「山口県」屋外広告物ガイドライン

山口県の屋外広告物制度

まちなかや道路沿いにあるはり紙や立看板などの屋外広告物は、都市化や情報化の進む現代、私たちに有益な情報を提供してくれます。しかし、誰もが目立とうとして無秩序に掲出されると、まちの景観や安全は損なわれてしまいます。このため、山口県では、屋外広告物法に基づき屋外広告物条例を定め、必要な規制を行っています。

快適で魅力あるまちづくりのため、県民の皆様の御協力をお願いいたします。

引用元:https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/soshiki/130/23665.html

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

印刷ミスのポスターが掲載?早稲田大学サークル募集広告が話題
国内の広告

印刷ミスのポスターが掲載?早稲田大学サークル募集広告が話題

せっかくの広告ポスターなのに、印刷を大失敗してしまった!そんな事例をご紹介しよう。 「印刷データを間違えて送ってしまって、僕の証明写真が掲載されました」 こちらは2019年、東京メトロ早稲田駅に掲載された広告だ。 大...
お店の空きスペースを活用して収益を上げる方法
国内の広告

お店の空きスペースを活用して収益を上げる方法

お店としての売り上げにくわえて、少しでも収益を上げる方法はないかと頭を悩ませている方もいるのではないだろうか。そんな方におすすめしたいのが、お店の空きスペースを有効活用する方法だ。近年はお店の空きスペースを貸したい人...
エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?
その他

エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?

近年、防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」を設置したエレベーター数が増加傾向にある。エレベーター内で音声付きの動画広告を配信することで、月間8,000万人以上へのアプローチが可能になるという。 今...