広告が展開されるようになった。今回は、空港間のデジタルサイネージネットワークを利用し...
喫煙所専用広告!?「場所で狙う」広告戦略を活用しよう
国内の広告

喫煙所専用広告!?「場所で狙う」広告戦略を活用しよう

広告を「出す場所」は深く考えなければならない。 たとえば、若い人向けのカフェのチラシを置くなら、パチンコ屋よりは、大学などに置かせてもらうほうが、ずっと効果が高いだろう。 こういった一工夫で、広告の効果が何倍に、ひょ...