ウマ娘とサントリー「BOSS」のコラボ広告|担当者のウマ娘愛がすごすぎる!

ウマ娘とサントリー「BOSS」のコラボ広告|担当者のウマ娘愛がすごすぎる!

競走馬を擬人化した「ウマ娘」を育成してレースの勝利を目指すスマートフォンアプリ「ウマ娘プリティーダービー」。2021年の配信開始以来多くのファンを獲得し、テレビアニメ化もされるほどの人気を誇っている。

2022年5月には、ウマ娘とサントリーのコーヒー飲料BOSSがコラボ。その際、サントリーの担当者が自らのウマ娘愛をつづった広告が話題を集めた。はたしてその内容とは?

商品が登場しない異色の広告

2022年、サントリーのコーヒー飲料BOSSは発売開始から30年目という節目の年を迎えた。そこで消費者へのさらなる浸透を目指すべくコラボ相手として選んだのが、ウマ娘である。

一見、コーヒー飲料とゲームにはなんら接点を見いだせないが、じつはその背景には開発担当者の個人的な思いが横たわっていた。

それはこの広告を見れば、一目瞭然である。

画像元:https://japan.cnet.com/article/35187551/

「突然ですが、僕はウマ娘が大好きだ。」「まさか自分がここまでウマ娘にハマるとは思っておらず、こんな感情は初めてだ。」

なんと広告には商品ではなく、担当者のウマ娘愛がただつづられているだけなのである。

あまりにも衝撃的なこの広告に、ネット上でも「良い意味でぶっ飛んでいる」「意味がわからないw」など大きな話題を集めた。

公式怪文書?スポーツ新聞に掲載された文字だらけの広告

じつはこれだけではない。BOSSとウマ娘のコラボ広告は、5月27日付の「サンケイスポーツ」にも掲載された。

画像元:https://togetter.com/li/1892947

そこには担当者のウマ娘愛が約1万字という文字で表現されている。上から下まですべて自筆の文字で埋まったこの広告からは、担当者のウマ娘への思いが溢れ出てくるかのようである。

SNS上では「怖い」「公式の怪文書か!?」などの声も寄せられたが、大きな反響を集めたことには間違いない。

商品の宣伝をまったくしないという異色の広告ではあるが、キャンペーン戦略としては大いに成功を収めたといえるのではないだろうか。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
komahiro0606
書籍の編集プロダクション勤務を経て独立。旅行好きのライター。国内外を問わず、あらゆる情報を収集し、独自の切り口で記事を執筆。生活に役立つ情報から経済、歴史、雑学までその領域は幅広い。

「国内の広告」の記事

国内の広告
明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。
国内の広告

明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。

昨年、“受験生あるある”を切り口とした受験生応援広告が話題になったことを覚えている人も多いだろう。 渋谷駅前に大きく掲出された「墾田永年私財法」の文字は、インパクトの大きさやメディアに多数映り込んだことからも話題を集...
クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは
国内の広告

クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは

ふと目にするような数々の広告の中にも、実はメーカーのブランディング戦略担当の想いと同時にさまざまな仕掛けが隠れている。 何の気なしに見かける広告には、どのような意味があり、なぜそこに広告が出されているのかを考えてみる...
『炎炎ノ消防隊』|折ると「希望」が現われる新聞広告が話題に
国内の広告

『炎炎ノ消防隊』|折ると「希望」が現われる新聞広告が話題に

2015年に『週刊少年マガジン』にて連載が開始された人気漫画『炎炎ノ消防隊』が2022年5月17日発売のコミックス34巻で完結を迎えた。 その発売を記念し、講談社は同日の読売新聞朝刊に全面広告を掲載。そこに仕掛けられ...