デマンドサイドプラットフォーム DSP

正式名称:Demand-Side Platform

デマンドサイドプラットフォーム(DSP)は広告在庫の買い付けや広告配信、ターゲティングを一括で行うことができる広告支援ツールを指します。

ここでいうプログラマティックバイイングとは、広告枠の自動買い付けのことを指すマーケティング用語です。

プログラマティックバイイングではデータに基づいて、リアルタイムに広告枠の自動買い付けを行います。

プログラマティックバイイングは運用型広告とも呼ばれていて、その中に今回紹介するデマンドサイドプラットフォームが含まれます。

デマンドサイドプラットフォームを使うことで自社のWebサイトにどのようなユーザーがアクセスしているかをタグ設置によってリアルタイムに計測し、必要な時に、必要な分だけのWeb広告、インターネット広告を配信することができます。

さらに、デマンドサイドプラットフォームを使うことで広告主の目的に合わせた広告配信を一括でコントロールできます。

例として、パソコン向けの広告だけでなく、現在インターネット利用の主流となっているスマートフォン向けにも効率的な広告配信が行えます。

デマンドサイドプラットフォームを利用することで、これまでのディスプレイ広告における難点や課題を解決することができるようになると考えられています。

まとめ

デマンドサイドプラットフォームを使うことで、伝えたい情報をユーザーに、適切なコストによって伝えることができます。

効率的な広告配信を行えることがデマンドサイドプラットフォーム、つまり、プログラマティックバイイングを利用する大きなメリットになります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告
国内の広告

「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告

交通広告では、いかにインパクトがあり見る人の印象に残るかが重要で、その工夫の仕方も十人十色だ。 「アンメルツ」と言えば「ヨコヨコ」。CMの影響で、この2つのワードが対で脳内にインプットされている人も多いはずだ。 そん...
【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?
比較・紹介

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?

オフィスや店舗の空きスペースを有効活用し、広告を配置するのが「インストアメディア」だ。 手軽に作れて、反応を見やすいため、多くの店舗ビジネスで活用されている。 また、自店舗に設置するだけでなく、他社の店舗にインストア...
ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする
その他

ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする

ファッション広告で世界的に有名なブランドがメタバースを話題にしたのはつい最近でもない。難しさは仮想を受け入れる体制は整っていなかったからだろう。身近な環境のデジタル化が進み、遊び心がそれを現実化へと大きく近づけた。メ...