インパクト絶大!話題となった広告まとめ2022年上半期

インパクト絶大!話題となった広告まとめ2022年上半期

2022年の上半期がまもなく終了する。

今年の上半期も多くの広告が、広告という役割を果たしながら、我々を楽しませてくれた。

2022年の上半期に話題となった広告を紹介していきたい。

ちゃおちゅ~るトレイン(2022年2月)

画像元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000058165.html

ついつい口ずさみたくなる、「ちゅ~るちゅ~るちゃおちゅ~る♪」でお馴染みの、いなば食品株式会社の「CIAOちゅ~る」が、発売10周年を記念しトレインジャックをした広告が話題に。

貴重な2022年2月22日のスーパー猫の日にマッチしたことでも注目を集めた。

車内の中吊り広告からフロア広告、車内ビジョンまで、CIAOちゅ~る一色に染められる絶大なインパクト。

過去のCMに応募・出演した猫ちゃんたちの写真も掲載され、乗車客に癒しの空間を提供した。

電車を丸ごとジャックでインパクト大!「ちゅ〜る ちゅ〜るトレイン」運行 | OOH Clip
電車を丸ごとジャックでインパクト大!「ちゅ〜る ちゅ〜るトレイン」運行 | OOH Clip
日本人は記念日をつけたがる。 「記念日協会」なるものが存在するとおり、商品においても文化においても、記念日と結 2022 …
media.machisupe.com

My hair is badの巨大看板広告(2022年4月)

画像元:https://www.barks.jp/news/?id=1000217757

ロックバンド「My hair is bad」好きにはたまらない、巨大広告が話題となった。

ストリーミング配信と、ニューアルバムのPRのため、渋谷駅の周辺に巨大な屋外広告がインパクトのある歌詞の一節と共に登場した。

タワーレコード渋谷の正面や半蔵門線渋谷駅の地下コンコースには、タワレコスタッフによる超大型手書きPOP広告も掲出。

ファンの人は喜び、ファン以外の人もインパクトある歌詞にバンドに関心を寄せた人も多かったのではないだろうか。

BOSS×ウマ娘 サンスポ全面広告(2022年5月)

缶コーヒー「BOSS」とゲームの「ウマ娘プリティーダービー」がキャンペーンを展開、その訴求広告としてサンケイスポーツ新聞に掲載された全面広告が話題に。

そもそも、コラボはBOSSの商品開発担当がウマ娘にどっぷりはまっていることが発端。

そのあふれ出る愛や情熱を、なんと1万字手書きで綴ったものが新聞広告になった。

パッと見れば「公式怪文書」にも見えるその広告は、「愛の1万字広告」と称された。

キャンペーンでは、ウマ娘たちが初代から現在に至るまでの歴代ボスジャンを着用したさまざまなオリジナルコラボグッズが登場した。

Tinder NETFLIXコラボ広告(2022年2月)

画像元:https://ampmedia.jp/2022/02/20/tinder-netflix/

渋谷エリアに掲出された「Tinder」と「Netflix」のコラボ広告が話題に。

位置情報に基づいてマッチングするマッチングアプリの「Tinder」。

動画配信サービスの「Netflix」では、婚活リアリティ番組「ラブ・イズ・ブラインドJAPAN」の配信。

この両者の魅力を伝えるべく、迫力のあるコピーを広告にして表現した施策が実現した。

両者がお互いのサービスについてけんかしているようなやり取りが、見かける人々から話題を呼んだが、その後互いを称賛するような広告に張り替え仲直りのやり取りに変えるなど15種類もの広告を展開した。

U-20%得スロキャンペーン(2022年3月)

画像元:https://www.tepco.co.jp/ep/notice/pressrelease/2022/1693678_8667.html

「充レン」(モバイルバッテリーレンタルサービス)のキャンペーンのPRに渋谷駅構内に掲出されたポスター広告が話題を呼んだ。

渋谷109で開催されたイベントでは、「U-20%得スロキャンペーンイベント~回して、充たせ~」を開催。

スマートフォンの充電残量に応じて当選確率が異なり、残量が20%以下であれば、必ず景品が当たるという仕組みに。

赤黄青の目立つ色合いと、Z世代に響くポップなデザインでサービスの認知拡大と、イベント集客を実現した。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
hagiyuka39
住むところは中国地方や関西など、全国各地を転々と暮らすWebライター。温泉メディア、女性メディアなどで執筆中。特技はマラソンでフルマラソン3時間ギリの記録をもつ

「国内の広告」 の記事

国内の広告
韓国で人気の「推しの応援広告」。日本にも…
国内の広告

韓国で人気の「推しの応援広告」。日本にも…

「推し活」「推ししか勝たん」という言葉を、日々耳にするようになった。 誰しもが心の中に、推しを住まわせて暮らすようにいつからなってしまったのだろう。 しかし、日々ストレスやさまざまな葛藤と闘いながら暮らす現代人にとっ...
一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...
日本初! 屋外広告枠をNFT化販売。LIVE BOARDが実証実験を開始
国内の広告

日本初! 屋外広告枠をNFT化販売。LIVE BOARDが実証実験を開始

昨年、様々な場所で話題となったNFTはデジタルの世界でそのものの唯一性を担保できる技術である。その利用用途としては、デジタルコンテンツを数量限定・供給を制限して配布することが現在の主要な用途ではある。一部、リアルな世...