アイドマ AIDMA

正式名称:AIDMA

アイドマ(AIDMA)の法則とは、消費者が商品やサービスのことを知らない状態から商品やサービスを買う・購入するという購買行動を起こすまでの心理プロセスを5段階に分けて表したものを指します。

AIDMAの各プロセスの説明

Attention(注意)

Attentionの段階では、商品やサービスについて知らない、興味のない消費者の注意を引き、商品やサービスのことを知ってもらう段階になります。

たとえば、ダイエット食品、この商品について知らない消費者に対してテレビCMや雑誌の広告、インターネット広告で注意を引いて存在を知ってもらいます。

Interest(興味・関心)

商品を知ってもらえば、次はより商品について詳しく知ってもらい、興味を持ってもらうことが必要になります。

Interestの段階でしっかりと商品やサービスに興味を持ってもらうことで次の段階Desire(欲求)に進むことができます。

Desire(欲求)

商品やサービスに消費者がしっかりと興味・関心を持てば、次の段階、Desireにいたります。

テレビCMや広告で商品のことをより詳しく知った消費者が商品に対して高い評価を抱いた場合、「欲しい」という強い欲求を持つことになります。

Memory(記憶)

そして、欲求が強ければ強いほど、消費者の記憶に深く刻まれ、買い物に出かけたり、インターネットショッピングで商品を見かけた時に記憶がよみがえり、次の段階、Actionへと移行するのです。

Action(購入・行動)

文字通り、商品を購入する、という行動に至るのがActionの段階です。

Attention、Interest、Desire、Memory、これらの段階で適切なアプローチ、マーケティングを仕掛けることができていれば消費者は商品を購入するという行動(Action)に至ることになります。

まとめ

近年では、インターネットの普及など、消費者の生活にも変化が出てきています。

アイドマ(AIDMA)以外にも、インターネットを利用したアイサス(AISAS)、アイシーズ(AISCEAS)、アイデス(AIDEES)など、さまざまな心理プロセス、マーケティングの方法があります。

その中でもアイドマは長い期間使われていて、効果も確認されている基本的な心理プロセスといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

中国の最新デジタルサイネージ事情
海外の広告

中国の最新デジタルサイネージ事情

活躍する屋外デジタルサイネージ in中国 デジタル×液晶ディスプレイ、プロジェクタを駆使して飛び出す演出。パネルにもかかわらず迫ってくる臨場感。 テーマパークで観衆を魅了するプロジェクションマッピングだ。 ただ、屋外...
アイリスオーヤマが清掃用ロボにラッピング広告サービスを開始
面白い広告

アイリスオーヤマが清掃用ロボにラッピング広告サービスを開始

コロナ禍になり約1年半。 モノ消費に関わる価値観が変遷を遂げた年となった。 多くの人が今まで価値を感じなかったものに価値を見出し、その逆もまた然りという状況は世の中を大きく変えた。 そんな価値観の変遷の中で、日頃の生...
「黒い山手線」を見たか?!Netflixがジャックした鉄道開業記念のADトレイン
国内の広告

「黒い山手線」を見たか?!Netflixがジャックした鉄道開業記念のADトレイン

多くの人の通勤網、通学網を担っている山手線。山手線は東京内の移動の核を担う守護神的な存在だ。 その山手線で黒い電車が走っていることをご存じだろうか。 鉄道開業150周年を記念する「黒い山手線」 10月14日、鉄道開業...