レジ上のスペースを有効活用!
ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略

レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略 画像元:https://www.family.co.jp/sustainability/material_issues/needs/digital.html

ファミリーマートのレジ上のスペースに徐々にデジタルサイネージが設置されつつあるのをご存じだろうか。2022年春までに3,000店舗に導入。そして3年以内に設置可能な全店舗への導入を目指しているという。今回はファミリーマートが仕掛ける新たな広告戦略に迫る。

空きスペースにデジタルサイネージ広告を導入して売り上げアップ

画像元:https://www.family.co.jp/sustainability/material_issues/needs/digital.html

デジタルサイネージとはディスプレーなどを通じてさまざまな情報を発信するメディアのことで、近年は広告媒体としての事例も増えてきた。

そんななか、コンビニエンスストアの大手であるファミリーマートも店舗にデジタルサイネージを導入。レジ上のスペースに複数台のデジタルサイネージを設置し、来店する顧客に商品やキャンペーン情報などをアプローチしている。すでに2020年9月より実証実験を展開し、デジタルサイネージを導入したことで商品の売り上げが10~50%伸びたという。

実際、ファミリーマートの店舗数は全国に約1万6,600あり、月間で延べ4億5,000万人以上もの顧客が来店する。これほどの人に商品のプロモーションを展開できるのはかなりのメリットがあるといえるだろう。レジの前で会計の順番を待つときに思わず視界に入るため、視認率は約70%と電車などの交通広告よりも高い数値を誇るそうだ。

店内に「第3のメディア」を創出

ファミリーマートによると、デジタルサイネージの導入を通して「テレビやインターネットに次ぐ第3のメディアを創る」狙いがあるのだとか。現在デジタルサイネージで配信されている映像コンテンツは自社商品のみならず、エンタメ情報やニュース、地域の情報など多岐にわたる。3月からは四千頭身やハライチら人気芸人による「27秒ネタ」の配信も開始された。

さまざまな企業からも広告出稿の申し込みがあるといい、来店客に直接アプローチできる第3のメディアの可能性は計り知れないものがあるだろう。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
komahiro0606
書籍の編集プロダクション勤務を経て独立。旅行好きのライター。国内外を問わず、あらゆる情報を収集し、独自の切り口で記事を執筆。生活に役立つ情報から経済、歴史、雑学までその領域は幅広い。

「国内の広告」 の記事

国内の広告
電柱広告とは?メリットや料金を解説!
国内の広告

電柱広告とは?メリットや料金を解説!

街中を歩いている際に、電柱に巻きつけられた広告を見たことがある人は多いだろう。電柱広告は屋外広告の一種で、一般的には歩行者や車の運転手を目的地へと誘導する役割を果たす。今回は、そんな電柱広告のメリットや料金について解...
【2023年度版】美容室の「空きスペース」活用事例6選
国内の広告

【2023年度版】美容室の「空きスペース」活用事例6選

美容室の空きスペースは方法次第ではさまざまな活用方法ができる。 美容室の空きスペースを活用した事例を紹介していきたい。 シェアサロン 美容室の空きスペースや営業時間外をシェアサロンとして活用する事例もある。 自分の店...
わたしに合うコスメとの出会いビューティーボックスの紹介!
国内の広告

わたしに合うコスメとの出会いビューティーボックスの紹介!

美意識の高い男性にも支持されている。わたしに合うコスメ選びに重宝するサンプリングボックス。 美を追求するためにとても便利なコスメサンプリングを詰め合わせたボックスがある。目的からビューティーボックスともいわれる。 ビ...