BMSGの謎解き広告が渋谷をジャック!隠された答えは?

BMSGの謎解き広告が渋谷をジャック!隠された答えは?

2022年6月8日~14日までの約1週間、アーティストであり音楽プロデューサーでもあるSKY-HI(日高光啓)のマネジメント&レーベルBMSGが「新章突入」とだけ書かれた屋外広告を渋谷に展開し、大きな話題を集めた。

はたしてそこにはどのような意図が秘められていたのだろうか。今回は渋谷をジャックした広告の謎に迫る。

BMSGが渋谷をジャック!

画像元:https://space-media.jp/news/detail/4094/

BMSGは2020年9月に設立されたレーベル。「才能を殺さないために。」をスローガンに掲げ、「音楽で食べていけるまでの道筋、そして売れたあとの道筋」や「アーティストとの対等な契約」など、アーティストが自分の才能を開花させられる環境づくりをモットーとしている。

BMSG所属のアーティストとしては、オーディションを通じて誕生した7人組ダンス&ボーカルグループ「BE:FIRST」の活躍が記憶に新しいところだ。

今回、BMSGが渋谷で展開した「新章突入」なる屋外広告は全11種類におよぶ。そこにはそれぞれ異なるハッシュタグが記載されており、ファンの間では何かしらのメッセージが秘められているのではないかと話題を集めた。

「新章突入」広告に秘められた意図は?

じつは、この広告は「点」で見るだけでは解読できないようになっている。それを示唆するかのように、公式のTwitterにも「俯瞰してわかることがある。」「点と点が、線になる。」という言葉とともに、広告が掲載された場所を示した地図の画像が添付された。

そして6月12日の夜、ついに謎が解明される。なんと広告が掲載された場所を地図上で結ぶと、そこに現われたには「917」という数字。

そして渋谷をジャックした広告が、9月17日におこなわれるフェスの告知であることが新かとなったのだ。

商品の特徴や発売日などの情報が記載されるのが当たり前の広告にあって、今回の謎掛け広告はファンの間でも大きな反響を呼び、「#BMSG新章突入」がTwitterのトレンド1位を記録するほどだった。

「点」ではなく「線」で展開することで1つのメッセージを伝える今回の広告は、屋外広告としての新しい形、可能性を示唆しているといえるのではないだろうか。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
komahiro0606
書籍の編集プロダクション勤務を経て独立。旅行好きのライター。国内外を問わず、あらゆる情報を収集し、独自の切り口で記事を執筆。生活に役立つ情報から経済、歴史、雑学までその領域は幅広い。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図
国内の広告

AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図

「あれ?なんで私がこの商品買ってるの知ってるの?」 「どうしてダイエットしてるのバレてるんだ…!」 Web広告のターゲティングや、動画を見ている時に出るリターゲティング広告に驚いたことがある人は今や少なくないはず。 ...
屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?
国内の広告

屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?

近年、NFT化がより注目されるようになってきた。 全てがデジタル上で完結できるような世の中に近づくにつれ、さまざまなイベントや身近なものがNFTに絡められてきているということは否めない。 デジタルのコンテンツを数量限...
広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える
国内の広告

広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える

全てがブロックチェーン上で完結する、まさにDXの全盛期に突入してきている気がする。 私自身も然り、一定数デジタル弱者がいる中でもその世の中の盛り上がりはなんとなくふつふつと感じられるレベルにまで達してきている。 そん...