エスジーエル SGL

正式名称:Sales Generated Lead

SGLとは企業の営業部門が営業活動を行うリード、案件(見込み客)を指します。

一般的にリードはマーケティング部門がマーケティング活動を行うことによって創出することになります。

自社のWebサイトにメールマガジン登録のフォームを設置したり、製品やサービスの資料請求のフォームを設置することによって将来的に製品やサービスの成約につながる可能性のあるリードをゼロから創出していきます。

その後、メールマガジンやセミナー開催などで獲得したリードを教育(自社やブランドへの興味・関心を高める)活動を行い、特に成約につながりそうな案件を選別した後に営業案件として営業部門に引き渡します。

これが一般的に営業案件を創出する方法になります。

しかし、SGLの場合、ここで紹介した営業案件の創出の方法とは異なります。

SGLの大きな特徴として「営業自らが創出する案件」ということがあります。

SGLは通常のマーケティング活動によって創出される案件と比較するとマーケティング部門が案件を創出し、教育・啓蒙の活動を終え、選別して営業部門に引き渡されたSALと同じ段階ということになります。

通常、SALを創出するまでには膨大な時間とコスト、そしてマーケティング部門の労力が必要ですが、SGLの場合はそれらが必要なく、いきなり営業活動を行うことができる案件ということになります。

まとめ

SGLの大きなメリットとして営業までのスピードが速い案件であることが上げられます。

現在ではマーケティングによる案件が重視されますが、SGLの足が速いことのメリットも考慮し、企業の収益を増やしていくための戦略を構築していく必要があるいえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする
その他

ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする

ファッション広告で世界的に有名なブランドがメタバースを話題にしたのはつい最近でもない。難しさは仮想を受け入れる体制は整っていなかったからだろう。身近な環境のデジタル化が進み、遊び心がそれを現実化へと大きく近づけた。メ...
渋谷に超巨大秋田犬が出現!8面ビジョンを使った屋外広告の可能性
国内の広告

渋谷に超巨大秋田犬が出現!8面ビジョンを使った屋外広告の可能性

2021年にクロス新宿ビジョンに登場した「3D巨大猫」が世界中で話題を集めたことは記憶に新しい。今度はなんと、渋谷駅に「超巨大な3D秋田犬」が出現。8面ビジョンを効果的に使った映像が注目を集めた。今回は、「巨大な秋田...
SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介
国内の広告

SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介

SDGsとは、持続可能な開発目標という意味。「持続可能な」を目標に全国自治体は取り組む。 具体的な目標は17種類。日本各地の取り組みに注目してみる。17の目標をより視覚的に訴えるためのロゴを見かけることも多くなった。...