「山形県」屋外広告物ガイドライン

山形県の屋外広告物制度

山形県内において、屋外広告物を表示・設置する場合は、許可基準に合致したものにするとともに、あらかじめ山形県知事の許可を受ける必要があります。

ただし、自家用広告物などで一定の基準以内のもの、特別規制地域などで一定の基準以内のもの、その他条例で定められているものは、許可を受けることなく表示・設置できるものもあります。

詳細は、許可が必要が否かを含め、表示・設置場所を所管する総合支庁建設総務課、山形市まちなみデザイン課又は酒田市都市計画課に、事前にご相談ください。

引用元:https://www.pref.yamagata.jp/180032/kurashi/kendo/keikan/yamagatanookugaikoukokubutu/hyouji.html

「市区町村」の屋外広告物ガイドライン

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?
国内の広告

涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?

小説やマンガ、映画などのコンテンツを見て、感動のあまり思わず泣いてしまった経験のある方は多いのではないだろうか。 目が潤んで涙が溜まると、視界がぼやけるだろう。 広告のなかには、そのような涙が溢れて視界がぼやけた様子...
本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!
その他

本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!

街中に掲載される企業の広告には、自社の商品やサービスを広く世に知らしめ、ユーザーの購買意欲を高める目的がある。 しかし近年、異なる企業がまるで対話を繰り広げるかのような広告を出すケースが増え、話題を集めている。 今回...
広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える
国内の広告

広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える

全てがブロックチェーン上で完結する、まさにDXの全盛期に突入してきている気がする。 私自身も然り、一定数デジタル弱者がいる中でもその世の中の盛り上がりはなんとなくふつふつと感じられるレベルにまで達してきている。 そん...