クロス新宿ビジョンに「Pokémon GO」の世界出現
“ニャ”と“ネコ”のつくポケモンたちが登場

クロス新宿ビジョンに「Pokémon GO」の世界出現“ニャ”と“ネコ”のつくポケモンたちが登場 画像元:https://www.famitsu.com/news/202208/08271443.html

東京の中でも多くの人が行き交う街、新宿。

JR新宿駅の東口にあるクロス新宿ビジョンには、さまざまな企業がパンチのある広告を出稿し、多くの人が行き交う場所で通行人の目を引いている。

数年前に大ヒットを生みだした『Pokémon GO』が、クロス新宿ビジョンに広告を出稿した。

新宿に”ニャ“と”ネコ“のつくポケモンたちが登場!

株式会社ポケモンは、2022年8月8日(月)~9月5日の期間にJR新宿駅東口の大型街頭ビジョン「クロス新宿ビジョン」にて、スマートフォン向け位置情報ゲームアプリ『Pokémon GO』の広告施策を展開した。

この施策は8月8日の「世界猫の日」に合わせて実施され、ニャース、アローラニャース、ガラルニャース、エネコ、ニャルマー、チョロネコ、ニャスパー、ニャビーなどの、名前に“ニャ”と“ネコ”のつくポケモンたちが登場。

画面内のポケモンたちは、技を披露したり、モンスターボールから飛び出して来たり、3Dならではの躍動感や自由自在さを表現した。

「Pokémon GO」のゲームイベントとも絡めた施策

【画像参照】https://www.famitsu.com/news/202208/08271443.html

楽しめるのは、『Pokémon GO』のワクワク感あふれる世界観だけではない。

期間中、“ニャ”と“ネコ”のつくポケモンたちが、クロス新宿ビジョンの周辺で少し出会いやすくなるという、プレイヤーにとっては非常に喜ばしいイベントも実施された。

一部のポケモンが野生で出現しやすくなる、一部のポケモンはフィールドリサーチやレイドバトルで出会いやすくなる、そしてクロス新宿ビジョンで期間限定のポケストップが登場するなど盛りだくさん。

クロス新宿ビジョン周辺で展開されるのは、ここでしか見られない3D映像に限らなかった。

クロス新宿ビジョンだからこそできること

クロス新宿ビジョンは2021年7月から広告放映が開始された媒体で、JR新宿駅のすぐそこ、新宿のスクランブル交差点に面する4kの街頭ビジョンであり世界にも広く認知された媒体になっている。

4階相当の低層に設置されていることからも、信号待ちの人々を含む多数の人に視聴されやすい点も特徴。

発表当初の“3D巨大猫”は、ビジョンがSNSに投稿されるなどの行動様式も生まれ、新たなプロモーション様式を確立した。

今回の「Pokémon GO」の広告活用など、参加型で見る人を巻き込めるのも、OOHならではなのかもしれない。

多くの企業がプロモーションに活用しているので今後の広告出稿からも目が離せない。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
hagiyuka39
住むところは中国地方や関西など、全国各地を転々と暮らすWebライター。温泉メディア、女性メディアなどで執筆中。特技はマラソンでフルマラソン3時間ギリの記録をもつ

「国内の広告」 の記事

国内の広告
顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機
国内の広告

顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機

近年、自動販売機のIoT(インターネット・オブ・シングズ)化が推進されている。自動販売式にIoTデバイスを取り入れるメリットとは何なのか。今回は、IoT自動販売機の実態に迫る。 IoT自動販売機とは? IoTは「In...
思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例
国内の広告

思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例

街を歩いていると見ていてついお腹が空いてしまう広告がある。 消費者の心理にマッチする「場所」と「タイミング」と「クリエイティブ」を工夫しているからこそ、 本当に届けたい相手に伝えたい情報が届く広告になっていると感じる...
涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?
国内の広告

涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?

小説やマンガ、映画などのコンテンツを見て、感動のあまり思わず泣いてしまった経験のある方は多いのではないだろうか。 目が潤んで涙が溜まると、視界がぼやけるだろう。 広告のなかには、そのような涙が溢れて視界がぼやけた様子...