印刷ミスのポスターが掲載?早稲田大学サークル募集広告が話題

印刷ミスのポスターが掲載?早稲田大学サークル募集広告が話題

せっかくの広告ポスターなのに、印刷を大失敗してしまった!
そんな事例をご紹介しよう。

画像引用:https://twitter.com/OK_ADAD/status/1120972098095075328

「印刷データを間違えて送ってしまって、僕の証明写真が掲載されました」

画像引用:https://twitter.com/OK_ADAD/status/1120972098095075328
画像引用:https://twitter.com/OK_ADAD/status/1120972098095075328

こちらは2019年、東京メトロ早稲田駅に掲載された広告だ。

大きな余白に、証明写真が一枚だけ添付されている見た目に、多くの注目を集めた。

もちろん本当に間違えたのではなく、これは演出。

早稲田大学 東北学生稲門会というサークルの新規入会を募集する広告だ。

サークルの認知や、入るきっかけになるのはSNSの投稿ではないか? そう考えた広告主が、「ミスしちゃいました」系の可愛い自虐ツイートをしてみようと思い立ち、この証明写真広告が生まれた。

思惑は大当たりで、たった1枚だけ掲載されたポスターだったが、SNSを中心に話題に。

Twitterでは30万いいねと大反響であった。(2022年2月現在)

その後のインタビューでは、「東北学生稲門会(サークル)に入った人も4倍くらいに増えた」とのことで、大成功を収めている。

“オカダダイキ”という1人の人間として。 – .News
今回インタビューするのは、早稲田王2020決定戦に出場する、オカダダイキ🔥さんです。そもそも私がオカダさんを知ったのは、ある1本のツイートです。
news.sodai.online

ポスター広告とSNSの掛け合わせ

面白いのは、たった1枚のポスターが、全国規模で、多くの人に注目されたことだ。

ポスターを30万人以上に見てもらうのは、とても難しい。

よっぽど一等地に張り出すか、あるいは大変な枚数を掲載しないといけない。当然お金もかかる。

しかし「証明写真広告」は、たった1枚のポスターをSNSで拡散させることで、30万人以上に見られる広告となった。

SNSと親和性のある、飲食・美容業界では、こういった戦略も有効かもしれない。

ちなみに、先のインタビューでは『広告代理店の方から「間違えて掲出したってどういうことだ!なんどもデータについて確認したでしょ!』と連絡があり、反省文を書いたというオチまで完璧だ。

「ミスしちゃいました」風はインパクトが強すぎるので、反省文を書きたくない方は、証明写真ではない方法で考えてみよう。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
inouegaku01
ガクマーケティング代表、olbb株式会社 取締役。元公務員のフリーライターです。コンテンツディレクターや、メディアの新規立ち上げのコンサルもしています。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
どこもかしこもチェンソーマン街をジャックしたチェンソーマンの広告が話題に
国内の広告

どこもかしこもチェンソーマン街をジャックしたチェンソーマンの広告が話題に

話題のアニメはOA間近になるとさまざまな広告やメディアに露出し、世の中全体がざわめく傾向にある。 2022年10月11日に放送開始となったアニメ『チェンソーマン』は、少年ジャンプでも連載された人気アニメ。コミックス計...
検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に
国内の広告

検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に

2022年の2月7日から、JR山手線渋谷駅に、日本テレビの広告が掲載される。 謎を解くことで、秘密の情報がわかる「謎解き広告」だ。 この謎、解けるだろうか。 田中麻理鈴って誰? こういった事務文書がでかでかと掲載され...
「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告
国内の広告

「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告

バンダイのガシャポンは業界シェア率1位を誇るが、正式名称を知っている人は4%に過ぎない。そこでバンダイがガシャポンの知名度を上げるために打ち出した自虐風広告が話題を集めている。 わずか4%の人にしか認知されていないガ...