新ドラマ「ミステリと言う勿れ」の立体広告、存在感のすごさがSNS上で話題に!

新ドラマ「ミステリと言う勿れ」の立体広告、存在感のすごさがSNS上で話題に! 画像元:https://www.advertimes.com/20220128/article375259/

2022年1月10日からフジテレビ系で放送されているドラマ「ミステリと言う勿れ」。放映に先立って実施されたプロモーションが大きな話題を集めたことでも記憶に新しい。

はたしてどのような施策がなされたのか。今回は、ドラマの宣伝のために展開された広告を紹介する。

柱を使って主人公のビジュアルを再現

ドラマ「ミステリと言う勿れ」は累計発行部数1300万部超えの人気コミックを映像化したもの。1月31日に放送された第4話の世帯視聴率は13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど好評を博している。

話題の広告が登場したのは、地下鉄丸ノ内線新宿駅のメトロプロムナード。

画像元:https://www.advertimes.com/20220128/article375259/

菅田将暉氏演じる主人公・久能整のトレードマークであるアフロヘア―やダッフルコート、マフラーが装飾された柱はまさに整そのもの。公開されるや、その圧倒的な存在感は瞬く間に注目を集め、SNS上でも拡散された。

また、整を再現した柱以外の部分には、ポスターのQRコードを読み込むとおみくじを引ける仕掛けを設置。1週間に9000回以上読み込まれたという。

広告を見た人に大きな印象を残すとともに、Webサイトを訪れるようにした仕組みは成功に終わったといえるだろう。

ポスターに実物のマフラーを設置

一方、JR京浜東北線と埼京線の車内では中づり広告の一部に実物のマフラーが設置され、こちらも話題を集めた。

東急田園都市線渋谷駅の地下にある全長25mのビッグサイネージプレミアムでは、「ミステリと言う勿れ」の特大動画を公開。菅田将暉氏の顔がアップで放映されるという、こちらもインパクト溢れる広告となった。

情報が溢れている現代社会において、たんに宣伝用のポスターを貼ったところで見てもらえる可能性は低く、また印象にも残りづらい。

原作のファンのみならず、原作をよく知らない方にもいかにして印象を残すか。

今回、ドラマ「ミステリと言う勿れ」が打ち出した存在感の強い広告は、世の人々にまちがいなく大きなインパクトを与えたことだろう。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
komahiro0606
書籍の編集プロダクション勤務を経て独立。旅行好きのライター。国内外を問わず、あらゆる情報を収集し、独自の切り口で記事を執筆。生活に役立つ情報から経済、歴史、雑学までその領域は幅広い。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観
国内の広告

バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観

メタバースが話題になっているが、仮想空間を実際の都市空間と重ね合わせたバーチャル空間も話題を集めている。 より現実に近い景色をメタバース上で再現することで、より自分ごと化し身近に物事が感じられやすく、都市全体を活用し...
社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える
国内の広告

社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える

ファッション雑誌を手掛けるSPURが創刊30周年を記念して取り組んだ広告が話題を呼んだ。社会問題をテーマに掲げ女性にとってまたジェンダーの差別を解決する糸口にもなるだろう。タブーと懸念され気軽に口することすらためらう...
AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図
国内の広告

AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図

「あれ?なんで私がこの商品買ってるの知ってるの?」 「どうしてダイエットしてるのバレてるんだ…!」 Web広告のターゲティングや、動画を見ている時に出るリターゲティング広告に驚いたことがある人は今や少なくないはず。 ...