サスティナブルの目的、未来への想いがつまった企業広告事例

サスティナブルの目的、未来への想いがつまった企業広告事例

サスティナブルとは、持続可能。持続可能ってどんなこと?企業は自社にできるサスティナブルを考え取り組む。

合わせて確認しておきたいSDGs(エスディージーエス)とは、Sustinable Development Goalsの略、訳すと「持続可能な開発目標」。2015年に国連が制定。2030年までに達成することを目指す。

この記事はサスティナブル(持続可能)に取り組む企業広告を紹介。未来への想いがつまっている。

グローバルにサスティナブルを果たすTIGER

タイガーは自社製品の材料に注目しサスティナブルに取り組む。世界平和を重視し戦争に加担しない、自然に負担を掛けない加工、プラスチック減効果を追求するサスティナブルにに取り組んでいる。

サスティナブルが微笑みにオリックス

オリックスの取り組みは省エネなエネルギー開発、リサイクル、共有スペースの提供するサスティナブルに取り組んでいる。暮らしを微笑みに変えていける。

サスティナブルな街づくり三菱地所

環境と開発。昔は森林を開拓し文明は栄えてきた。現在私たちは環境保全のため自然との協調性が重要であることに気づいた。自然を守る開発サスティナブルに取り組む。

パッケージをプラスチックから紙にネスレ

お菓子のパッケージをプラスチック製から紙製へ、話題を先取りしたのがネスレのキットカット。触れると紙の音が心地いい。

飲食店でもプラスチック製のストローを紙製のストローへ転換。サスティナブルは進んでいる。私たちの身の回りにあるモノが環境への優しさで溢れ出す。

サスティナブルにおける広告の役割

企業が掲げるサスティナブルの取り組みを知ることで、その企業をを応援する働きが生まれる。市場に新しい価値であるサービスや商品を提供する企業。取り組みを市場へ共有する。観る人々に共感が生まれ、行動に変える力が広告にある。企業の取り組みを支えている。サスティナブルの効果に役立っているのだ。

コミュニケーションサスティナブルを目指す電通や博報堂はサスティナブル実現のため企業という枠組みを超え共同の必要性を訴えている。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
fmkmay18
言葉の奥深さが好きです。子供と一緒に楽しめる言葉遊びが大好きです。言葉から力をもらっています。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に
国内の広告

「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に

普通に道を歩いているときに、前から歩いてくる人にぶつかられそうになったことがとても増えた。 コロナで不況が続き気分も落ち込む中、みんな無意識に下を向いて歩きがちになったのかもしれない。 広告の枠も変わってきていて、今...
【2022年版】コインパーキングの空きスペースで収益化!活用事例6選
国内の広告

【2022年版】コインパーキングの空きスペースで収益化!活用事例6選

コインパーキングはスペース活用にも有効な活用法であり都心部でも多く見られるようになった。 一方で、コインパーキングがなかなか全て埋まるほど利用されていないケースもあり、管理側からすると大きな問題になっている。 ここで...
ビルの空き壁を利用した「アート広告」とは?
国内の広告

ビルの空き壁を利用した「アート広告」とは?

日本は海外ほどアートが身近ではなく、実際に市場規模は世界以上の3%程度にしか過ぎないといわれている。しかし近年、空き壁を利用したアート広告がにわかに脚光を浴びつつある。 はたしてビルの空き壁を利用した「アート広告」と...