サスペクト Suspect

正式名称:Suspect

サスペクトとは、潜在的なニーズを持ったターゲットのことを意味するマーケティングの用語を指します。

容疑者や被疑者を意味する英単語であるSuspect(サスペクト)に由来していて、顧客になる前の状態の消費者がサスペクトとなります。

例えば、商品やサービスに関する問い合わせをしてきた消費者がこのサスペクトの状態ということになります。

サスペクト、つまり、潜在的なニーズを持った潜在的な顧客から購入の可能性のある見込み客となっていき、そして最終的に顧客となっていきます。

つまり、直訳すると「容疑者」「被疑者」という意味のSuspect(サスペクト)ですが、マーケティングの世界で使われる場合、「潜在的な顧客」という意味で使われます。

購買や契約への見込みが低いと認識された人たちを「コールドプロスペクト」という言葉で表しますが、サスペクトはその中でも多少は注文の可能性が見込めそうな人のことを指します。

キャンペーンなどを行った際のレスポンス(返信や問い合わせ)で、直接購買に結びつかず、顧客とならなくても、最初に問い合わせなどをしてきた人をこのサスペクトと見なすことがあります。

ただし、サスペクトを消費者の中で大きく分類した場合には、「購入につながるかどうか分からない」と分類される消費者のグループになります。

まとめ

見込み客のことを「リード」と呼んでいる企業も多数存在します。

他にも、「潜在的な顧客」や「見込み客」の定義が曖昧で、両方のことをサスペクトと呼んでいる企業も存在します。

そのため、どの呼び方が正しいのかではなく、サスペクトならサスペクトと、企業、会社の中で定義、呼び方を統一していくことが大切になるといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?
比較・紹介

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?

オフィスや店舗の空きスペースを有効活用し、広告を配置するのが「インストアメディア」だ。 手軽に作れて、反応を見やすいため、多くの店舗ビジネスで活用されている。 また、自店舗に設置するだけでなく、他社の店舗にインストア...
アシックスが仮想空間でランニングイベント VRで体験できる商品価値
国内の広告

アシックスが仮想空間でランニングイベント VRで体験できる商品価値

国内のシューズメーカーといえばアシックスだが、近年では海外のランニングシューズメーカーの勢いが強く、そのイメージは薄れつつあった。 しかし、最近のアシックスはランニング経済圏にどんどん前進しており、その勢いは市民ラン...
ファッション広告は街をおしゃれにデザインする
海外の広告

ファッション広告は街をおしゃれにデザインする

渋谷を飾るジャック広告、ジャック広告とは、一帯を同じ広告で埋め尽くす方法。インパクトを増す。 最初に紹介するPARCOのジャック広告は鮮やか。その上、仕掛けを用意している。印刷されている絵は剥がせシールになって、プレ...