判別分析 Discriminant Analysis

正式名称:Discriminant Analysis

判別分析は、いくつかの説明変数を用いて任意のケースが属するカテゴリーを判別または予測することを目的とする多変量解析法を指します。

例えば、新規出店予定の店舗が成功するか否かを、その予定店舗の特性や立地条件などをもとに判別できます。

あるいは、任意の生活者が自社製品を購入する可能性がある人かどうかを、その人の特性や意識により判別できます。

同時に、判別分析は、いくつかの説明変数のうちのどれがカテゴリーの判別に効いているかを明らかにすることができ、例えば、どのような店舗特性・立地条件が出店の成否の鍵になるか、生活者のどのような特性・意識が自社製品の購入有無を分ける要素になるかなどです。これらの分析から効果的なマーケティング施策の決定に役立てることができます。

判別分析は、このように、既存のデータを用いて、未知のケースがどのような結果になるかを判定することを目的として使用し、同時に結果の判定に対して効果がある説明変数を明らかにすることも可能です。

まとめ

判別分析だけでなく、重回帰分析も、既存のデータを用いて、未知のケースがとる値を予測することが可能です。その限りにおいては、判別分析と重回帰分析は似たような分析手法と考えることも可能です。ただし、どのような場合に重回帰分析が有効で、どのような場合に判別分析が有効かは、分析目的・リサーチ課題によって異なってきます。使用するデータ・変数の種類によっても異なってきますので、適切な分析手法の選択は、目的達成のためにはとても重要になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

空を飛ぶ飛行船広告――アサヒスーパードライの広告が話題に!
国内の広告

空を飛ぶ飛行船広告――アサヒスーパードライの広告が話題に!

1987年に発売されたアサヒスーパードライが36周年を迎える2022年に初めてフルリニューアル。それに伴い展開された空を飛ぶ飛行船広告が話題を集めた。今回はアサヒスーパードライの飛行船広告についてご紹介する。 空を飛...
SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介
国内の広告

SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介

SDGsとは、持続可能な開発目標という意味。「持続可能な」を目標に全国自治体は取り組む。 具体的な目標は17種類。日本各地の取り組みに注目してみる。17の目標をより視覚的に訴えるためのロゴを見かけることも多くなった。...
広がる、空きスペースの有効活用
国内の広告

広がる、空きスペースの有効活用

空きスペースがスポットライトを浴びる時代に突入している。 世の中はシェアすることを好み、無駄なものを排除することでよりミニマムな暮らしを求める声が多くなった。 そんな中で生まれた空きスペースが決して世の中の蛇足になる...