レジ上のスペースを有効活用!
ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略

レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略 画像元:https://www.family.co.jp/sustainability/material_issues/needs/digital.html

ファミリーマートのレジ上のスペースに徐々にデジタルサイネージが設置されつつあるのをご存じだろうか。2022年春までに3,000店舗に導入。そして3年以内に設置可能な全店舗への導入を目指しているという。今回はファミリーマートが仕掛ける新たな広告戦略に迫る。

空きスペースにデジタルサイネージ広告を導入して売り上げアップ

画像元:https://www.family.co.jp/sustainability/material_issues/needs/digital.html

デジタルサイネージとはディスプレーなどを通じてさまざまな情報を発信するメディアのことで、近年は広告媒体としての事例も増えてきた。

そんななか、コンビニエンスストアの大手であるファミリーマートも店舗にデジタルサイネージを導入。レジ上のスペースに複数台のデジタルサイネージを設置し、来店する顧客に商品やキャンペーン情報などをアプローチしている。すでに2020年9月より実証実験を展開し、デジタルサイネージを導入したことで商品の売り上げが10~50%伸びたという。

実際、ファミリーマートの店舗数は全国に約1万6,600あり、月間で延べ4億5,000万人以上もの顧客が来店する。これほどの人に商品のプロモーションを展開できるのはかなりのメリットがあるといえるだろう。レジの前で会計の順番を待つときに思わず視界に入るため、視認率は約70%と電車などの交通広告よりも高い数値を誇るそうだ。

店内に「第3のメディア」を創出

ファミリーマートによると、デジタルサイネージの導入を通して「テレビやインターネットに次ぐ第3のメディアを創る」狙いがあるのだとか。現在デジタルサイネージで配信されている映像コンテンツは自社商品のみならず、エンタメ情報やニュース、地域の情報など多岐にわたる。3月からは四千頭身やハライチら人気芸人による「27秒ネタ」の配信も開始された。

さまざまな企業からも広告出稿の申し込みがあるといい、来店客に直接アプローチできる第3のメディアの可能性は計り知れないものがあるだろう。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
komahiro0606
書籍の編集プロダクション勤務を経て独立。旅行好きのライター。国内外を問わず、あらゆる情報を収集し、独自の切り口で記事を執筆。生活に役立つ情報から経済、歴史、雑学までその領域は幅広い。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
国内初!空港間のデジタルサイネージをネットワーク化
国内の広告

国内初!空港間のデジタルサイネージをネットワーク化

デジタルサイネージとは、ディスプレイなどを通じて情報を発信するシステムのこと。近年は、駅や電車内などいたるところでデジタルサイネージ広告が展開されるようになった。今回は、空港間のデジタルサイネージネットワークを利用し...
SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介
国内の広告

SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介

SDGsとは、持続可能な開発目標という意味。「持続可能な」を目標に全国自治体は取り組む。 具体的な目標は17種類。日本各地の取り組みに注目してみる。17の目標をより視覚的に訴えるためのロゴを見かけることも多くなった。...
どこもかしこもチェンソーマン街をジャックしたチェンソーマンの広告が話題に
国内の広告

どこもかしこもチェンソーマン街をジャックしたチェンソーマンの広告が話題に

話題のアニメはOA間近になるとさまざまな広告やメディアに露出し、世の中全体がざわめく傾向にある。 2022年10月11日に放送開始となったアニメ『チェンソーマン』は、少年ジャンプでも連載された人気アニメ。コミックス計...