「福島県」屋外広告物ガイドライン

福島県の屋外広告物制度

屋外広告物は、私たちの生活に必要な情報を伝え、街に賑わいをもたらす一方で、無秩序に数多く設置されれば、都市の良好な景観を損なうことになります。また、適正な維持管理が行われなければ、落下や倒壊により、人身事故の発生や道路通行の妨げとなり、公衆への危害が及ぼされることも想定されます。このような事態を防止することを目的とし、昭和24年に屋外広告物法が制定されました。

福島県では昭和61年に福島県屋外広告物条例を制定し、屋外広告物の表示等に関するルールを定めています。

引用元:https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41055a/okugaikoukokubutu.html

「市区町村」の屋外広告物ガイドライン

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

メタバース上に出現!Nikeが手掛ける初の没入型3D空間広告
面白い広告

メタバース上に出現!Nikeが手掛ける初の没入型3D空間広告

オンラインプラットフォーム Roblox(ロブロックス)内に没入型3D空間 NIKELAND(ナイキランド)をオープン メタバース上に突如出現したこの空間では、3Dアバターを操作して様々なアクティビティを楽しんだり、...
顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機
国内の広告

顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機

近年、自動販売機のIoT(インターネット・オブ・シングズ)化が推進されている。自動販売式にIoTデバイスを取り入れるメリットとは何なのか。今回は、IoT自動販売機の実態に迫る。 IoT自動販売機とは? IoTは「In...
エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?
その他

エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?

近年、防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」を設置したエレベーター数が増加傾向にある。エレベーター内で音声付きの動画広告を配信することで、月間8,000万人以上へのアプローチが可能になるという。 今...