「北海道」屋外広告物ガイドライン

北海道の屋外広告物制度

街の中や、幹線道路の沿線、観光スポットなど、私たちの周りには必ずといっていいほど多くの屋外広告物が掲出されています。

屋外広告物は、様々な情報を提供し、街の賑わいや活気を演出するなど、経済活動や市民生活に欠かすことのできないものです。しかし、これら屋外広告物が無秩序に氾濫すると、かえって情報はわかりづらくなり都市の景観や自然の美しさを阻害する要因となってしまいます。また、屋外広告物について必要な点検を行わず放置してしまうと、落下事故等を引き起こしてしまい、設置者(広告主)や管理者の法的責任が問われることがあります。

札幌市では、昭和47年の政令指定都市移行と同時に屋外広告物法に基づき「札幌市屋外広告物条例」を制定して、より良好な景観の形成と自然美の維持のため、また、市民生活の安全を期するために、屋外広告物の必要な規制と指導を行っています。

引用元:https://www.city.sapporo.jp/kensetsu/dokan/kokoku/

「市区町村」の屋外広告物ガイドライン

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?
国内の広告

涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?

小説やマンガ、映画などのコンテンツを見て、感動のあまり思わず泣いてしまった経験のある方は多いのではないだろうか。 目が潤んで涙が溜まると、視界がぼやけるだろう。 広告のなかには、そのような涙が溢れて視界がぼやけた様子...
サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例
海外の広告

サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例

多くの企業が「サスティナビリティ」を当たり前のように叫ぶ時代に突入している。今や、「持続的な社会とは何か?」ということが日々当たり前のように問われるようになった。 しかし、それを消費者目線で分かりやすく発信している企...
繁華街の風物詩「アドトラック」の裏側と知られざる戦略とは
比較・紹介

繁華街の風物詩「アドトラック」の裏側と知られざる戦略とは

「バ~ニラバニラバ~ニラ求人♪」や「職業イケメン」などの広告ビジョンを掲げ、時には大音量を鳴らしながら走る『アドトラック』を見たことがない人はいないのではないだろうか。 耳に残る大きな音量と、迫力あるビジュアルは、何...