データベースマーケティング Database Marketing

正式名称:Database Marketing

データベースマーケティングとは、顧客の属性に関する情報、アンケートの回答結果、購買履歴などのあらゆる顧客に関するデータをデータベース化することによって戦略を構築することを指します。

ターゲットセグメンテーションによってグループ分けされたそれぞれの顧客に対して適切なサービスを提供していくマーケティングの手法のひとつです。

そのため、データベースマーケティングの目的は、新規顧客の獲得ではなく、既存顧客との関係性を維持し、長期的に有効な関係性を構築していくことにあります。

たとえば、One To Oneマーケティングを実現するためにデータベースマーケティングを利用する場合があります。

顧客情報と趣味や嗜好などをデータベースに管理し、データベースの内容に基づいて絞り込んだ顧客に効果がありそうな製品、サービスのパンフレットや広告を送ります。

これによって得られたレスポンスなどの結果をデータベースに反映させ、検証した結果を次のプロモーションプログラムで活かしていく、

これがデータベースマーケティングによってOne To Oneマーケティングの戦略を構築していくための一つの例になります。

まとめ

既存顧客との有効な関係を継続するためには、データベースマーケティングを利用することが効果的です。

既存顧客からの利益の獲得は、企業全体の利益をのばしていくためにも効果的なので、データベースマーケティングを使って既存顧客との関係性を維持、利益を生み出すことは非常に重要なマーケティングの手法であるといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「UCC COLD BREW」TikTok広告 #香るどダンサーオーディション
面白い広告

「UCC COLD BREW」TikTok広告 #香るどダンサーオーディション

TikTokで動画を投稿する投稿型オーディションキャンペーン広告 従来のCMではなく、視聴者参加型の広告だ。TikTokを利用して、拡散性がとても高い。指定されたエフェクトと音楽を使用してお手本動画をマネして動画を撮...
明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。
国内の広告

明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。

昨年、“受験生あるある”を切り口とした受験生応援広告が話題になったことを覚えている人も多いだろう。 渋谷駅前に大きく掲出された「墾田永年私財法」の文字は、インパクトの大きさやメディアに多数映り込んだことからも話題を集...
電車広告が毎回話題!すみだ水族館・2022年はペンギン相関図
その他

電車広告が毎回話題!すみだ水族館・2022年はペンギン相関図

交通広告を代表する広告メディア『電車広告』通勤や通学と幅広いターゲット層へアプローチが可能な広告として広く活用されている。 特に電車を丸ごとジャックした電車広告は、SNS上でも度々話題となるケースが多く、その電車を使...