検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に

検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に

2022年の2月7日から、JR山手線渋谷駅に、日本テレビの広告が掲載される。

謎を解くことで、秘密の情報がわかる「謎解き広告」だ。

この謎、解けるだろうか。

画像引用:https://space-media.jp/news/detail/3447/

田中麻理鈴って誰?

こういった事務文書がでかでかと掲載されてしまうと、サラリーマンなら気になってしまうもので、ついつい読んでしまう。

「入社辞令」と「田中麻理鈴って誰?」という、インパクトもたっぷりで、SNSで話題になった。

さて、実際の謎解き部分であるが、ネタバレしない程度に見ていこうと思う。

まずは誘導されるがままに、「田中麻理鈴って誰?」で検索してみよう。ちなみに、こう書いて「たなか まりりん」と読む。

すると、とあるサイトが見つかる。(田中麻理鈴って誰?

中を見てみると、例の入社辞令があるはずだ。このページに謎が隠されている。

画像引用:https://www.ntv.co.jp/whoismaririn/

ページの下部には「不必要なカタカナ3文字に注視せよ!」とのこと。

この先は、ぜひご自分の力で解いてみていただきたい。

検索させる屋外広告

この駅広告の面白いところは、広告1つで完結しないところにある。
これをみたユーザーが、検索して始めて効果のある広告なのだ。

もちろん1手間を加える分「集客」という面で最適解とは断言できないが、「印象」という面では効果があるだろう。

マーケティングの業界では、客は広告を読まない・信じない・行動しない、と言われる。確かに、日常生きている上では、広告をしっかり最後まで読むことはまずない。

しかし、広告なのに、何も訴求してないというのは、やはり気になって見てしまう。
人間は、ことなる2つの事実がそう反していると、どうしても気になって調べる。

たとえばクレープやの新店舗がオープンするなら「クレープなのに●●って何?」といった具合だ。他にも応用できるかもしれない。

検索して訪れるユーザーに「なるほど」と知的欲求を満足させれば、それだけで、店舗との心の距離感は縮まるだろう。

新しい広告の可能性、次のアイデアに繋がれば嬉しい。
ひとまず、謎解きを片づけてから。

田中麻理鈴って誰?

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
inouegaku01
ガクマーケティング代表、olbb株式会社 取締役。元公務員のフリーライターです。公務員時代は道路を作っていましたが、ふと始めたブログが面白くてマーケティング事業会社に転職。その後ライターとして独立し、コンテンツディレクターや、メディアの新規立ち上げのコンサルもしています。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
電柱広告とは?メリットや料金を解説!
国内の広告

電柱広告とは?メリットや料金を解説!

街中を歩いている際に、電柱に巻きつけられた広告を見たことがある人は多いだろう。電柱広告は屋外広告の一種で、一般的には歩行者や車の運転手を目的地へと誘導する役割を果たす。今回は、そんな電柱広告のメリットや料金について解...
喫煙所専用広告!?「場所で狙う」広告戦略を活用しよう
国内の広告

喫煙所専用広告!?「場所で狙う」広告戦略を活用しよう

広告を「出す場所」は深く考えなければならない。 たとえば、若い人向けのカフェのチラシを置くなら、パチンコ屋よりは、大学などに置かせてもらうほうが、ずっと効果が高いだろう。 こういった一工夫で、広告の効果が何倍に、ひょ...
近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告
国内の広告

近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告

日ごろ、どれくらいの人が集中して広告を見ているだろう。 ひとつの景色として見ている人。デザインを見ている人。キャッチコピーを読んでいる人。広告の内容をじっくりと呼んでいる人。… 広告への接し方は人それぞれだということ...