デマンドサイドプラットフォーム DSP

正式名称:Demand-Side Platform

デマンドサイドプラットフォーム(DSP)は広告在庫の買い付けや広告配信、ターゲティングを一括で行うことができる広告支援ツールを指します。

ここでいうプログラマティックバイイングとは、広告枠の自動買い付けのことを指すマーケティング用語です。

プログラマティックバイイングではデータに基づいて、リアルタイムに広告枠の自動買い付けを行います。

プログラマティックバイイングは運用型広告とも呼ばれていて、その中に今回紹介するデマンドサイドプラットフォームが含まれます。

デマンドサイドプラットフォームを使うことで自社のWebサイトにどのようなユーザーがアクセスしているかをタグ設置によってリアルタイムに計測し、必要な時に、必要な分だけのWeb広告、インターネット広告を配信することができます。

さらに、デマンドサイドプラットフォームを使うことで広告主の目的に合わせた広告配信を一括でコントロールできます。

例として、パソコン向けの広告だけでなく、現在インターネット利用の主流となっているスマートフォン向けにも効率的な広告配信が行えます。

デマンドサイドプラットフォームを利用することで、これまでのディスプレイ広告における難点や課題を解決することができるようになると考えられています。

まとめ

デマンドサイドプラットフォームを使うことで、伝えたい情報をユーザーに、適切なコストによって伝えることができます。

効率的な広告配信を行えることがデマンドサイドプラットフォーム、つまり、プログラマティックバイイングを利用する大きなメリットになります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?
国内の広告

屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?

近年、NFT化がより注目されるようになってきた。 全てがデジタル上で完結できるような世の中に近づくにつれ、さまざまなイベントや身近なものがNFTに絡められてきているということは否めない。 デジタルのコンテンツを数量限...
日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!
面白い広告

日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!

「アンビエント」には、「周囲の」「環境の」といった意味がある。その言葉通り、日常生活を営むうえで利用している道具や場所などをそのまま広告として活用したメディアを「アンビエント広告」という。 それでは、実際にはどのよう...
Netflixはコンテンツもコミュニケーションもはずさない。Netflixの広告事例
国内の広告

Netflixはコンテンツもコミュニケーションもはずさない。Netflixの広告事例

Netflixのコンテンツはいつもとても充実している。 更新されるものは全てはずさないし、ちょこちょこ値上がりしていることも気にならないほど、利用者としては満足している。 Netflixの利用者が継続して存在し続けて...