エスジーエル SGL

正式名称:Sales Generated Lead

SGLとは企業の営業部門が営業活動を行うリード、案件(見込み客)を指します。

一般的にリードはマーケティング部門がマーケティング活動を行うことによって創出することになります。

自社のWebサイトにメールマガジン登録のフォームを設置したり、製品やサービスの資料請求のフォームを設置することによって将来的に製品やサービスの成約につながる可能性のあるリードをゼロから創出していきます。

その後、メールマガジンやセミナー開催などで獲得したリードを教育(自社やブランドへの興味・関心を高める)活動を行い、特に成約につながりそうな案件を選別した後に営業案件として営業部門に引き渡します。

これが一般的に営業案件を創出する方法になります。

しかし、SGLの場合、ここで紹介した営業案件の創出の方法とは異なります。

SGLの大きな特徴として「営業自らが創出する案件」ということがあります。

SGLは通常のマーケティング活動によって創出される案件と比較するとマーケティング部門が案件を創出し、教育・啓蒙の活動を終え、選別して営業部門に引き渡されたSALと同じ段階ということになります。

通常、SALを創出するまでには膨大な時間とコスト、そしてマーケティング部門の労力が必要ですが、SGLの場合はそれらが必要なく、いきなり営業活動を行うことができる案件ということになります。

まとめ

SGLの大きなメリットとして営業までのスピードが速い案件であることが上げられます。

現在ではマーケティングによる案件が重視されますが、SGLの足が速いことのメリットも考慮し、企業の収益を増やしていくための戦略を構築していく必要があるいえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告
国内の広告

「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告

広告に嫌悪感を感じるユーザーから、支持を得た広告がある。 まずはどんな広告がご覧いただこう。 山手線で掲載されたNetflixのオリジナルアニメ作品「リラックマとカオルさん」の広告だ。 2019年に掲載され、瞬く間に...
資生堂「アクアレーベル」のアドベントカレンダー形式のキャンペーンがユニーク!
国内の広告

資生堂「アクアレーベル」のアドベントカレンダー形式のキャンペーンがユニーク!

クリスマスの季節が近づくと、ツリーやオーナメントなどさまざまな装飾が街中を彩り盛り上がりを見せる。 その中でも「アドベントカレンダー」は毎日開示することで、日々高まるクリスマスへの盛り上がりをより実感させるから、私も...
屋外広告の視聴数がわかる位置情報ビッグデータ活用プラットフォームが登場
国内の広告

屋外広告の視聴数がわかる位置情報ビッグデータ活用プラットフォームが登場

「1日何人が、うちの看板を見たのだろう」 「あの通りに看板を出すと、どれくらいの人が見るだろうか」 と、気になることはないだろうか。 屋外広告の弱点として、細かい効果計測ができないところがある。しかし、この弱点を解消...