ムーアの法則 Moore’s Law

正式名称:Moore's Law

ムーアの法則は半導体をベースとした精密機器の生産、製造でスペックを予測する際の指標として広く用いられている法則になります。

ムーアの法則は1965年に発表された法則ですが、現在でも成立すると考えられている法則の1つになります。

その事例が、パソコンやスマートフォンの性能の向上です。現在私たちが使っているパソコンやスマートフォンの性能は実際にムーアの法則とほとんど同じ指数で進化していると言われています。

パソコン、スマートフォンともに新製品が出る際の価格帯はほとんど同じですが、性能に関しては毎回飛躍的な進化をしています。私たちが実際に使っているパソコンやスマートフォンからもムーアの法則が成り立っていると考えることができるのです。

ムーアの法則はマーケティング理論などよりも、どちらかと言えば、技術的な原理・法則になります。

しかし、ハイテク業界のマーケティングに携わる場合には確実に抑えておく必要のある原理・原則となります。

ムーアの法則から分かるのは、半導体の性能の進化は他の業界での性能向上とは全く違う伸び方をするということです。

半導体の性能は18ヶ月、つまり、約1年半で倍に伸びますが、たとえば、自動車のエンジンの燃費性能は2年、3年で数%上がるだけでもかなり高い評価だと言われます。

つまり、半導体に関するムーアの法則を知らない場合、マーケティング戦略の構築において致命的なミスを犯してしまう可能性が高くなります。

まとめ

マーケティングに関しては、技術的な難しい知識は必要ありませんが、ハイテク業界のマーケティングを担当する場合には、ムーアの法則をしっかりと押さえておく必要があると考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

川崎競馬場の夜空を彩った日本初のドローンショー広告
その他

川崎競馬場の夜空を彩った日本初のドローンショー広告

個人の娯楽からビジネスシーンに至るまであらゆる方面で活用されている無人航空機・ドローン。近年はドローンを使って夜空を広告媒体とする試みがなされているのをご存じだろうか。 今回は川崎競馬場(神奈川県川崎市)で行われた、...
喫煙所専用広告!?「場所で狙う」広告戦略を活用しよう
国内の広告

喫煙所専用広告!?「場所で狙う」広告戦略を活用しよう

広告を「出す場所」は深く考えなければならない。 たとえば、若い人向けのカフェのチラシを置くなら、パチンコ屋よりは、大学などに置かせてもらうほうが、ずっと効果が高いだろう。 こういった一工夫で、広告の効果が何倍に、ひょ...
本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!
その他

本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!

街中に掲載される企業の広告には、自社の商品やサービスを広く世に知らしめ、ユーザーの購買意欲を高める目的がある。 しかし近年、異なる企業がまるで対話を繰り広げるかのような広告を出すケースが増え、話題を集めている。 今回...