「風邪でも頑張りましょう」
メッセージ性を高める逆張り広告

「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告

広告に嫌悪感を感じるユーザーから、支持を得た広告がある。

まずはどんな広告がご覧いただこう。

画像引用:https://twitter.com/arian_dw/status/1125395264917757954?s=20
画像引用:https://twitter.com/arian_dw/status/1125395264917757954?s=20

山手線で掲載されたNetflixのオリジナルアニメ作品「リラックマとカオルさん」の広告だ。

2019年に掲載され、瞬く間にSNSで話題に。Twitterでは12万RTを獲得している(2022年現在)

ネット上でも「確かに大体この位置にそういう広告あるわね!週刊誌の中吊りはまさに。」「一両丸ごと広告を買い占めたからできる広告だけど、これは強烈に『攻めてる』!」などと絶賛の声が上がった。

のんびりした作風の「リラックマ」の広告なのに、確かにずいぶん攻めている。

この風刺的な広告に隠されたメッセージを、さらに詳しく見ていこう。

「世の中、がんばること多すぎません?」

画像引用:https://twitter.com/arian_dw/status/1125395264917757954?s=20
画像引用:https://twitter.com/arian_dw/status/1125395264917757954?s=20
画像引用:https://www.d2c.co.jp/works/5010/

一見すると「広告批判」でしかないが、この広告にはもう1つメッセージがある。

広告に右下には、こんなバナーが掲載されている。

画像引用:https://www.d2c.co.jp/works/5010/

世の中、がんばること多すぎません?
がんばる、を忘れる10分間

現代人はかなり忙しく働いている。

それに加えて、テレビや電車、ネット広告に不安を煽られて、無意識に頑張ることを増やしているのではないか。

この広告は、そこにスポットライトをあてた。

『今まで見てきた広告は、嫌われないように体裁は整えるものの、ようするに「脱毛しろ」だとか「今すぐ転職しろ」だとかを伝えているものだ。ここいらで一度「がんばる」を忘れてみてはいかがだろうか』

逆張りなメッセージが込められていたわけだ。

逆張り広告は手軽には使えないが、ハマれば大きなインパクトを残す。

もちろん「常識を覆す」だの「セオリーから外れる」そんな広告も珍しくはない。下手に使えば、失敗することもあるだろう。

しかし、当たったときの効果は大きい。

プロモーションに変化を生みたい方は、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
inouegaku01
ガクマーケティング代表、olbb株式会社 取締役。元公務員のフリーライターです。公務員時代は道路を作っていましたが、ふと始めたブログが面白くてマーケティング事業会社に転職。その後ライターとして独立し、コンテンツディレクターや、メディアの新規立ち上げのコンサルもしています。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
国内初!空港間のデジタルサイネージをネットワーク化
国内の広告

国内初!空港間のデジタルサイネージをネットワーク化

デジタルサイネージとは、ディスプレイなどを通じて情報を発信するシステムのこと。近年は、駅や電車内などいたるところでデジタルサイネージ広告が展開されるようになった。今回は、空港間のデジタルサイネージネットワークを利用し...
大阪メトロをNTTドコモレッドハリケーンズ大阪がジャック!日本初の3D広告も。
国内の広告

大阪メトロをNTTドコモレッドハリケーンズ大阪がジャック!日本初の3D広告も。

電車内がラグビー場になった。 2022年1月2日から1月15日まで、Osaka Metro御堂筋線の車内にラグビー場を再現した電車が現れた。 その正体はNTTドコモレッドハリケーンズ大阪。1月7日のラグビー新リーグ「...
「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告
国内の広告

「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告

交通広告では、いかにインパクトがあり見る人の印象に残るかが重要で、その工夫の仕方も十人十色だ。 「アンメルツ」と言えば「ヨコヨコ」。CMの影響で、この2つのワードが対で脳内にインプットされている人も多いはずだ。 そん...