渋谷・宮益坂下に巨大7面デジタルサイネージ広告が新登場!

渋谷・宮益坂下に巨大7面デジタルサイネージ広告が新登場! 画像元:https://www.hit-ad.co.jp/20220414NewsRelease.html

2022年末4月末より、渋谷・宮益坂下エリアで新しいデジタルサイネージ広告がはじまる。

全部で7面の超巨大広告だ。

今回は株式会社ヒットが設置した屋外広告「シンクロ7シブヤヒットビジョン」についてご紹介する。

7面がシンクロする巨大屋外広告

宮益坂下バスターミナル付近より(イメージ) 画像引用:https://www.hit-ad.co.jp/20220414NewsRelease.html

「シンクロ7シブヤヒットビジョン」は、3つのビルにあわせて7面のデジタルサイネージを設置する広告だ。

7面分の面積を合計すると約815m2となり、これはバスケットボールコート約2面分のサイズになる。写真をみるとわかるように「L字」に設置されている部分もある。今話題の「3D屋外広告」にも対応し、迫力満点だ。

また、「シンクロ7シブヤヒットビジョン」は単に7面あるだけでなく、それぞれが連動した「7面シンクロ放送」ができるのが魅力である。「キャラクターが3つのビルを移動しながら、商品を紹介する」なんて広告も夢ではない。

認知拡大・ブランディング効果に期待

「シンクロ7シブヤヒットビジョン」は3つのビルに設置すること、そしてその大きさから、渋谷周辺の広い範囲から視認できる。

スクランブル交差点やハチ公前広場などの渋谷駅西側エリア、宮益坂や渋谷ヒカリエなどの渋谷駅東側エリアのみならず、渋谷警察署のある渋谷駅南側エリアからも視認することが可能です。

(株式会社ヒット公式サイトのニュースリリースより引用)

https://www.hit-ad.co.jp/20220414NewsRelease.html

若者が多いイメージがある渋谷駅周辺だが、実際はビジネスマンも多い。特定のターゲットに狙って広告を配信するのではなく、幅広い年齢層に認知を拡大するなら効果的だ。

屋外広告は信号の待ち時間やちょっとした移動中でも目に留まる。毎日の通勤・通学で1回見られるだけでも、繰りかえし見られることでブランディングは作られていく。

「シンクロ7シブヤヒットビジョン」の認知拡大・ブランディングに注目だ。

株式会社ヒット公式ホームページはこちら

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
inouegaku01
ガクマーケティング代表、olbb株式会社 取締役。元公務員のフリーライターです。公務員時代は道路を作っていましたが、ふと始めたブログが面白くてマーケティング事業会社に転職。その後ライターとして独立し、コンテンツディレクターや、メディアの新規立ち上げのコンサルもしています。

「国内の広告」の記事

国内の広告
明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。
国内の広告

明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。

昨年、“受験生あるある”を切り口とした受験生応援広告が話題になったことを覚えている人も多いだろう。 渋谷駅前に大きく掲出された「墾田永年私財法」の文字は、インパクトの大きさやメディアに多数映り込んだことからも話題を集...
撮影済みの動画内に直接広告を挿入!AIを活用した新たな広告スタイルとは?
国内の広告

撮影済みの動画内に直接広告を挿入!AIを活用した新たな広告スタイルとは?

テレビドラマや映画に実在の企業や商品などを登場させて宣伝効果を狙う「プロダクト・プレイスメント」。近年はデジタル技術の発展に伴い、新たな広告配信の形が確立されつつある。はたしてどのような進化を遂げているのか。最新の広...
広がる、空きスペースの有効活用
国内の広告

広がる、空きスペースの有効活用

空きスペースがスポットライトを浴びる時代に突入している。 世の中はシェアすることを好み、無駄なものを排除することでよりミニマムな暮らしを求める声が多くなった。 そんな中で生まれた空きスペースが決して世の中の蛇足になる...