【2023年度版】居酒屋の空きスペースを広告として活用する方法12選

【2023年度版】居酒屋の空きスペースを広告として活用する方法12選

仕事終わりの金曜日などに、足を運びたくなる居酒屋。

美味しい酒と美味しいご飯が味わえる居酒屋だが、店内にはたくさんの広告が隠れている。

居酒屋にある、さまざまな広告枠をご紹介していきたい。

店舗の入り口や壁のポスター

画像参照:https://machisupe.com/about/

一番目にしやすい広告に、居酒屋の出入り口やガラス窓に貼られているポスター広告がある。

お酒の広告ポスターが多く貼られているイメージで、入り口で目にするとすっかり気分も飲酒モードに入り、広告で見た種類のお酒をオーダーしてしまいがちに。

大きく分かりやすい位置に貼り出されているので、視認性が高い広告枠の一つ。

テイクアウト用の袋へのチラシ同梱

画像参照:https://machisupe.com/about/

最近では家飲みにも適した居酒屋メニューがテイクアウトできるお店も増えてきている。

居酒屋メニューをテイクアウトする時に、袋にチラシを一緒に同梱できる広告メニューがある。

フードは必ず袋から取り出して食べるので、同梱チラシも消費者の手に渡りやすいのが特徴。

クーポンや割引券などをつけておくことで、利用率もアップしそう。

メニュー表の中

数々のメニューが並ぶ居酒屋のメニュー表の中に広告枠を設けて広告出稿できるケースも。

フードやドリンクを選ぶ際に必ず目を通すメニュー表内の広告は、見つけてもらいやすい特徴がある。

さりげなくアプローチできる広告枠のひとつ。

レシート広告

画像参照:https://www.pinterest.jp/pin/448108231654220981/

会計後のレシートの下部分に広告出稿ができるケースも。

コンビニなどではよく見かけるが、居酒屋などのレシートにも効果的。

特に大人数で来店した場合は、後からお金を清算することもあるのでレシート自体を持って帰ってもらいやすい。退店時にしっかりとアプローチできる広告枠。

割りばし広告

画像参照:https://www.routesampling.info/routemedia/page1/5007_izakayahashi.html

プラスチック製の箸を用意している店もあるが、ほとんどの居酒屋が割りばしを提供していることが多い。

割りばしの入っている紙の袋は、飲み会の開始から終了までテーブルの上に残っているものなので、広告枠としての活用にも効果的。

折り曲げて箸置きにする人も見受けられるが、最後まで捨てられにくいというメリットがある。

おしぼり広告

画像参照:https://machisupe.com/space/12

テーブルについてまず手をふく時に使うおしぼり。おしぼりの入っている袋も広告枠として活用できる。

使い捨てではあるが、酔いが回る前のタイミングで手にするツールになるので広告としてアプローチがしやすい。

レジ横のPOP

画像参照:https://machisupe.com/about/

会計時に立ち寄るレジ横にPOPが設置できるケースもある。

カラオケのクーポン券などが置いてあるのを見たことがある人も多いはずだが、つい手に取って「二次会はカラオケ!」と提案したくなる気持ちを高める。

会計時に必ず足を止める場所になるので、広告枠としてもおすすめの場所。

協賛品のサンプリングやオリジナルメニュー

時々、メーカーとコラボしてプロモーションを行っているケースもある。

期間限定コラボメニューを開発したり、新商品のウコンの力をサンプリングしたりなど方法はさまざま。

居酒屋や居酒屋メニューと親和性のあるコラボは覚えてもらいやすく、斬新なアイデアであればSNSなどで拡散されることも期待できる。

マスク広告

画像参照:https://maidonanews.jp/article/13592892

コロナにより居酒屋の店員もマスクの着用が必須となった昨今、マスクにシールを貼り広告として認知を広める手法も見られる。

マスクやフェイスシールドに居酒屋のロゴや合言葉が印字されている既製品も存在する。

多くのお客様と顔を合わせる店員のマスクを広告枠として使うケースが多い。

一方で、大阪では「アドノマスク」と呼び、キャラクター・店名入りの広告入りのシールをマスクに貼り、PRに協力するお客様に居酒屋でワンドリンクサービスするなどのキャンペーンを展開。

お客様を巻き込むマスク広告の活用手法も見られた。

トイレ内の壁のポスター

画像参照:https://tabippo.net/peace-boat-poster-izakaya/

長時間滞在する居酒屋ではトイレにも足を運びがち。

トイレの中の壁も広告枠として活用されやすい。

比較的長時間個室にこもることになるので、読んでもらいやすく、記憶に残りやすい特徴がある。

「ピースボードの世界一周」のポスターが貼られていることが多いが、その他にも系列店の紹介などのポスターが貼られているのもよく見かける。

靴箱の空きスペース

画像参照:https://machisupe.com/space/9

座敷タイプの居酒屋には脱いだ靴をしまう靴箱がある。

靴箱の扉の表面の小さなスペースに広告を出すことができる。

靴を脱いで上がる居酒屋では必ず通る空間になるので、入店と退店の二回アプローチできる点もポイント。

階段下のスペース

画像参照:https://machisupe.com/space/10

2階3階と座席スペースが分かれている居酒屋では、階段を上って移動をする。

その階段の下のスペースに広告出稿ができるメニューがある。

上から見ると分かりづらいが、登る時に下から見るとより視認性が高く、インパクトがある広告枠。駅の階段などでは広告枠としての活用事例も多くある。

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)「空きスペース」を「広告枠」に
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
hagiyuka39
住むところは中国地方や関西など、全国各地を転々と暮らすWebライター。温泉メディア、女性メディアなどで執筆中。特技はマラソンでフルマラソン3時間ギリの記録をもつ

「国内の広告」 の記事

国内の広告
資生堂「アクアレーベル」のアドベントカレンダー形式のキャンペーンがユニーク!
国内の広告

資生堂「アクアレーベル」のアドベントカレンダー形式のキャンペーンがユニーク!

クリスマスの季節が近づくと、ツリーやオーナメントなどさまざまな装飾が街中を彩り盛り上がりを見せる。 その中でも「アドベントカレンダー」は毎日開示することで、日々高まるクリスマスへの盛り上がりをより実感させるから、私も...
広がる、空きスペースの有効活用
国内の広告

広がる、空きスペースの有効活用

空きスペースがスポットライトを浴びる時代に突入している。 世の中はシェアすることを好み、無駄なものを排除することでよりミニマムな暮らしを求める声が多くなった。 そんな中で生まれた空きスペースが決して世の中の蛇足になる...
顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機
国内の広告

顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機

近年、自動販売機のIoT(インターネット・オブ・シングズ)化が推進されている。自動販売式にIoTデバイスを取り入れるメリットとは何なのか。今回は、IoT自動販売機の実態に迫る。 IoT自動販売機とは? IoTは「In...