レスポンシブ Responsive

レスポンシブとは、レスポンシブデザインを指し、どんな大きさの画面でも見やすいように、1つのHTML(Webサイトに載せる情報)で配信し、CSS(情報の大きさや位置など表示の指定)はデバイスごとに用意して表示を変えることを指します。

レスポンシブデザインのメリット・デメリット

メリット

レスポンシブデザインのメリットは、管理が楽であることです。

HTMLが1つなのでWebサイトに載せる情報を修正や更新する時に作業が1回で済みます。デバイスごとにHTMLがあると修正や更新の作業をHTMLの数だけしなくてはなりません。

また、シェアされやすいこともメリットです。URLが1つなのでWebサイトを見るユーザーにシェアされやすくなります。スマホ用のモバイルサイトとパソコン用のPCサイトがあった場合、見せたいユーザーのデバイスに合わせて異なるURLを送らなければなりません。

さらに、スマホに対応したWebサイトが検索結果の上位に表示されやすくなる「モバイルフレンドリー」や、スマホ用のページが順位の決め手になる「モバイルファーストインデックス」に対応できます。

デメリット

レスポンシブデザインのデメリットは、スマホでの表示に時間がかかることです。HTMLが1つなのでパソコンと同じデータをスマホにも読み込ませます。そのためスマホで表示しないデータも読み込まれ、表示完了するまで時間がかかってしまいます。

また、デザインに制限があります。HTMLが1つなのでスマホとパソコンでコンテンツの順番を変えるなど、大幅に見せ方を変えることはできません。

さらに、工数がかかります。デバイスごとにデザインを制作し、それに合わせたコーディングをするので複雑になります。そのため制作工数がかかってしまいます。

まとめ

レスポンシブWebデザインにはメリットがたくさんありますが、同時に気をつけなければならないデメリットもあります。

閲覧するユーザーのことをよく考えたコンテンツ作りを意識しましょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

JR東海、新CMに深津絵里33年ぶり出演。「会うって、特別だったんだ。」
国内の広告

JR東海、新CMに深津絵里33年ぶり出演。「会うって、特別だったんだ。」

「JR東海」新CMに深津絵里が、出演した。深津がJR東海CMに出演するのは、1988年に放送された「クリスマス・エクスプレス」シリーズ第1作以来、33年ぶりだ。今回、深津が演じているのは、大阪出張を終え、東京行きの東...
本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!
その他

本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!

街中に掲載される企業の広告には、自社の商品やサービスを広く世に知らしめ、ユーザーの購買意欲を高める目的がある。 しかし近年、異なる企業がまるで対話を繰り広げるかのような広告を出すケースが増え、話題を集めている。 今回...
大学の空きスペースに「無人古着屋」が出現
その他

大学の空きスペースに「無人古着屋」が出現

アパレルと不動産会社が提携、大学の空きスペースを活用 アパレル事業を展開(株)ヒューマンフォーラムが運営する「SPINNS(スピンズ)」が全国の学生マンションの企画開発・仲介斡旋・運営管理までをトータルで行う(株)ジ...