【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始

【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始 画像元:https://mag.tecture.jp/business/20210712-34175/

2月22日「猫の日」を記念して、新宿駅 東口前の「3D猫広告」に新作が登場した。

可愛らしくも、迫力ある映像だ。
現地までいけない人のために、当記事でもご紹介しよう。

落とさないで!

クロス新宿ビジョン(運営:株式会社クロススペース)は、猫の日 記念企画として、2種類の新作広告をリリースした。まずはその1つをご紹介する。

「落下バージョン」としてリリースされた広告だ。

猫がディプレイの裏をうろうろして、落とすか落とさないか……を見守っているうちに、結局落としてしまう。猫を飼ったことがある人なら「あるある」な微笑ましい光景である。

可愛いだけではない。現地でみれば迫力満点だ。

屋上(4階相当)にある、高さ8.16m、幅18.96mの巨大ディスプレイから、物が落ちてくるかもしれないのだ、ハラハラして見守った人も多いだろう。

次に「すりすりバージョン」をご覧いただこう。

こっちは落とさない。
しかし、猫の愛くるしさと、なんだかんだ落としそうなので、最後まで見てしまう。

この2種類の新作広告をそろえた「完全版」は、2022年2月22日の猫の日から配信されている。

新宿駅 東口に寄ることがあれば、落とさないか見守っていただきたい。

3D猫とコラボしやすくなりました

実は、3D猫広告の映像制作には、数百万かかる。

これまで運営会社まで「コラボしたい」との問い合わせがあっても、高額な制作費と、コラボのアイデアをまとめるのが、大きなハードルになっていたようだ。

そこで作られたのが、新作の「落下バージョン」と「すりすりバージョン」である。

3Dの中に、2Dのディスプレイがあるため、広告主は2Dの動画を作れば良い。プレスリリースによると「数十万円の低予算で作成できます」とのこと。

手を出しやすい金額になったので、気になる方は、ぜひコラボしてみてはいかがだろうか。

「猫の日」記念第二弾!新宿の新名所、クロス新宿ビジョンにて、3D巨大猫の新作『ディスプレイ編』が2月 ...
「猫の日」記念第二弾!新宿の新名所、クロス新宿ビジョンにて、3D巨大猫の新作『ディスプレイ編』が2月 …
株式会社クロススペースのプレスリリース(2022年2月22日 12時08分)[猫の日]記念第二弾!新宿の新名所、クロス新 …
prtimes.jp

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
inouegaku01
ガクマーケティング代表、olbb株式会社 取締役。元公務員のフリーライターです。コンテンツディレクターや、メディアの新規立ち上げのコンサルもしています。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
駄菓子のオマケが広告に!?見る角度でかわる広告に驚愕
国内の広告

駄菓子のオマケが広告に!?見る角度でかわる広告に驚愕

突然だが、この画像を見ていただきたい。 Twitterで16万リツイートされた、話題の広告だ。 2022年の1月、東大前駅に掲載された「明治R-1」の広告である。 受験シーズンということで、東大へ向かう受験生を応援す...
涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?
国内の広告

涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?

小説やマンガ、映画などのコンテンツを見て、感動のあまり思わず泣いてしまった経験のある方は多いのではないだろうか。 目が潤んで涙が溜まると、視界がぼやけるだろう。 広告のなかには、そのような涙が溢れて視界がぼやけた様子...
先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。
国内の広告

先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。

未曾有のウイルスによって私たちの生活はこの1~2年で大きく変わった。 外出もできず、広告を行うこともなんとなく躊躇われた時期もあった。 だけど、そんな時期だったからこそ前向きな、メッセージ性の強い広告がたくさん生まれ...