ターゲットセグメント Target Segment

正式名称:Target Segment

ターゲットセグメントとは、ターゲットを絞り込むことによってマーケティングにおける効果的な戦略を立てることを指します。

マーケティングの対象となる顧客・消費者を性別、年齢、居住地、嗜好、価値観などのさまざまな情報で分け、ニーズが異なる集団として細分化してターゲットを絞り込みます。

そして、ターゲットセグメントによって絞り込んだターゲットの特徴をキーワード化することによって体表的な顧客像、つまり、顧客プロフィールを明確に設定します。

性別、年齢、居住地、嗜好、価値観などが明確になったターゲットとなる顧客プロフィールが明確になることによってより効果的なマーケティングの戦略を立てることができるようになります。

つまり、ターゲットセグメントの役割とは、明確な顧客プロフィールを作ることによってマーケティングにおける効果的な戦略を立てることにあります。

ターゲットセグメントを利用する具体的な方法としては、最初に売りたい商品やサービスのターゲットとなる層を明確にしていきます。

そのためにも、ターゲットとなる消費者や顧客の年齢や性別、住む地域を利用して属性化させることで、顧客群を作っていきます。

顧客群を異なる価値観を持つ集団だとして、その中から共通項を見つけ出すことで、さらに細分化していきます。

年齢や性別、住む地域などの属性や価値観によってターゲットとなる消費者・顧客を絞り込むことができているので、その中からPRしたい、売りたい商品やサービスの対象となり得る顧客を選んでマーケティングやセールスの戦略を立てることができるようになります。

そのため、ターゲットセグメントを利用した戦略では、高い販促効果を期待することができるのです。

まとめ

セグメンテーションを使ってターゲットセグメントを作れば、ライフスタイルや購買行動における振る舞い、製品やサービスに抱くイメージなど消費者や顧客を似通った特徴や特性に分類することができるようになります。

そのため、特定の感情に対して働きかける広告や宣伝、ブランディングによって特定のターゲットセグメントに効果的に働きかけることができるとされています。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?
国内の広告

屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?

近年、NFT化がより注目されるようになってきた。 全てがデジタル上で完結できるような世の中に近づくにつれ、さまざまなイベントや身近なものがNFTに絡められてきているということは否めない。 デジタルのコンテンツを数量限...
近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告
国内の広告

近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告

日ごろ、どれくらいの人が集中して広告を見ているだろう。 ひとつの景色として見ている人。デザインを見ている人。キャッチコピーを読んでいる人。広告の内容をじっくりと呼んでいる人。… 広告への接し方は人それぞれだということ...
応援広告が日本でも出せる?出稿可能場所や方法とは
国内の広告

応援広告が日本でも出せる?出稿可能場所や方法とは

韓国で話題になっている応援広告(センイル広告)。 応援広告は、ファン自らがお金を出して、推しのアイドルを応援する広告を出稿するもの。 誕生日やデビューを祝うものなどイベントに合わせた出稿も多く、韓国では街頭ビジョンや...