レスポンシブ Responsive

レスポンシブとは、レスポンシブデザインを指し、どんな大きさの画面でも見やすいように、1つのHTML(Webサイトに載せる情報)で配信し、CSS(情報の大きさや位置など表示の指定)はデバイスごとに用意して表示を変えることを指します。

レスポンシブデザインのメリット・デメリット

メリット

レスポンシブデザインのメリットは、管理が楽であることです。

HTMLが1つなのでWebサイトに載せる情報を修正や更新する時に作業が1回で済みます。デバイスごとにHTMLがあると修正や更新の作業をHTMLの数だけしなくてはなりません。

また、シェアされやすいこともメリットです。URLが1つなのでWebサイトを見るユーザーにシェアされやすくなります。スマホ用のモバイルサイトとパソコン用のPCサイトがあった場合、見せたいユーザーのデバイスに合わせて異なるURLを送らなければなりません。

さらに、スマホに対応したWebサイトが検索結果の上位に表示されやすくなる「モバイルフレンドリー」や、スマホ用のページが順位の決め手になる「モバイルファーストインデックス」に対応できます。

デメリット

レスポンシブデザインのデメリットは、スマホでの表示に時間がかかることです。HTMLが1つなのでパソコンと同じデータをスマホにも読み込ませます。そのためスマホで表示しないデータも読み込まれ、表示完了するまで時間がかかってしまいます。

また、デザインに制限があります。HTMLが1つなのでスマホとパソコンでコンテンツの順番を変えるなど、大幅に見せ方を変えることはできません。

さらに、工数がかかります。デバイスごとにデザインを制作し、それに合わせたコーディングをするので複雑になります。そのため制作工数がかかってしまいます。

まとめ

レスポンシブWebデザインにはメリットがたくさんありますが、同時に気をつけなければならないデメリットもあります。

閲覧するユーザーのことをよく考えたコンテンツ作りを意識しましょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

アマゾンからある日突然届く、 無料のサンプリング!
面白い広告

アマゾンからある日突然届く、 無料のサンプリング!

まさかアマゾンを語った詐欺‥? 筆者はまだ一度も経験したことがないが、注文した覚えがないのに、突然アマゾンから荷物が届く。ということがあるのだそうだ。 頼んだ覚えがないので受け取った人は、本当にアマゾンからなのか?詐...
電車広告の種類・費用の相場とは?
国内の広告

電車広告の種類・費用の相場とは?

通勤や通学、旅行など、移動手段として欠かせない電車。 ふと目に留まる電車広告は、多くの人に認知されやすくその効果は絶大でさまざまな企業がプロモーションに活用している。 視認性も高く、自然の流れで認知させるにはおすすめ...
JR東海、新CMに深津絵里33年ぶり出演。「会うって、特別だったんだ。」
国内の広告

JR東海、新CMに深津絵里33年ぶり出演。「会うって、特別だったんだ。」

「JR東海」新CMに深津絵里が、出演した。深津がJR東海CMに出演するのは、1988年に放送された「クリスマス・エクスプレス」シリーズ第1作以来、33年ぶりだ。今回、深津が演じているのは、大阪出張を終え、東京行きの東...