ラガード Laggard

イノベータ理論において5つに分類される消費者層の1つを指します。

世の中の流行や変化に対する興味が薄くサービスや商品が世間に普及しても必要ないと思ったものは取り入れないような消費者層を指す言葉です。

「ラガード」は5つの層の中で一番最後の層にあたるもので、市場に占める割合は約16%だと言われており、ラガードは新しいものに対する興味があまりなく、新しい商品やサービスがリリースされた際に最も導入が遅い層です。また、ラガードの中には最後まで導入をせず、古いものを使い続けるといった人たちも少なくありません。そのため、マーケティングではラガードを除いた4つの層にアプローチをかけるということもあるようです。

ラガード層をターゲットに含むべきか

ターゲットに含む優先度は高くないと考えられます。

ラガードに対してマーケティングやセールスで新製品や新サービスをアプローチするのはほとんどの確率で成功することはないと考えられています。ラガードに積極的にアプローチしていくことは効率的ではなく、ほぼ確実に費用対効果を得られない戦略となってしまいます。他の消費者・顧客のグループと違い、ラガードにおいては最後まで購買を決断しない人も存在するからです。

したがって、イノベーター理論におけるマーケティングを展開するならイノベーターから順番にアプローチを仕掛けていき、
特に重要だとされるアーリーアダプターやアーリーマジョリティーに対して力を注ぐことが大切だと考えることができます。

まとめ

以上がイノベータ理論の消費者5類型におけるラガードの説明でした。効果を得られやすい部分にコストをかけていくマーケティングを展開することが効果的なマーケティングということになります。


面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告
国内の広告

「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告

交通広告では、いかにインパクトがあり見る人の印象に残るかが重要で、その工夫の仕方も十人十色だ。 「アンメルツ」と言えば「ヨコヨコ」。CMの影響で、この2つのワードが対で脳内にインプットされている人も多いはずだ。 そん...
検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に
国内の広告

検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に

2022年の2月7日から、JR山手線渋谷駅に、日本テレビの広告が掲載される。 謎を解くことで、秘密の情報がわかる「謎解き広告」だ。 この謎、解けるだろうか。 田中麻理鈴って誰? こういった事務文書がでかでかと掲載され...
【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始
国内の広告

【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始

2月22日「猫の日」を記念して、新宿駅 東口前の「3D猫広告」に新作が登場した。 可愛らしくも、迫力ある映像だ。現地までいけない人のために、当記事でもご紹介しよう。 落とさないで! クロス新宿ビジョン(運営:株式会社...