【クイズ】これ何の広告?学生の「地毛証明書」にフォーカスした広告の正体

【クイズ】これ何の広告?学生の「地毛証明書」にフォーカスした広告の正体

学生のころ、茶髪は許されなかった。

当時は疑問には思っていなかったが、染めずとも髪が茶色い女性は「地毛証明書」を提出していた。

しかし、よくよく考えれば「地毛証明書」とは矛盾を抱えた制度である。染めた茶色はNGで、染めた黒色ならOKなのか。そもそも、なぜ黒しか認めないのか。

そんななか、話題になった広告がある。

「この髪どうしてダメですか?」という鮮烈なキャッチコピーで、髪にまつわる校則にスポットライトあてた。

画像引用:https://twitter.com/HEISEI_love_bot/status/1485144784218259461

さて問題だ。この広告は、どこの誰が作ったものだろう。

「この髪どうしてダメですか?」

画像引用:https://twitter.com/HEISEI_love_bot/status/1485144784218259461
画像引用:https://twitter.com/HEISEI_love_bot/status/1485144784218259461
画像引用:https://twitter.com/HEISEI_love_bot/status/1485144784218259461

ヒントは4つめの画像に隠されている。

……タイムアップ!

正解は「パンテーン」の広告だ。髪にこだわりのない人でも、シャンプーのCMで見たことがあるだろう。

ようするにこれは、ブランディング広告だ。

パンテーンのブランドフィロソフィーには「あなたらしい髪の美しさを通して、すべての人の前向きな一歩をサポートする」という哲学がある。

「この髪どうしてダメですか?」という広告は、学生にも自分らしい髪の美しさがあって良いのでは、と社会に投げかけ、それに共感する学生あるいは親に、パンテーンというブランドを宣伝するための広告である。

パンテーン公式サイトには、この広告にまつわる、YouTube動画も公開されている。地毛証明書に疑問をもった事がある方は、ぜひご覧いただきたい。パンテーン公式サイト

社会への問題提起を代弁する

この広告は、各種SNSで大いに話題となった。ブランド広告としては、大成功と言えるだろう。

さまざまなニュースメディアでも取り上げられ、地毛証明書について、盛んな議論が自然発生的に交わされるきっかけとなった。

ユーザーに成り代わり、大きな声をあげる。そういった広告は、多くの支持・共感を勝ち取りやすいようだ。

先日筆者が書いた『「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告』という記事でも、逆説的に、社会へ問題提起をしていた。

広告の手法は様々だ。売りたいものを宣伝するだけでなく、企業ごと好きになってもらおう。そんな戦略も、時にはありかもしれない。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
inouegaku01
ガクマーケティング代表、olbb株式会社 取締役。元公務員のフリーライターです。公務員時代は道路を作っていましたが、ふと始めたブログが面白くてマーケティング事業会社に転職。その後ライターとして独立し、コンテンツディレクターや、メディアの新規立ち上げのコンサルもしています。

「国内の広告」の記事

国内の広告
ロッテ「バレンタインのせいにして。」スマホ視聴最適、縦型動画ショートムービーを展開
国内の広告

ロッテ「バレンタインのせいにして。」スマホ視聴最適、縦型動画ショートムービーを展開

従来バレンタインデーと言えば、「好きな人に想いを届ける日」「手作りチョコレートを作る日」 例年「Ghana」チョコレートで、バレンタインらしいキャンペーンを実施してきた。しかし、今年は固定観念に囚われずもっと自由にバ...
わたしに合うコスメとの出会いビューティーボックスの紹介!
国内の広告

わたしに合うコスメとの出会いビューティーボックスの紹介!

美意識の高い男性にも支持されている。わたしに合うコスメ選びに重宝するサンプリングボックス。 美を追求するためにとても便利なコスメサンプリングを詰め合わせたボックスがある。目的からビューティーボックスともいわれる。 ビ...
広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える
国内の広告

広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える

全てがブロックチェーン上で完結する、まさにDXの全盛期に突入してきている気がする。 私自身も然り、一定数デジタル弱者がいる中でもその世の中の盛り上がりはなんとなくふつふつと感じられるレベルにまで達してきている。 そん...