レゴが創立90周年を記念して
JR山手線と丸の内エリアをジャック!

レゴが創立90周年を記念してJR山手線と丸の内エリアをジャック! 画像元:https://universal-ooh.jeki.co.jp/case_study/case_study0022/,https://mobile.twitter.com/jumpei_mitsui/with_replies

子どもから大人まで幅広い年齢層のファンを抱えるレゴグル-プが、2022年で創業90周年を迎えた。それを記念し、レゴブロックがJR山手線と丸の内エリアをジャック。今回は、その模様をご紹介する。

JR山手線がレゴブロック一色に!

画像元:https://universal-ooh.jeki.co.jp/case_study/case_study0022/

レゴ創立90周年を記念し、2022年7月16日~8月15日にかけてレゴブロックがJR山手線の1編成をジャック。中吊り広告にはレゴセットのアイデア、ドア横ポスターにはレゴシティトレインシリーズが掲載され、車内ビジョンでもレゴのCMを流すなど、車内すべての広告がレゴ一色に染まった。

合わせて「JR東日本レゴスタンプラリー」も開催。7駅のスタンプを集めてゴール店舗に指定されたNewDaysで商品を税込500円以上購入すると、「JR東日本×レゴ鉄道ではたらくミニフィギュア(全3種)」「30駅コンプリート用スタンプ帳」「JR東日本×レゴオリジナルシール」という限定レゴグッズがもらえるキャンペーンが展開された。レゴファンにとってはたまらないイベントになったのではないだろうか。

丸の内エリアもジャック

画像元:https://mobile.twitter.com/jumpei_mitsui/with_replies

一方、丸の内エリアでは8月15日から9月11日にかけて「レゴフェスティバル in Marunouchi」を開催。丸ビル1階のマルキューブには、日本人で唯一レゴ認定プロビルダーとなった三井淳平氏がレゴブロックを使って制作した高さ約1.5mの丸ビルなどが展示された。

そのほか、レゴシティやレゴスーパーマリオシリーズなどの人気商品を購入できるポップアップストア、レゴディズニープリンセスフォトスポットなどが展開され、まさに丸の内はレゴ一色。「この夏、丸の内が遊び場になる」という謳い文句どおり、多くのレゴファンで賑わいを見せた。

TwitterやInstagramといったSNS上でも「レゴでできた丸ビルは圧巻!」「楽しいイベントだった」と盛り上がりを見せ、改めてレゴ人気の高さをうかがわせてくれるアニバーサリーイベントとなった。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
komahiro0606
書籍の編集プロダクション勤務を経て独立。旅行好きのライター。国内外を問わず、あらゆる情報を収集し、独自の切り口で記事を執筆。生活に役立つ情報から経済、歴史、雑学までその領域は幅広い。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
【2022年版】コインランドリーの空きスペースで収益化!活用事例6選
国内の広告

【2022年版】コインランドリーの空きスペースで収益化!活用事例6選

大物な布団を洗濯したり、外出先の洗濯ができたりと便利なコインランドリー。 空いたスペースを使いコインランドリービジネスを始める業者も増えてきている。 コインランドリーでは「洗濯機や乾燥機を置くだけではどうしてもスペー...
クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは
国内の広告

クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは

ふと目にするような数々の広告の中にも、実はメーカーのブランディング戦略担当の想いと同時にさまざまな仕掛けが隠れている。 何の気なしに見かける広告には、どのような意味があり、なぜそこに広告が出されているのかを考えてみる...
電車広告の種類・費用の相場とは?
国内の広告

電車広告の種類・費用の相場とは?

通勤や通学、旅行など、移動手段として欠かせない電車。 ふと目に留まる電車広告は、多くの人に認知されやすくその効果は絶大でさまざまな企業がプロモーションに活用している。 視認性も高く、自然の流れで認知させるにはおすすめ...