バス停広告 バス停広告

正式名称:バス停広告

バス停広告はその名の通り、バス停を利用した広告手法全般を指します。

バスは市民の移動を支える必要不可欠な公共交通機関の1つです。

日本全国を網羅する形で敷設されているバス停留所、いわゆるバス停は市民が円滑にバスに乗降する目的で敷設されている施設で、その目的から市街地であれば一定の間隔で敷設されています。

さらに、バス停は通勤・通学・通院など多くの人が同じ停留所から乗車し、同じ停留所で降車する用途で利用されています。

バス停広告では、これらの特徴を持つバス停という場所を有効利用したオフライン広告の1種であり、バスの車内・車体を利用した広告手法を「バス広告」といい、バス停広告もこの「バス広告」に含まれます。

バス停広告では固定の駅1つに絞った広告出稿より、周辺エリアを網羅する形で広告展開をした方が効果が期待できます。

エリアに広く広告展開をすることで、バス停を利用する人が乗車と降車で少なくとも2回、往復であれば4回、同じ広告を目にすることになるからです。

このようにバス停広告は反復性の高い広告のため、消費者への認知度向上、商品・サービスへの親近感の演出などに効果的と考えられます。

まとめ

バスは市民の生活を支える重要な公共交通機関の1つです。多くの人が利用する交通機関であるバス、そしてバスに乗降する際に必要となるバス停には多くの人が集まります。そんな多くの市民へ広告宣伝が可能なバス停広告について今回は紹介しました。今回紹介したバス停広告の特徴、種類や料金、興味深い事例について改めてまとめておきます

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ
国内の広告

街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ

軒を連ねる店舗は閉店後にはシャッターを閉めて裏の顔を見せる。 その様子はどこか無機質で寂しそうな印象を与えかねないのだが、面が広いだけあり使い方次第ではインパクトの大きな広告面として活用できるメリットもある。 そうし...
紙コップに広告を。ホッと暖かい広告サービス「Gratify(グラティファイ)」に注目
国内の広告

紙コップに広告を。ホッと暖かい広告サービス「Gratify(グラティファイ)」に注目

2021年10月より、Gratify(グラティファイ)という広告サービスがリリースされた。 紙コップに広告を載せるサービスなのだが、慈善団体への寄付や、社会問題解決へフォーカスを当てていることも特徴だ。 お得で優しい...
JR東海、新CMに深津絵里33年ぶり出演。「会うって、特別だったんだ。」
国内の広告

JR東海、新CMに深津絵里33年ぶり出演。「会うって、特別だったんだ。」

「JR東海」新CMに深津絵里が、出演した。深津がJR東海CMに出演するのは、1988年に放送された「クリスマス・エクスプレス」シリーズ第1作以来、33年ぶりだ。今回、深津が演じているのは、大阪出張を終え、東京行きの東...