サスペクト Suspect

正式名称:Suspect

サスペクトとは、潜在的なニーズを持ったターゲットのことを意味するマーケティングの用語を指します。

容疑者や被疑者を意味する英単語であるSuspect(サスペクト)に由来していて、顧客になる前の状態の消費者がサスペクトとなります。

例えば、商品やサービスに関する問い合わせをしてきた消費者がこのサスペクトの状態ということになります。

サスペクト、つまり、潜在的なニーズを持った潜在的な顧客から購入の可能性のある見込み客となっていき、そして最終的に顧客となっていきます。

つまり、直訳すると「容疑者」「被疑者」という意味のSuspect(サスペクト)ですが、マーケティングの世界で使われる場合、「潜在的な顧客」という意味で使われます。

購買や契約への見込みが低いと認識された人たちを「コールドプロスペクト」という言葉で表しますが、サスペクトはその中でも多少は注文の可能性が見込めそうな人のことを指します。

キャンペーンなどを行った際のレスポンス(返信や問い合わせ)で、直接購買に結びつかず、顧客とならなくても、最初に問い合わせなどをしてきた人をこのサスペクトと見なすことがあります。

ただし、サスペクトを消費者の中で大きく分類した場合には、「購入につながるかどうか分からない」と分類される消費者のグループになります。

まとめ

見込み客のことを「リード」と呼んでいる企業も多数存在します。

他にも、「潜在的な顧客」や「見込み客」の定義が曖昧で、両方のことをサスペクトと呼んでいる企業も存在します。

そのため、どの呼び方が正しいのかではなく、サスペクトならサスペクトと、企業、会社の中で定義、呼び方を統一していくことが大切になるといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

バーバリーのキャンペーン映像が圧巻。BURBERRY OPEN SPACES
海外の広告

バーバリーのキャンペーン映像が圧巻。BURBERRY OPEN SPACES

想像力の自由を探究する旅を表現した、新しいキャンペーン「BURBERRY OPEN SPACES」を発表した。(2021/10) クリエイティブ&フィルムディレクションとして、今多くのブランドやアーティストが...
エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?
その他

エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?

近年、防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」を設置したエレベーター数が増加傾向にある。エレベーター内で音声付きの動画広告を配信することで、月間8,000万人以上へのアプローチが可能になるという。 今...
屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?
国内の広告

屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?

近年、NFT化がより注目されるようになってきた。 全てがデジタル上で完結できるような世の中に近づくにつれ、さまざまなイベントや身近なものがNFTに絡められてきているということは否めない。 デジタルのコンテンツを数量限...