レスポンシブ Responsive

レスポンシブとは、レスポンシブデザインを指し、どんな大きさの画面でも見やすいように、1つのHTML(Webサイトに載せる情報)で配信し、CSS(情報の大きさや位置など表示の指定)はデバイスごとに用意して表示を変えることを指します。

レスポンシブデザインのメリット・デメリット

メリット

レスポンシブデザインのメリットは、管理が楽であることです。

HTMLが1つなのでWebサイトに載せる情報を修正や更新する時に作業が1回で済みます。デバイスごとにHTMLがあると修正や更新の作業をHTMLの数だけしなくてはなりません。

また、シェアされやすいこともメリットです。URLが1つなのでWebサイトを見るユーザーにシェアされやすくなります。スマホ用のモバイルサイトとパソコン用のPCサイトがあった場合、見せたいユーザーのデバイスに合わせて異なるURLを送らなければなりません。

さらに、スマホに対応したWebサイトが検索結果の上位に表示されやすくなる「モバイルフレンドリー」や、スマホ用のページが順位の決め手になる「モバイルファーストインデックス」に対応できます。

デメリット

レスポンシブデザインのデメリットは、スマホでの表示に時間がかかることです。HTMLが1つなのでパソコンと同じデータをスマホにも読み込ませます。そのためスマホで表示しないデータも読み込まれ、表示完了するまで時間がかかってしまいます。

また、デザインに制限があります。HTMLが1つなのでスマホとパソコンでコンテンツの順番を変えるなど、大幅に見せ方を変えることはできません。

さらに、工数がかかります。デバイスごとにデザインを制作し、それに合わせたコーディングをするので複雑になります。そのため制作工数がかかってしまいます。

まとめ

レスポンシブWebデザインにはメリットがたくさんありますが、同時に気をつけなければならないデメリットもあります。

閲覧するユーザーのことをよく考えたコンテンツ作りを意識しましょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。
国内の広告

明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。

昨年、“受験生あるある”を切り口とした受験生応援広告が話題になったことを覚えている人も多いだろう。 渋谷駅前に大きく掲出された「墾田永年私財法」の文字は、インパクトの大きさやメディアに多数映り込んだことからも話題を集...
洗練された感性が創るファッション広告
その他

洗練された感性が創るファッション広告

ファッション広告はこれまで雑誌といった紙媒体が多かった。好きな芸能人が表紙を飾ったら、やっとの思いで手に入れる。実際に手にした紙面に映るのは人物だけではなく周りを飾るカラーや背景も美しい。ファッション雑誌の美しさに感...
あなた好みのスマホロック画面?!インドのAI利用デジタル広告
海外の広告

あなた好みのスマホロック画面?!インドのAI利用デジタル広告

最新!インドのデジタル広告市場がすごい なにやら、インドの高成長がすごいらしい。。 インドのGDP(国内総生産)は2030年日本の3倍、2050年には日本の5倍に成長し、インドの人口は日本の12倍! 世界2位の13億...