キッチンカーを広告に!LEDビジョンが搭載された「エンタカー」とは?

キッチンカーを広告に!LEDビジョンが搭載された「エンタカー」とは? 画像元:https://www.atpress.ne.jp/news/241748

コロナ禍でテークアウトの需要が高まる中、食品の調理設備を備えたキッチンカーが増加傾向にある。中でも注目を集めるのが、大型LEDビジョン付きの「エンタカー」だ。はたしてエンタカーにはどのようなメリットがあるのか。今回はエンタカーについて紹介する。

エンタカーとはどのような媒体?

画像元:https://www.atpress.ne.jp/news/241748

コロナ禍にあって飲食店の利用が制限される中、弁当や総菜などを販売するキッチンカーを利用したことがある方も多いのではないだろうか。とくに多くの人が集まるイベント会場では1つのキッチンカーに行列ができることも少なくない。

そんなキッチンカーをPRツールとして有効活用すべく開発されたのが、「エンタカー」である。車体の上部に大型LEDビジョンが付いていて、買いに訪れた人々に対して商品をアピールできるメリットがある。行列に並んで手持ち無沙汰となる中、目線は自然とLEDビジョンへ向かう。視認性は高く、購買意欲の促進につながるだろう。

実際、昨年広尾で行われたイベントでアニメ「チャギントン」とのコラボが実施された際、LEDビジョンでアニメの映像を流しながらコラボメニューを販売したところ、子どもたちの多くが映像に目を留め、販売促進につながったという。

エンタカーが秘める可能性とは?

画像元:https://www.atpress.ne.jp/news/241748

エンタカーの最大の特徴は空きスペースを有効活用できる点にある。車の駐車スペースがあればどこでも広告を展開できるばかりか、広告を設置する手間も不要だ。しかも撤収にも時間がかからない。

車ならではの機動性の高さもエンタカーの利点である。都市圏だけではなく地方にまで気軽に移動できるため、さまざまな場所で商品のCMを流しながらサンプリングを行ったり、商品の写真を映し出しながら商品を販売したりすることが可能だ。

使い方はまさに無限大。大型LEDビジョンとキッチン・物販スペースを兼ね備えた複合エンターテインメントツールとして、今後もあらゆる場面で活用されるだろう。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
komahiro0606
書籍の編集プロダクション勤務を経て独立。旅行好きのライター。国内外を問わず、あらゆる情報を収集し、独自の切り口で記事を執筆。生活に役立つ情報から経済、歴史、雑学までその領域は幅広い。

「その他」 の記事

その他
風呂とビールは相性がいい。銭湯跡地を活用した、日本初 銭湯ブルワリー
面白い広告

風呂とビールは相性がいい。銭湯跡地を活用した、日本初 銭湯ブルワリー

大阪府大阪市東淀川区の銭湯跡地をリノベーション 2018年に廃業してしまった御幸温泉跡地にて、クラフトビール工場をやっている会社「株式会社上方ビール」元々は銭湯でビール工場を開始しようという目的ではなく、場所を探して...
レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略
国内の広告

レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略

ファミリーマートのレジ上のスペースに徐々にデジタルサイネージが設置されつつあるのをご存じだろうか。2022年春までに3,000店舗に導入。そして3年以内に設置可能な全店舗への導入を目指しているという。今回はファミリー...
日本初! 屋外広告枠をNFT化販売。LIVE BOARDが実証実験を開始
国内の広告

日本初! 屋外広告枠をNFT化販売。LIVE BOARDが実証実験を開始

昨年、様々な場所で話題となったNFTはデジタルの世界でそのものの唯一性を担保できる技術である。その利用用途としては、デジタルコンテンツを数量限定・供給を制限して配布することが現在の主要な用途ではある。一部、リアルな世...