あなたの車に広告が!一般車両の交通広告「マイカースポンサー」とは?

あなたの車に広告が!一般車両の交通広告「マイカースポンサー」とは? 画像元:https://lp.plus-mcs.com/

車に掲載する広告といえば、バスやタクシーなどの公共交通機関がメジャーだ。

ところが、最近は「一般車両にも広告を出せる」ことをご存じだろうか。

今回は、一般ドライバーの自家用車に広告を掲載できる「マイカースポンサー」をご紹介しよう。

マイカースポンサーとは?

株式会社マイクロウェーブが運営しているサービスで、マイカースポンサーに登録したドライバーが自家用車のリアガラス(車の後ろにある窓ガラス)に、広告ステッカー貼って街中を走り宣伝する。

一般車両だから、今までの公共交通機関では入れなかったスーパーや職場の駐車場まで、様々な場所にアプローチできるのが魅力だ。

金額は掲載台数や掲載期間にもよって異なるが、およそ30万円〜となっている。

バスに広告を掲載する場合と比較してみると、少し高額あるいは同程度の単価感だ。(掲載台数などによって大きく異なるので、単純な比較はできない)

ドライバーのフィルターによる効果向上が見込める

画像引用:https://lp.plus-mcs.com

マイカースポンサーの面白い点が、運転手にフィルターをかけられる点だ。

例えば、職業:専業主婦、年齢:30歳、車種:ワゴン車などと指定すれば、だいたい家族構成3〜4人の女性ドライバーに当たるだろう。

送り迎えなどで学校の駐車場に駐める機会が多いだろうから、こども向け商品の広告に……なんてターゲティングが可能なのだ。

「そんなに細かくフィルターをかけられるの?」と心配に思うかもしれないが、マイカースポンサーのドライバーとして登録するには、名前・週間運転頻度・性別・年齢・職業・車の色・車種・運転する時間帯……など非常に細かい情報の入力が必須となっている。細かいフィルタリングも十分可能だ。

免許証の色でフィルターをかけることもでき、安全運転のゴールド免許ユーザーだけに出稿すれば、事故によるイメージダウンを避けることも可能だ。

車に貼り付けるステッカーのサイズは、10cm四方の小さいサイズから、最大A4サイズまで用意されている。

マイカースポンサー公式サイトから無料で資料をダウンロードできるので、気になる方はぜひご覧いただきたい。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
inouegaku01
ガクマーケティング代表、olbb株式会社 取締役。元公務員のフリーライターです。コンテンツディレクターや、メディアの新規立ち上げのコンサルもしています。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
喫煙所専用広告!?「場所で狙う」広告戦略を活用しよう
国内の広告

喫煙所専用広告!?「場所で狙う」広告戦略を活用しよう

広告を「出す場所」は深く考えなければならない。 たとえば、若い人向けのカフェのチラシを置くなら、パチンコ屋よりは、大学などに置かせてもらうほうが、ずっと効果が高いだろう。 こういった一工夫で、広告の効果が何倍に、ひょ...
Netflixはコンテンツもコミュニケーションもはずさない。Netflixの広告事例
国内の広告

Netflixはコンテンツもコミュニケーションもはずさない。Netflixの広告事例

Netflixのコンテンツはいつもとても充実している。 更新されるものは全てはずさないし、ちょこちょこ値上がりしていることも気にならないほど、利用者としては満足している。 Netflixの利用者が継続して存在し続けて...
テレワーク用個室も広告媒体に!生活空間との接点づくりが認知の鍵
国内の広告

テレワーク用個室も広告媒体に!生活空間との接点づくりが認知の鍵

コロナ禍になりテレワークが浸透し始め、駅構内やビルの一角などあらゆる所にテレワーク用個室ができ始めた。 今となっては大して気にならないが、出はじめた当初は「どうやって使うものなのか」とそわそわしていたことも記憶に新し...