渋谷・宮益坂下に巨大7面デジタルサイネージ広告が新登場!

渋谷・宮益坂下に巨大7面デジタルサイネージ広告が新登場! 画像元:https://www.hit-ad.co.jp/20220414NewsRelease.html

2022年末4月末より、渋谷・宮益坂下エリアで新しいデジタルサイネージ広告がはじまる。

全部で7面の超巨大広告だ。

今回は株式会社ヒットが設置した屋外広告「シンクロ7シブヤヒットビジョン」についてご紹介する。

7面がシンクロする巨大屋外広告

宮益坂下バスターミナル付近より(イメージ) 画像引用:https://www.hit-ad.co.jp/20220414NewsRelease.html

「シンクロ7シブヤヒットビジョン」は、3つのビルにあわせて7面のデジタルサイネージを設置する広告だ。

7面分の面積を合計すると約815m2となり、これはバスケットボールコート約2面分のサイズになる。写真をみるとわかるように「L字」に設置されている部分もある。今話題の「3D屋外広告」にも対応し、迫力満点だ。

また、「シンクロ7シブヤヒットビジョン」は単に7面あるだけでなく、それぞれが連動した「7面シンクロ放送」ができるのが魅力である。「キャラクターが3つのビルを移動しながら、商品を紹介する」なんて広告も夢ではない。

認知拡大・ブランディング効果に期待

「シンクロ7シブヤヒットビジョン」は3つのビルに設置すること、そしてその大きさから、渋谷周辺の広い範囲から視認できる。

スクランブル交差点やハチ公前広場などの渋谷駅西側エリア、宮益坂や渋谷ヒカリエなどの渋谷駅東側エリアのみならず、渋谷警察署のある渋谷駅南側エリアからも視認することが可能です。

(株式会社ヒット公式サイトのニュースリリースより引用)

https://www.hit-ad.co.jp/20220414NewsRelease.html

若者が多いイメージがある渋谷駅周辺だが、実際はビジネスマンも多い。特定のターゲットに狙って広告を配信するのではなく、幅広い年齢層に認知を拡大するなら効果的だ。

屋外広告は信号の待ち時間やちょっとした移動中でも目に留まる。毎日の通勤・通学で1回見られるだけでも、繰りかえし見られることでブランディングは作られていく。

「シンクロ7シブヤヒットビジョン」の認知拡大・ブランディングに注目だ。

株式会社ヒット公式ホームページはこちら

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
inouegaku01
ガクマーケティング代表、olbb株式会社 取締役。元公務員のフリーライターです。コンテンツディレクターや、メディアの新規立ち上げのコンサルもしています。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...
国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?
国内の広告

国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?

グルメ系の動画を見ると、どうしても目が留まってしまう。 それが例え広告目的の動画であったとしても、私は卑しいのでスキップができない派である。 「美味しそうだな」、という消費者心理はどうしても制御できないものがあるのか...
【2023年度版】美容室の「空きスペース」活用事例6選
国内の広告

【2023年度版】美容室の「空きスペース」活用事例6選

美容室の空きスペースは方法次第ではさまざまな活用方法ができる。 美容室の空きスペースを活用した事例を紹介していきたい。 シェアサロン 美容室の空きスペースや営業時間外をシェアサロンとして活用する事例もある。 自分の店...