インバウンドマーケティング Inbound Marketing

正式名称:Inbound Marketing

インバウンドマーケティングとは、Web検索やソーシャルメディアなどを利用して、消費者・見込み客が能動的に自社サイトを見つけることを前提としたマーケティングを指します。

消費者・見込み客から能動的に動いてもらうためのマーケティング施策であるプル型マーケティングのさらに先を行くマーケティングだとも言われています。

インバウンドマーケティングが現在注目される理由に、アウトバウンドマーケティングというマーケティング施策が消費者、見込み客に対して効かなくなった、効果がなくなったという背景があります。

消費者や見込み客が能動的に動いて自社サイトを見つけるインバウンドマーケティングに対してアウトバウンドマーケティングは訪問セールスや電話セールス、メルマガやDM、パソコンのブラウザに表示されるバナー広告など、企業が消費者や見込み客に積極的に発信するいわゆる「プッシュ型」のマーケティングです。

しかし、インターネットやWebメディアが発達して消費者や見込み客自身が自分の知りたい情報を自分で調べられるようになりました。

その結果、自分の意思に無関係に企業から発信されるアウトバウンドマーケティング、つまり、プッシュ型のマーケティングや広告を必要としなくなり、自分に必要ない情報をシャットダウンするようになってきました。

まとめ

見込み客自身が能動的に、積極的に情報を求める時代になったので、企業側は情報を発信して届けるアウトバウンドマーケティングではなく、情報を検索し、求める消費者、見込み客から自ら訪れてもらう仕組みを構築するインバウンドマーケティングをとるようになりました。

しかし、アウトバウンドマーケティングが効かなくなったと言っても、実際には以前多くの企業がプッシュ型のメルマガやDM(ダイレクトメール)を使っているという現状があります。

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングの善し悪しではなく、消費者、見込み客、顧客が本当に必要とするコンテンツや商品を必要な時に求める形で届けることが重要といえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

OOHの広告効果が可視化できる時代、突入
その他

OOHの広告効果が可視化できる時代、突入

OOHは広告媒体としても目立ち、多くの人から認知を得るにはとても良い媒体のひとつ。 一方で、「どれくらいの人が見ているのか」「どれくらいの広告効果があるのか」と問われると答えづらい部分があることが欠点でもある。 しか...
広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える
国内の広告

広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える

全てがブロックチェーン上で完結する、まさにDXの全盛期に突入してきている気がする。 私自身も然り、一定数デジタル弱者がいる中でもその世の中の盛り上がりはなんとなくふつふつと感じられるレベルにまで達してきている。 そん...
思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例
国内の広告

思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例

街を歩いていると見ていてついお腹が空いてしまう広告がある。 消費者の心理にマッチする「場所」と「タイミング」と「クリエイティブ」を工夫しているからこそ、 本当に届けたい相手に伝えたい情報が届く広告になっていると感じる...