サスペクト Suspect

正式名称:Suspect

サスペクトとは、潜在的なニーズを持ったターゲットのことを意味するマーケティングの用語を指します。

容疑者や被疑者を意味する英単語であるSuspect(サスペクト)に由来していて、顧客になる前の状態の消費者がサスペクトとなります。

例えば、商品やサービスに関する問い合わせをしてきた消費者がこのサスペクトの状態ということになります。

サスペクト、つまり、潜在的なニーズを持った潜在的な顧客から購入の可能性のある見込み客となっていき、そして最終的に顧客となっていきます。

つまり、直訳すると「容疑者」「被疑者」という意味のSuspect(サスペクト)ですが、マーケティングの世界で使われる場合、「潜在的な顧客」という意味で使われます。

購買や契約への見込みが低いと認識された人たちを「コールドプロスペクト」という言葉で表しますが、サスペクトはその中でも多少は注文の可能性が見込めそうな人のことを指します。

キャンペーンなどを行った際のレスポンス(返信や問い合わせ)で、直接購買に結びつかず、顧客とならなくても、最初に問い合わせなどをしてきた人をこのサスペクトと見なすことがあります。

ただし、サスペクトを消費者の中で大きく分類した場合には、「購入につながるかどうか分からない」と分類される消費者のグループになります。

まとめ

見込み客のことを「リード」と呼んでいる企業も多数存在します。

他にも、「潜在的な顧客」や「見込み客」の定義が曖昧で、両方のことをサスペクトと呼んでいる企業も存在します。

そのため、どの呼び方が正しいのかではなく、サスペクトならサスペクトと、企業、会社の中で定義、呼び方を統一していくことが大切になるといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

喫煙所専用広告!?「場所で狙う」広告戦略を活用しよう
国内の広告

喫煙所専用広告!?「場所で狙う」広告戦略を活用しよう

広告を「出す場所」は深く考えなければならない。 たとえば、若い人向けのカフェのチラシを置くなら、パチンコ屋よりは、大学などに置かせてもらうほうが、ずっと効果が高いだろう。 こういった一工夫で、広告の効果が何倍に、ひょ...
バーチャル渋谷コンテンツ、広告様々
国内の広告

バーチャル渋谷コンテンツ、広告様々

メタバースが広がる起爆剤になったひとつに「バーチャル渋谷」がある。 バーチャル渋谷では、ライブやアート展示などのコンテンツを展開し、まるでリアルに渋谷を体験しているような感覚が得られることが話題を生んだ。 この「バー...
検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に
国内の広告

検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に

2022年の2月7日から、JR山手線渋谷駅に、日本テレビの広告が掲載される。 謎を解くことで、秘密の情報がわかる「謎解き広告」だ。 この謎、解けるだろうか。 田中麻理鈴って誰? こういった事務文書がでかでかと掲載され...