応援広告知ってる?BTS 8周年の応援広告事例!

応援広告知ってる?BTS 8周年の応援広告事例! 画像元:https://www.btspurpleyou.com/festa-2021-family-portrait-1/
画像元:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2169044

ファンが作り上げる広告

応援広告発祥の地である韓国でデビューし、今や全世界で爆発的な人気を巻き起こしているBTS。
彼らを応援するファンは「ARMY」と呼ばれ、韓国ではARMY同士が実社会やSNSを通じて繋がり、メンバーの誕生日や楽曲リリース等の記念日をお祝いするのが一般的になっている。

画像元:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2169044

本場韓国では『センイル(誕生日)広告』と呼ばれ、駅や商業施設などで広く利用されている。日本語で応援メッセージが記載された応援広告が韓国で見かけられるなど、韓国のアイドルへの応援広告を中心に日本人にも利用されだしている新しい広告手法の1つだ。韓国ではARMY同士が有志で資金を集め、応援広告を掲出したりイベントを実施したりといった応援活動が当たり前であるが、日本ではまだ応援広告の認知がされていない現状がある。

ソウル HYBE社屋周辺の応援広告が熱い。

BTSが所属している芸能事務所「HYBE(旧:Big Hit Entertainment)」周辺をはじめ、明洞・三成・合井・弘大入口・建大入口の駅周辺にある街灯バナーや大画面でのビジョン広告が大人気だ。

応援広告は企業ではなく個人が広告出稿を行う広告手法だが、最近では企業が出稿する従来の広告物と同じく多くの広告媒体へ広告出稿ができるようになっている。もちろん広告媒体がより多くの人にリーチできる大型な媒体になれば、その分必要な費用も大きくなるが、応援広告は個人が広告出稿を行う広告手法であり個人・企業で広告出稿に必要な費用に大きな違いはない。

比較的安価なものであればカフェスペースなどを利用したカップホルダー広告が人気で、最近では大型ビジョンや新聞紙面なども応援広告に利用されている。

増加傾向のセンイル広告、億単位に!

画像元:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2169044

こうしたセンイル広告の市場規模は年々増加しており、ソウル交通公社が去年まとめた資料では、地下鉄のアイドル広告は5年で約28倍の件数に。場所や大きさで値段は異なりますが、平均的な地下鉄広告の費用は、1件当たり1か月で45万円前後。個人の出資のため正確な金額は把握できないが、センイル広告によって億単位の金額が動いているとみられている。

画像元:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2169044
画像元:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2169044

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
kobayashi-misaki
新卒でCM制作会社に就職するものの、撮影現場でテキパキ動けず、生粋の酒好きを生かし打ち上げ担当に。。広告業界で、転職を何度か繰り返し現在に至る。昭和酒場ラブ。マイブームはサウナと筋トレ

「海外の広告」 の記事

海外の広告
中国の最新デジタルサイネージ事情
海外の広告

中国の最新デジタルサイネージ事情

活躍する屋外デジタルサイネージ in中国 デジタル×液晶ディスプレイ、プロジェクタを駆使して飛び出す演出。パネルにもかかわらず迫ってくる臨場感。 テーマパークで観衆を魅了するプロジェクションマッピングだ。 ただ、屋外...
バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観
国内の広告

バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観

メタバースが話題になっているが、仮想空間を実際の都市空間と重ね合わせたバーチャル空間も話題を集めている。 より現実に近い景色をメタバース上で再現することで、より自分ごと化し身近に物事が感じられやすく、都市全体を活用し...
韓国で人気の「推しの応援広告」。日本にも…
国内の広告

韓国で人気の「推しの応援広告」。日本にも…

「推し活」「推ししか勝たん」という言葉を、日々耳にするようになった。 誰しもが心の中に、推しを住まわせて暮らすようにいつからなってしまったのだろう。 しかし、日々ストレスやさまざまな葛藤と闘いながら暮らす現代人にとっ...