近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告

近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告 画像元:https://www.advertimes.com/20220208/article376349/

日ごろ、どれくらいの人が集中して広告を見ているだろう。

ひとつの景色として見ている人。デザインを見ている人。キャッチコピーを読んでいる人。広告の内容をじっくりと呼んでいる人。…

広告への接し方は人それぞれだということが分かる。

日本経済新聞社が日経電子版のプロモーションで展開した交通広告は、そのいずれの内容もカバーする広告となった。

読むと「パフォーマンス」アップ??

日本経済新聞社は年末年始にかけて主要駅で交通広告を展開した。

「初割」のキャンペーンとして、“パフォーマンスを上げるためのルーティン”のサービスの魅力を訴求。

その広告がこちら。

【画像参照】https://www.advertimes.com/20220208/article376349/

遠くで見ると「パフォーマンスルーティン」、近くで見ると「パフォーマンスアップの情報」が書かれている。

ルーティン化させることで、ユーザーのニーズを拡大させることができる日経電子版ならではの訴求の仕方となった。

新年になにか新しいルーティンをはじめようと思っている人の心にスっと入ってくるような広告は、年末年始の広告展開にはふさわしい。

広い主要駅の交通広告だからこそ

ひと通りの多い主要駅の交通広告だからこそ、デザインとしてもメッセージとしても発信できる作品となった。

これが仮に狭い空間であれば、広告物を俯瞰的に見ることができず本当に伝えたいメッセージが伝わらなかったかもしれない。

日経電子版は、同タイミングに渋谷駅で「閉じてく自分を、広げ続ける」というコピーでU23割のシート広告も展開。

【画像参照】https://space-media.jp/news/detail/3268/

若者のビジュアルと、尖ったキャッチコピーと文章が渋谷駅の広告枠を埋めた。

若者が多い渋谷駅だからこそ、発信力を持つ広告となり、つい立ち止まって目をやった若者も多いに違いない。

広告自体もTPOを意識した展開が功を奏する時代に突入している。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
hagiyuka39
住むところは中国地方や関西など、全国各地を転々と暮らすWebライター。温泉メディア、女性メディアなどで執筆中。特技はマラソンでフルマラソン3時間ギリの記録をもつ

「国内の広告」 の記事

国内の広告
世の中を笑顔にするエイプリルフールの広告まとめ
国内の広告

世の中を笑顔にするエイプリルフールの広告まとめ

4月1日は1年に1度のエイプリルフール。 今年はどんな嘘をつこうかと、この歳になってもワクワクしてしまう自分がいる。 エイプリルフールの嘘は、人々の間でやり取りされているものだけとは限らない。 過去に企業が展開したエ...
屋外広告の視聴数がわかる位置情報ビッグデータ活用プラットフォームが登場
国内の広告

屋外広告の視聴数がわかる位置情報ビッグデータ活用プラットフォームが登場

「1日何人が、うちの看板を見たのだろう」 「あの通りに看板を出すと、どれくらいの人が見るだろうか」 と、気になることはないだろうか。 屋外広告の弱点として、細かい効果計測ができないところがある。しかし、この弱点を解消...
【2022年度版】ホテルの空きスペースで収益化!活用事例6選
国内の広告

【2022年度版】ホテルの空きスペースで収益化!活用事例6選

コロナの影響もあり、ホテルなどの宿泊施設で空きスペースが目立ちつつある。 せっかく心地よく快適に滞在できるホテルという空間の空きスペースを活用し、収益化している事例も増えてきている。 ここでは、ホテルの空きスペースで...