「一瞬で青春。」マッチングアプリTinderが展開する「SwipeMart」が激アツ

「一瞬で青春。」マッチングアプリTinderが展開する「SwipeMart」が激アツ 画像元:https://magazine.photojoy.jp/mens-fashion/35243/

世界的にも有名なマッチングアプリTinderは日本でも多くの若者に利用されている。

私もかつては、Tinderで出会った人と酒を飲む夜もあった。右にスワイプ左にスワイプ……。

スマホ画面上に出てくる相手を好きか嫌いかでスワイプすることで、とてもフランクにマッチングできる手軽さが売りのアプリだが、そのTinderが渋谷にポップアップストアを展開した。

SwipeMart(スワイプマート)

【画像参照】https://oh-ooh.com/?p=5354

渋谷センター街に9月16日から19日の間に期間限定で出店されたコンビニエンスストア「SwipeMart」。

ネオンがかったピンクの空間には、Tinderのロゴや各機能をモチーフにしたオリジナルデザインのインスタントラーメンやアパレルグッズである靴下やTシャツを販売した。

【画像参照】https://tabi-labo.com/304573/wt-tinder-swipemart

商品は刺激的な“青春サワー”や二人でシェアするチキン“TINDER CHIKI”など、名前もコンセプトもTinderに寄せた商品も展開。

店内では、Tinderをダウンロードした18歳以上のユーザーに0円で商品を提供しアプリダウンロードの促進にも注力した。

若者が拡散したくなる充実のコンテンツも

【画像参照】https://www.fashionsnap.com/article/tinder-swipemart-report/

コンビニエンスストアだからといって、ものを売っているだけではない。

店内には、右スワイプと左スワイプを取り入れたフォトブースが用意され、SNSによる拡散効果も多く見られた。

期間中のの21時からは、アーティストによるライブパフォーマンスも開催。

特別なパフォーマンスに触れられる、まさに「一瞬で青春」のコンセプトを発揮する空間を実現した。

キャッチーなコピーと共に現れた屋外広告

【画像引用】https://oh-ooh.com/?p=5354

同時期に掲出された大型ビルボード広告にも注目が集まった。

Tinderカラーのピンクと、手書きフォントのキャッチーなコピーが渋谷の街行く人を魅了した。

Tinderのコピーは「謳歌するか、老化するか。」「まあ全部、若気の至りってことで。」「布団で一緒に1限ギリまで粘る朝。」など、刺激的なものが多い。

【画像引用】https://magazine.photojoy.jp/mens-fashion/35243/

そんなコピーが目に入った暁には、「私の青春、こんなものでいいのか…」と胸を揺さぶられてしまう、そしてTinderをダウンロードする。

そう感じるのは、アラサーの私だけではないのではなかろうか。

屋外広告とポップアップストア、手元のスマホ内のTinder。

すべてが相乗効果をもたらす施策となった。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
hagiyuka39
住むところは中国地方や関西など、全国各地を転々と暮らすWebライター。温泉メディア、女性メディアなどで執筆中。特技はマラソンでフルマラソン3時間ギリの記録をもつ

「国内の広告」 の記事

国内の広告
美容室×タブレットの広告媒体 広告効果とおすすめ3社
国内の広告

美容室×タブレットの広告媒体 広告効果とおすすめ3社

美容室に行くと、一般的には雑誌を渡されるのだが、ちょっとした待ち時間やカットの間は一時的に読み物が読めない時間もある。 意識のやりどころに困ったりして、ちょっと気まずい思いをしたことのある人も少なくないはず。 そんな...
お店の空きスペースを活用して収益を上げる方法
国内の広告

お店の空きスペースを活用して収益を上げる方法

お店としての売り上げにくわえて、少しでも収益を上げる方法はないかと頭を悩ませている方もいるのではないだろうか。そんな方におすすめしたいのが、お店の空きスペースを有効活用する方法だ。近年はお店の空きスペースを貸したい人...
「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告
国内の広告

「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告

バンダイのガシャポンは業界シェア率1位を誇るが、正式名称を知っている人は4%に過ぎない。そこでバンダイがガシャポンの知名度を上げるために打ち出した自虐風広告が話題を集めている。 わずか4%の人にしか認知されていないガ...