データベースマーケティング Database Marketing

正式名称:Database Marketing

データベースマーケティングとは、顧客の属性に関する情報、アンケートの回答結果、購買履歴などのあらゆる顧客に関するデータをデータベース化することによって戦略を構築することを指します。

ターゲットセグメンテーションによってグループ分けされたそれぞれの顧客に対して適切なサービスを提供していくマーケティングの手法のひとつです。

そのため、データベースマーケティングの目的は、新規顧客の獲得ではなく、既存顧客との関係性を維持し、長期的に有効な関係性を構築していくことにあります。

たとえば、One To Oneマーケティングを実現するためにデータベースマーケティングを利用する場合があります。

顧客情報と趣味や嗜好などをデータベースに管理し、データベースの内容に基づいて絞り込んだ顧客に効果がありそうな製品、サービスのパンフレットや広告を送ります。

これによって得られたレスポンスなどの結果をデータベースに反映させ、検証した結果を次のプロモーションプログラムで活かしていく、

これがデータベースマーケティングによってOne To Oneマーケティングの戦略を構築していくための一つの例になります。

まとめ

既存顧客との有効な関係を継続するためには、データベースマーケティングを利用することが効果的です。

既存顧客からの利益の獲得は、企業全体の利益をのばしていくためにも効果的なので、データベースマーケティングを使って既存顧客との関係性を維持、利益を生み出すことは非常に重要なマーケティングの手法であるといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「紙パック転職大作戦」明治おいしい牛乳が展開した粋なリサイクル広告
国内の広告

「紙パック転職大作戦」明治おいしい牛乳が展開した粋なリサイクル広告

近年リサイクル素材を使った広告制作の取り組みが広がっている。 廃棄となったポスターを再利用したOOHを見かけたことがあるが、廃棄野菜を使ったOOHも過去の事例としてはあるらしい。 今回は、「明治おいしい牛乳」の紙パッ...
顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機
国内の広告

顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機

近年、自動販売機のIoT(インターネット・オブ・シングズ)化が推進されている。自動販売式にIoTデバイスを取り入れるメリットとは何なのか。今回は、IoT自動販売機の実態に迫る。 IoT自動販売機とは? IoTは「In...
だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告
国内の広告

だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告

毎年癖の強い広告を展開して話題を集めているKINCHO。今年は日を追うごとにサイズが小さくなっていく新聞広告が大きな反響を呼んだ。今回はだんだん小さくなるKINCHOの新聞広告をご紹介する。 小さくなりすぎて逆にツッ...