アイリスオーヤマが清掃用ロボに
ラッピング広告サービスを開始

アイリスオーヤマが清掃用ロボにラッピング広告サービスを開始

コロナ禍になり約1年半。

モノ消費に関わる価値観が変遷を遂げた年となった。

多くの人が今まで価値を感じなかったものに価値を見出し、その逆もまた然りという状況は世の中を大きく変えた。

そんな価値観の変遷の中で、日頃の生活における衛生意識は特に高まる年となった。

今後も日常生活の感染対策として、感染症の予防は必要不可欠な事項となり油断はできず重要視されている。

自動清掃用ロボットが広告媒体に

清掃員の清掃業務における感染リスクの拡大は、大きな課題のひとつであった。

ソフトバンクロボティクスが開発と製造を担っている「ウィズアイ」という自動清掃用ロボットは、清掃業務を安全に行えるという観点で注目されている。

そしてこの自動清掃用ロボットにラッピング広告ができるサービスを、アイリスオーヤマが開始したことが話題を呼んでいる。

9月25日に開催されたJリーグ1部の「ベガルタ仙台vs徳島ヴォルティス戦」では、キャラクターやロゴが胴体部分に露出されたベガルタ仕様の清掃用ロボットがお披露目された。

チームカラーであるオレンジの機体はインパクトがあるだけではなく、細かく動き回りながら、観客の安全のために慌ただしく清掃をする様子はどこか愛着さえ感じられる。

安心安全のために清掃業務に勤しむ清掃ロボットの印象は、見る側にもポジティブなイメージを植え付ける。露出と同時に広告主への印象アップの役割も担っていると言える。

この自動清掃ロボット「ウィズアイ」のラッピングサービスは、2021年10月1日より本格的に開始され、広告の掲出は1台あたり5万円(税抜)で実施可能となっている。

非接触ロボットの需要拡大 新たな人との接点が広告の未来をつくる?

参考:アドタイ https://www.advertimes.com/20210927/article363679/

この他にも今後は、「サービ アイリスエディション」と呼ばれる配膳・運搬ロボットもアイリスオーヤマは扱っていく計画をしている。

まずは試験的な導入となる見通しだが、今後ますます多くの施設や飲食店で活躍を見せそうだ。

非接触であることの需要は高まっており、今後もより多くのサービスでロボットの活躍が期待されることになるだろう。

2021年が「ロボット元年」とささやかれる中で、新たな形で人との接点が生み出される時代に突入している。

そこにはこの「ウィズアイ」のような非接触ロボットの誕生、デジタル化の急拡大、サブスクリプションサービスの普遍化…。一概にひとつの事象が要因になっているとは言えない。

この新たな形の人との接点が今後の広告媒体がどのような方向に進んでいくかという鍵を握っているのかもしれない。

そして新たな広告媒体は、今までの広告媒体とは違った形で消費者の心に残るものとなるだろう。

サイゼリヤも導入開始、「自動配膳ロボ元年」がやって来るこれだけの理由
サイゼリヤも導入開始、「自動配膳ロボ元年」がやって来るこれだけの理由
2021年は外食産業の「ロボット元年」になるだろうか?外食大手のサイゼリヤは、2021年2月からソフトバンクロボティク …
www.businessinsider.jp
ワタミ運営の焼肉屋で配膳ロボットが大活躍!「なしでは現場が回らない」|ニュースイッチ by 日刊工業 ...
ワタミ運営の焼肉屋で配膳ロボットが大活躍!「なしでは現場が回らない」|ニュースイッチ by 日刊工業 …
こちらは、ワタミ運営の焼肉屋で配膳ロボットが大活躍!「なしでは現場が回らない」のページです。日刊工業新聞社のニュースをは …
newswitch.jp

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
hagiyuka39
住むところは中国地方や関西など、全国各地を転々と暮らすWebライター。温泉メディア、女性メディアなどで執筆中。特技はマラソンでフルマラソン3時間ギリの記録をもつ

「面白い広告」 の記事

面白い広告
日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!
面白い広告

日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!

「アンビエント」には、「周囲の」「環境の」といった意味がある。その言葉通り、日常生活を営むうえで利用している道具や場所などをそのまま広告として活用したメディアを「アンビエント広告」という。 それでは、実際にはどのよう...
サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中
国内の広告

サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中

どの企業も積極的にサスティナブルを打ち出す機会が増えた。 今や、脱プラやSDGsなんて言葉が社会活動のベースになりつつある。 そんなサスティナブルな取組みも、注目される広告のひとつとして活用している企業もみられはじめ...
サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例
海外の広告

サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例

多くの企業が「サスティナビリティ」を当たり前のように叫ぶ時代に突入している。今や、「持続的な社会とは何か?」ということが日々当たり前のように問われるようになった。 しかし、それを消費者目線で分かりやすく発信している企...