JR東海、新CMに深津絵里33年ぶり出演。
「会うって、特別だったんだ。」

JR東海、新CMに深津絵里33年ぶり出演。「会うって、特別だったんだ。」 画像元:https://recommend.jr-central.co.jp/facetoface/

「JR東海」新CMに深津絵里が、出演した。深津がJR東海CMに出演するのは、1988年に放送された「クリスマス・エクスプレス」シリーズ第1作以来、33年ぶりだ。今回、深津が演じているのは、大阪出張を終え、東京行きの東海道新幹線に乗り込んだビジネスパーソン。CMでは、対面ならではのコミュニケーションに心が温かくなった主人公の姿を通して、キャッチコピーの「会うって、特別だったんだ。」というメッセージが表現されている。33年前のCMのキャッチコピーは「会うのが、いちばん。」

画像元:https://www.advertimes.com/20220118/article374321/

かつてのCM「クリスマス・エクスプレス」は翌年からも牧瀬里穂さん(89年)・高橋里奈さん(90年)・溝渕美保さん(91年)・吉本多香美さん(92年)を起用して制作され、時代を象徴するCMの一つになっていた。いずれもクリスマスイブに会いに行くカップルを描いた。「恋人」にスポットを当ていたが、コロナ禍を通じて、恋人はもちろん働く人たちにとっても、実は会えるって特別なことだった。とみんなが気付かされたことにより、この現状を描くべきだと思い企画したと本CMのクリエイティブ・ディレクターを務めた電通の野崎賢一氏はメッセージを残している。

引用元:https://recommend.jr-central.co.jp/facetoface/

どんな時代も変わらないのは、東海道新幹線の「会う」ことを支えるインフラとしての存在だ。そして「会う」ことの価値。それらを描くことで、働く人の応援になればと願い、企画やコピーをつくったと野崎氏は話す。

企画・表現方針として、野崎氏が「会う」というテーマに向き合うときに決めたのは、いまの時代の空気をできるだけドキュメンタリーで描くことだったという。

カメラマンは、瀧本 幹也さん。広告写真をはじめ、グラフィック、エディトリアルワーク、作品制作、コマーシャルフィルム、映画などの幅広い分野の撮影を手がけている。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
kobayashi-misaki
新卒でCM制作会社に就職するものの、撮影現場でテキパキ動けず、生粋の酒好きを生かし打ち上げ担当に。。広告業界で、転職を何度か繰り返し現在に至る。昭和酒場ラブ。マイブームはサウナと筋トレ

「国内の広告」 の記事

国内の広告
一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...
「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に
国内の広告

「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に

普通に道を歩いているときに、前から歩いてくる人にぶつかられそうになったことがとても増えた。 コロナで不況が続き気分も落ち込む中、みんな無意識に下を向いて歩きがちになったのかもしれない。 広告の枠も変わってきていて、今...
だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告
国内の広告

だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告

毎年癖の強い広告を展開して話題を集めているKINCHO。今年は日を追うごとにサイズが小さくなっていく新聞広告が大きな反響を呼んだ。今回はだんだん小さくなるKINCHOの新聞広告をご紹介する。 小さくなりすぎて逆にツッ...