インバウンドマーケティング Inbound Marketing

正式名称:Inbound Marketing

インバウンドマーケティングとは、Web検索やソーシャルメディアなどを利用して、消費者・見込み客が能動的に自社サイトを見つけることを前提としたマーケティングを指します。

消費者・見込み客から能動的に動いてもらうためのマーケティング施策であるプル型マーケティングのさらに先を行くマーケティングだとも言われています。

インバウンドマーケティングが現在注目される理由に、アウトバウンドマーケティングというマーケティング施策が消費者、見込み客に対して効かなくなった、効果がなくなったという背景があります。

消費者や見込み客が能動的に動いて自社サイトを見つけるインバウンドマーケティングに対してアウトバウンドマーケティングは訪問セールスや電話セールス、メルマガやDM、パソコンのブラウザに表示されるバナー広告など、企業が消費者や見込み客に積極的に発信するいわゆる「プッシュ型」のマーケティングです。

しかし、インターネットやWebメディアが発達して消費者や見込み客自身が自分の知りたい情報を自分で調べられるようになりました。

その結果、自分の意思に無関係に企業から発信されるアウトバウンドマーケティング、つまり、プッシュ型のマーケティングや広告を必要としなくなり、自分に必要ない情報をシャットダウンするようになってきました。

まとめ

見込み客自身が能動的に、積極的に情報を求める時代になったので、企業側は情報を発信して届けるアウトバウンドマーケティングではなく、情報を検索し、求める消費者、見込み客から自ら訪れてもらう仕組みを構築するインバウンドマーケティングをとるようになりました。

しかし、アウトバウンドマーケティングが効かなくなったと言っても、実際には以前多くの企業がプッシュ型のメルマガやDM(ダイレクトメール)を使っているという現状があります。

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングの善し悪しではなく、消費者、見込み客、顧客が本当に必要とするコンテンツや商品を必要な時に求める形で届けることが重要といえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始
国内の広告

【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始

2月22日「猫の日」を記念して、新宿駅 東口前の「3D猫広告」に新作が登場した。 可愛らしくも、迫力ある映像だ。現地までいけない人のために、当記事でもご紹介しよう。 落とさないで! クロス新宿ビジョン(運営:株式会社...
【2023年度版】ファミリーレストランの空きスペースを広告として活用する方法6選
国内の広告

【2023年度版】ファミリーレストランの空きスペースを広告として活用する方法6選

家族連れなどで足を運びやすいファミリーレストラン。 子供でも食べやすい料理をはじめ、ドリンクバーなども充実しており過ごしやすい点も魅力となっている。 食事をする時にはあまり意識をする人は少ないかもしれないが、ファミリ...
バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観
国内の広告

バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観

メタバースが話題になっているが、仮想空間を実際の都市空間と重ね合わせたバーチャル空間も話題を集めている。 より現実に近い景色をメタバース上で再現することで、より自分ごと化し身近に物事が感じられやすく、都市全体を活用し...