アイドマ AIDMA

正式名称:AIDMA

アイドマ(AIDMA)の法則とは、消費者が商品やサービスのことを知らない状態から商品やサービスを買う・購入するという購買行動を起こすまでの心理プロセスを5段階に分けて表したものを指します。

AIDMAの各プロセスの説明

Attention(注意)

Attentionの段階では、商品やサービスについて知らない、興味のない消費者の注意を引き、商品やサービスのことを知ってもらう段階になります。

たとえば、ダイエット食品、この商品について知らない消費者に対してテレビCMや雑誌の広告、インターネット広告で注意を引いて存在を知ってもらいます。

Interest(興味・関心)

商品を知ってもらえば、次はより商品について詳しく知ってもらい、興味を持ってもらうことが必要になります。

Interestの段階でしっかりと商品やサービスに興味を持ってもらうことで次の段階Desire(欲求)に進むことができます。

Desire(欲求)

商品やサービスに消費者がしっかりと興味・関心を持てば、次の段階、Desireにいたります。

テレビCMや広告で商品のことをより詳しく知った消費者が商品に対して高い評価を抱いた場合、「欲しい」という強い欲求を持つことになります。

Memory(記憶)

そして、欲求が強ければ強いほど、消費者の記憶に深く刻まれ、買い物に出かけたり、インターネットショッピングで商品を見かけた時に記憶がよみがえり、次の段階、Actionへと移行するのです。

Action(購入・行動)

文字通り、商品を購入する、という行動に至るのがActionの段階です。

Attention、Interest、Desire、Memory、これらの段階で適切なアプローチ、マーケティングを仕掛けることができていれば消費者は商品を購入するという行動(Action)に至ることになります。

まとめ

近年では、インターネットの普及など、消費者の生活にも変化が出てきています。

アイドマ(AIDMA)以外にも、インターネットを利用したアイサス(AISAS)、アイシーズ(AISCEAS)、アイデス(AIDEES)など、さまざまな心理プロセス、マーケティングの方法があります。

その中でもアイドマは長い期間使われていて、効果も確認されている基本的な心理プロセスといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【クイズ】これ何の広告?学生の「地毛証明書」にフォーカスした広告の正体
国内の広告

【クイズ】これ何の広告?学生の「地毛証明書」にフォーカスした広告の正体

学生のころ、茶髪は許されなかった。 当時は疑問には思っていなかったが、染めずとも髪が茶色い女性は「地毛証明書」を提出していた。 しかし、よくよく考えれば「地毛証明書」とは矛盾を抱えた制度である。染めた茶色はNGで、染...
東京の屋外広告の施工会社8選
国内の広告

東京の屋外広告の施工会社8選

東京で屋外広告の施工ができる会社をまとめました。 T-SIGN(株式会社アルセス) 年間500件以上の実績から、高い技術力、提案力、集客力のある会社です。 看板に関する簡易な相談から、製作、施工、さらには設置後のアフ...
新宿に巨大猫「キャジラ」出現!?
国内の広告

新宿に巨大猫「キャジラ」出現!?

巨大猫の正体は… 突如、新宿駅東口に現れた歩行者を見下ろす巨大猫が世界で話題になっている。これは「クロス新宿ビジョン」という150㎡超級では国内唯一、4K相当画質の大型街頭ビジョンだ。通常放映の合間に、2021年7月...