電車広告の種類・費用の相場とは?

電車広告の種類・費用の相場とは?

通勤や通学、旅行など、移動手段として欠かせない電車。

ふと目に留まる電車広告は、多くの人に認知されやすくその効果は絶大でさまざまな企業がプロモーションに活用している。

視認性も高く、自然の流れで認知させるにはおすすめの媒体のひとつ。

ここでは電車に出すことができる、電車広告の種類から費用感の相場などを解説していきたい。

電車広告の種類

思っている以上に、多くの箇所に出稿することができる電車広告。

その電車広告の種類と費用感の相場を見ていきたい。

中吊り広告

画像元:https://3aaa.co.jp/traffic/

電車内中央の通路の天井に吊られている広告。

「週刊文春」の広告を思い出してもらえると分かってもらいやすいだろう。

どの位置からも、また満員電車内でもしっかりと視認される人気の広告枠がこの中吊り広告。

基本的に広告サイズはB3サイズが中心となり、2列を利用したワイドサイズも掲出が可能。期間は数日~1週間ほどが一般であるが、それでも数百万円程の出稿額が基本となる。

まど上ポスター

画像元:https://www.3aaa.co.jp/traffic/

車内の網棚の上部分に掲出できる広告枠。

サイズはB3サイズで、電車に揺られながらふとした目線の先に入り込める広告枠のひとつ。

期間は1週間~2週間で設定できる。

JRの首都圏全線に1週間掲出すると¥2,400,000が相場となるが、路線によって金額は異なる。

ドア横ポスター

画像元:https://www.3aaa.co.jp/traffic/

乗降ドアの横部に掲出される広告枠。

B3サイズが基本となり、立っていても座っていても確認されやすいので注目率の高い広告枠として人気。

掲出期間は1か月間など長期に利用できる点も特徴。

路線によっても金額は大きく異なるが、JR大阪に1カ月掲出すると¥1,999,000の出稿額となる。

ステッカー 

<画像参照> 電車広告(車内広告)のご案内 | 電車広告代理店サンエイ企画 (3aaa.co.jp)

ドア付近やドア部に貼られたステッカーも電車広告のメニュー。

貼り付け位置は車両により異なるが、約H165×W200mmが基本サイズとなり比較的小型のためクリエイティブやメッセージ性は重要になってくる。

掲出期間は1カ月単位で設定されることが多く、掲出場所が少ないのも特徴。

山手線に1ヶ月間サイドステッカーを出すと¥3,500,000が相場となる。

デジタルサイネージ

画像元:https://www.3aaa.co.jp/traffic/

車両によっては存在する、電車のドア上に設置されたデジタルサイネージも広告メニューとして人気。

天気や時事ネタなど関心のある情報の合間に広告を流せられるので、より関心を持って見られがちの広告枠のひとつ。

飽きがなく注目されやすいが、音が出せないのでテロップなどは工夫したい。

15秒が基本尺で、JR山手線で15秒のスポットCMを1週間放映した場合¥2,000,000となる。

車体広告

画像元:https://www.3aaa.co.jp/traffic/

電車の車体スペースを広告枠として活用できる電車広告は、注目されやすくクリエイティブも重視される。

乗降する際に目にされることからも、記憶に残りやすい点も特徴。

車体とセットで車内広告をジャックする貸切りも、より認知を高めるためには人気となっている。

山手線の11両に2週間出稿すると、¥40,000,000が相場となる。

電車広告に広告を出そう!

電車広告には複数の種類があるので、予算感やクリエイティブ、期間に合わせて出稿する種類は選択していきたい。

一方で、電車広告は事前の審査もあるため、実施から掲出までは余裕を持ったスケジュール感を意識することがおすすめである。

また、予備などを含めると掲出物も多く用意する必要もあるため事前に必要部数などは細かく確認をするように心がけたい。

電車広告(車内広告)のご案内 | 電車広告代理店サンエイ企画
電車広告の種類と効果、費用(値段)から、 電車中吊り広告、吊り革(つり革)広告、ステッカー広告、ラッピング(車体、車両)広告など、jr東日本広告、山手線をはじめ、地下鉄(メトロ)、都営地下鉄広告から西武鉄道、小田急、京急など幅広く対応しています。交通広告代理店のサンエイ企画。
www.3aaa.co.jp

「空きスペース」を「広告収入」に!

マチスペ(MACHISUPE)
マチスペ(MACHISUPE)
マチスペは、店舗・商業施設・イベント会場などのちょっとした「空きスペース」を「広告枠」として手軽に貸し出して広告収入が得られるサービスです。
machisupe.com
記事を書いた人
hagiyuka39
住むところは中国地方や関西など、全国各地を転々と暮らすWebライター。温泉メディア、女性メディアなどで執筆中。特技はマラソンでフルマラソン3時間ギリの記録をもつ

「国内の広告」の記事

国内の広告
ポンタが街にやってきた!リアルタイムでコミュニケーションできる屋外広告にも注目
国内の広告

ポンタが街にやってきた!リアルタイムでコミュニケーションできる屋外広告にも注目

2021年10月21日(木)、東京都は新宿と池袋の大型ビジョンに、Pontaポイントでおなじみのポンタが登場した。 注目したいのは、ポンタが通行人とリアルタイムでコミュニケーションする「ライブ配信」であることだ。 今...
「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に
国内の広告

「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に

普通に道を歩いているときに、前から歩いてくる人にぶつかられそうになったことがとても増えた。 コロナで不況が続き気分も落ち込む中、みんな無意識に下を向いて歩きがちになったのかもしれない。 広告の枠も変わってきていて、今...
サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中
国内の広告

サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中

どの企業も積極的にサスティナブルを打ち出す機会が増えた。 今や、脱プラやSDGsなんて言葉が社会活動のベースになりつつある。 そんなサスティナブルな取組みも、注目される広告のひとつとして活用している企業もみられはじめ...