【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始

【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始 画像元:https://mag.tecture.jp/business/20210712-34175/

2月22日「猫の日」を記念して、新宿駅 東口前の「3D猫広告」に新作が登場した。

可愛らしくも、迫力ある映像だ。
現地までいけない人のために、当記事でもご紹介しよう。

落とさないで!

クロス新宿ビジョン(運営:株式会社クロススペース)は、猫の日 記念企画として、2種類の新作広告をリリースした。まずはその1つをご紹介する。

「落下バージョン」としてリリースされた広告だ。

猫がディプレイの裏をうろうろして、落とすか落とさないか……を見守っているうちに、結局落としてしまう。猫を飼ったことがある人なら「あるある」な微笑ましい光景である。

可愛いだけではない。現地でみれば迫力満点だ。

屋上(4階相当)にある、高さ8.16m、幅18.96mの巨大ディスプレイから、物が落ちてくるかもしれないのだ、ハラハラして見守った人も多いだろう。

次に「すりすりバージョン」をご覧いただこう。

こっちは落とさない。
しかし、猫の愛くるしさと、なんだかんだ落としそうなので、最後まで見てしまう。

この2種類の新作広告をそろえた「完全版」は、2022年2月22日の猫の日から配信されている。

新宿駅 東口に寄ることがあれば、落とさないか見守っていただきたい。

3D猫とコラボしやすくなりました

実は、3D猫広告の映像制作には、数百万かかる。

これまで運営会社まで「コラボしたい」との問い合わせがあっても、高額な制作費と、コラボのアイデアをまとめるのが、大きなハードルになっていたようだ。

そこで作られたのが、新作の「落下バージョン」と「すりすりバージョン」である。

3Dの中に、2Dのディスプレイがあるため、広告主は2Dの動画を作れば良い。プレスリリースによると「数十万円の低予算で作成できます」とのこと。

手を出しやすい金額になったので、気になる方は、ぜひコラボしてみてはいかがだろうか。

「猫の日」記念第二弾!新宿の新名所、クロス新宿ビジョンにて、3D巨大猫の新作『ディスプレイ編』が2月 ...
「猫の日」記念第二弾!新宿の新名所、クロス新宿ビジョンにて、3D巨大猫の新作『ディスプレイ編』が2月 …
株式会社クロススペースのプレスリリース(2022年2月22日 12時08分)[猫の日]記念第二弾!新宿の新名所、クロス新 …
prtimes.jp

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
inouegaku01
ガクマーケティング代表、olbb株式会社 取締役。元公務員のフリーライターです。公務員時代は道路を作っていましたが、ふと始めたブログが面白くてマーケティング事業会社に転職。その後ライターとして独立し、コンテンツディレクターや、メディアの新規立ち上げのコンサルもしています。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
新宿に巨大猫「キャジラ」出現!?
国内の広告

新宿に巨大猫「キャジラ」出現!?

巨大猫の正体は… 突如、新宿駅東口に現れた歩行者を見下ろす巨大猫が世界で話題になっている。これは「クロス新宿ビジョン」という150㎡超級では国内唯一、4K相当画質の大型街頭ビジョンだ。通常放映の合間に、2021年7月...
屋外広告の視聴数がわかる位置情報ビッグデータ活用プラットフォームが登場
国内の広告

屋外広告の視聴数がわかる位置情報ビッグデータ活用プラットフォームが登場

「1日何人が、うちの看板を見たのだろう」 「あの通りに看板を出すと、どれくらいの人が見るだろうか」 と、気になることはないだろうか。 屋外広告の弱点として、細かい効果計測ができないところがある。しかし、この弱点を解消...
AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図
国内の広告

AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図

「あれ?なんで私がこの商品買ってるの知ってるの?」 「どうしてダイエットしてるのバレてるんだ…!」 Web広告のターゲティングや、動画を見ている時に出るリターゲティング広告に驚いたことがある人は今や少なくないはず。 ...