レスポンシブ Responsive

レスポンシブとは、レスポンシブデザインを指し、どんな大きさの画面でも見やすいように、1つのHTML(Webサイトに載せる情報)で配信し、CSS(情報の大きさや位置など表示の指定)はデバイスごとに用意して表示を変えることを指します。

レスポンシブデザインのメリット・デメリット

メリット

レスポンシブデザインのメリットは、管理が楽であることです。

HTMLが1つなのでWebサイトに載せる情報を修正や更新する時に作業が1回で済みます。デバイスごとにHTMLがあると修正や更新の作業をHTMLの数だけしなくてはなりません。

また、シェアされやすいこともメリットです。URLが1つなのでWebサイトを見るユーザーにシェアされやすくなります。スマホ用のモバイルサイトとパソコン用のPCサイトがあった場合、見せたいユーザーのデバイスに合わせて異なるURLを送らなければなりません。

さらに、スマホに対応したWebサイトが検索結果の上位に表示されやすくなる「モバイルフレンドリー」や、スマホ用のページが順位の決め手になる「モバイルファーストインデックス」に対応できます。

デメリット

レスポンシブデザインのデメリットは、スマホでの表示に時間がかかることです。HTMLが1つなのでパソコンと同じデータをスマホにも読み込ませます。そのためスマホで表示しないデータも読み込まれ、表示完了するまで時間がかかってしまいます。

また、デザインに制限があります。HTMLが1つなのでスマホとパソコンでコンテンツの順番を変えるなど、大幅に見せ方を変えることはできません。

さらに、工数がかかります。デバイスごとにデザインを制作し、それに合わせたコーディングをするので複雑になります。そのため制作工数がかかってしまいます。

まとめ

レスポンシブWebデザインにはメリットがたくさんありますが、同時に気をつけなければならないデメリットもあります。

閲覧するユーザーのことをよく考えたコンテンツ作りを意識しましょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

撮影済みの動画内に直接広告を挿入!AIを活用した新たな広告スタイルとは?
国内の広告

撮影済みの動画内に直接広告を挿入!AIを活用した新たな広告スタイルとは?

テレビドラマや映画に実在の企業や商品などを登場させて宣伝効果を狙う「プロダクト・プレイスメント」。近年はデジタル技術の発展に伴い、新たな広告配信の形が確立されつつある。はたしてどのような進化を遂げているのか。最新の広...
屋外広告を検索出来る WEBサイト10選
比較・紹介

屋外広告を検索出来る WEBサイト10選

屋外広告を掲載出来るサイトをまとめました。 東急エージェンシー 運営会社 東急エージェンシー 戦略事業本部 東急OOHメディア局〒107-8417 東京都港区赤坂4-8-18 取り扱いメディア デジタルメディア(15...
人気Youtuber 「ヘラヘラ三銃士」センルイ広告
面白い広告

人気Youtuber 「ヘラヘラ三銃士」センルイ広告

韓国系のネタを中心に”女子のリアル”を赤裸々トーク。ディープな内容で若者人気Youtuber チャンネル登録者数約150万人もの人気Youtuber。2018年夏にYouTubeに現れた美女3人組“ヘラヘ...